外出先でスマホやタブレットを使用する際は、充電切れの心配を解消してくれる「モバイルバッテリー」があれば安心です。

しかし、初めての方にとっては、価格も性能もさまざまな商品の中から最適な1台を選ぶのは難しいものですよね。

そこでこの記事では、

  • モバイルバッテリーメーカーへの聞き取り
  • 家電販売員への聞き取り

をもとに厳選した、編集部おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

あわせて、モバイルバッテリー選びのポイントについても詳しく解説しているので、初めての方でも自分にぴったりの1台が手に入りますよ。

先に編集部おすすめのモバイルバッテリーを知りたい方は、「2. 容量別|モバイルバッテリーおすすめ商品15選」からチェックしてみてください。

(※この記事は、2018年10月時点での情報を参考にしています。)

1. モバイルバッテリー選びの2つのポイント

  • モバイルバッテリー おすすめ

モバイルバッテリーを購入しようと思っても、多くの商品の中から何を基準に選べばいいのか分からずお困りの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの章では、初めての方でも自分にぴったりの1台を選ぶために大切な、「容量」「充電速度」の2つのポイントをご紹介していきます。

モバイルバッテリー選びの2つのポイント

1つずつご紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

1-1. 自分の使い方に合った容量の商品を選ぶ

  • モバイルバッテリー おすすめ

モバイルバッテリー選びで最も重要なのが、「容量(単位:mAh)」のチェックです。

モバイルバッテリーは、容量が大きいほどスマホやタブレットへの充電回数が増える一方で、価格は高くなり重量も重くなるのが一般的です。

そのため、自分の使い方に合った容量の商品を選ぶことが大切です。

端末 容量
iPhone 約2,000mAh
Androidスマートフォン 約2,500~3,000mAh
iPad 約5,000~10,000mAh
Androidタブレット 約5,000~8,000mAh

上の表は、主な端末のバッテリー容量の目安をまとめたものです。

「お手持ちの端末を1日に何回充電したいか」を考えて、自分にとって最適な容量のモバイルバッテリーを選んでくださいね。

モバイルバッテリー おすすめ
充電に使える「実際の容量」に注意!

モバイルバッテリーの容量をチェックする際は、「スペック表に表示されている容量の全て充電に使えるわけではない」という点に注意しましょう。

モバイルバッテリーは充電時に電圧の変換を行うことにより容量の一部をロスしてしまうため、実際に充電に使えるのはスペック表に表示された容量の6~7割程度です。

例えば、10,000mAhのモバイルバッテリーなら実際に充電に使えるのは6,000~7,000mAh程度になります。

お手持ちのスマホやタブレットと同じ容量のモバイルバッテリーではフル充電できないので、注意してくださいね。

1-2. 出力電流2A以上の商品を選ぶ

  • モバイルバッテリー おすすめ

容量の次にチェックしたいのは、「充電速度」です。

スマホやタブレットへの充電速度は「出力電流(単位:A)」の値で決まりますが、おすすめは「出力電流2A以上」の商品です。

現在では、従来の1Aに比べて充電速度が速い出力電流2A以上の充電に対応した端末が一般化しています。また、タブレットの中には2A以上の出力電流がないと充電できない商品もあります。

そのため、これからモバイルバッテリーを購入するなら、さまざまな端末をスピーディーに充電できる出力電流2A以上の商品を選ぶようにしましょう。

◆急速充電規格とは?

  • モバイルバッテリー おすすめ

最近では、「出力電流2A以上」よりもさらに速く端末を充電できる「急速充電規格」対応のモバイルバッテリーが増えてきています。

急速充電規格とは、電流ではなく電圧(単位:V)を上げることで充電速度を上げる仕組みの規格のことで、「とにかく充電速度にこだわりたい」という方はぜひチェックしたいポイントです。

代表的な急速充電規格
  • Quick Charge
    ⇒一部のAndroid端末に対応する急速充電規格で、最大電圧20Vで充電できる。
    USB Power Delivery
    ⇒「USB Type-C」を使用する急速充電規格で、こちらも最大電圧20Vで充電できる。

上記2つの規格は、現在普及している代表的な急速充電規格になりますが、急速充電規格を利用するにはモバイルバッテリーだけでなくスマホやタブレットなどの端末側も同じ規格に対応している必要があります。

そのため、急速充電規格を利用したい方は、自分のスマホやタブレットが急速充電規格に対応しているかを確認するようにしてくださいね。

モバイルバッテリー おすすめ
出力ポートの数にも注目!

普段から複数のスマホやタブレットを持ち歩く方は、出力ポートの数にも注目しましょう。

モバイルバッテリーは商品によって出力ポート数が異なりますが、2つ以上の出力ポートを搭載したモバイルバッテリーを選べば複数の端末を同時充電することが可能です。

そのため、複数端末を同時充電したいという方は、「容量」「充電速度」とあわせて「出力ポート数」もチェックするようにしてくださいね。

2. 容量別|モバイルバッテリーおすすめ商品15選

ここからは、「1. モバイルバッテリー選びの2つのポイント」で解説した選び方をもとに厳選した、編集部おすすめの商品を容量別にご紹介していきます。

容量別おすすめモバイルバッテリー15選

ぜひ、自分の使い方に合った容量の商品からチェックしてみてくださいね。

※価格は各メーカーの公式HPを参照しています。

2-1. 携帯しやすい軽量モバイルバッテリー5選

まずは、容量10,000mAh未満・重量150g未満の軽量モバイルバッテリーをご紹介します。

「充電回数は1~2回でいいけど、とにかく持ち運びやすいものがほしい」という方におすすめの商品です。

Anker PowerCore Slim 5000

スタイリッシュなデザインが印象的なAnkerの「PowerCore Slim 5000」

10,000点以上の商品の中から、デザインの優れた製品に与えられる「レッドドット・デザイン賞」に選出されています。

  • 携帯性の高い形状
    ⇒約118gの軽量ボディと手のひらに収まる薄型形状
  • 「PowerIQ」搭載
    ⇒接続機器を自動認識し、最適な速度で充電(最大2A)

など、持ち運びやすさと機能性を両立した1台です。

商品詳細

【メーカー】Anker
【モデル】PowerCore Slim 5000
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】2,499円(税込)
【容量】5,000mAh
【出力】5V / 2A × 1
【急速充電規格】-
【重量】約118g
【サイズ】約126mm × 64mm × 10mm

公式HPを見る

サンワサプライ 700-BTL036

マットなアルミの質感が特徴のサンワサプライの「700-BTL036」

スリムな形状ですが出力ポートを2つ搭載しているので、スマホやタブレットの2台同時充電が可能です。

  • LEDランプでバッテリー残量表示
    ⇒4段階のランプ点灯でバッテリー残量が分かりやすい
  • 持ちやすい「ラウンドエッジ」形状
    ⇒側面が丸い形状なのでスマホと合わせて持ちやすい

など、使いやすい軽量モデルをお探しの方におすすめの1台です。

商品詳細

【メーカー】サンワサプライ
【モデル】700-BTL036
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】2,000円(税込)
【容量】5,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 1、5V / 1A × 1(2ポート合計2.4A)
【急速充電規格】-
【重量】約140g
【サイズ】約136mm × 58mm × 11mm

公式HPを見る

Owltech OWL-LPB5005

薄型でスマホと重ねても使いやすいOwltechの「OWL-LPB5005」

iPhoneを約2回充電できる5,000mAhの容量を持ちますが、薄型で約125gと軽量なので携帯性に優れます。

  • 最大出力電流2.4A
    ⇒高出力で端末の充電が短時間で完了
  • 4段階のLEDランプ搭載
    ⇒バッテリー残量が分かりやすい

など、充電速度が速く使いやすさにも優れた1台です。

商品詳細

【メーカー】Owltech
【モデル】OWL-LPB5005
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】2,678円(税込)
【容量】5,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 1
【急速充電規格】-
【重量】約125g
【サイズ】約120mm × 64mm × 12.4mm

公式HPを見る

ELECOM DE-M01L-6400

コンパクトで持ち運びやすいELECOMの「DE-M01L-6400」

本体サイズはわずか96mmですが、6,400mAhと軽量モデルの中では容量が大きいので外出先でも安心して使用できます。

  • 2ポート合計2.6Aの高出力
    ⇒2台の端末をスピーディーに同時充電できる
  • USBポートに高性能ICを搭載
    ⇒AndroidとiPhoneを自動認識して最適な速度で充電できる

など、2台同時充電もスピーディーに行える1台です。

商品詳細

【メーカー】ELECOM
【モデル】DE-M01L-6400
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】6,728円(税込)
【容量】6,400mAh
【出力】5V / 2.4A × 2(2ポート合計2.6A)
【急速充電規格】-
【重量】約132g
【サイズ】96mm × 45mm × 24mm

公式HPを見る

RAVPower RP-PB060

軽量モデルの中でも人気の高いRAVPowerの「RP-PB060」

手のひらに収まるサイズ感が特徴で、普段使いにぴったりのモバイルバッテリーです。

  • 軽量クラスとしては大容量の6,700mAh
    ⇒galaxy s8を1.3回、iPhone8を約2回充電可能
  • 「iSmart2.0出力自動判別機能」搭載
    端末を自動検知して最適な電流で充電(最大2.4A)

など、容量・充電速度ともにハイレベルな1台です。

商品詳細

【メーカー】RAVPower
【モデル】RP-PB060
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,699円(税込)
【容量】6,700mAh
【出力】5V / 2.4A × 1
【急速充電規格】-
【重量】124g
【サイズ】90mm × 40mm × 25mm

公式HPを見る

2-2. 高性能な定番人気モバイルバッテリー5選

続いて、各メーカーの主力商品が出揃う容量10,000mAh~20,000mAh・重量300g未満の高性能モバイルバッテリーをご紹介します。

「せっかく買うなら高性能な人気モデルがほしい」という方におすすめの商品です。

Anker PowerCore Speed 10000 QC

スピーディーにスマホやタブレットを充電できるAnkerの「PowerCore Speed 10000 QC」

約198gと軽量ですが、10,000mAhと大容量で充電速度も速い商品です。

  • 急速充電規格「Quick Charge 3.0」対応
    ⇒最大12V / 2Aの急速充電が可能(Androidのみ)
  • 「PowerIQ」搭載
    ⇒接続機器を自動認識し、最適な速度で充電最大2.4A

など、端末の種類に関わらず充電速度が速い1台です。

商品詳細

【メーカー】Anker
【モデル】PowerCore Speed 10000 QC
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】2,999円(税込)
【容量】10,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 1
【急速充電規格】Quick Charge 3.0(5-8V / 3A・8-10V / 2.4A・10-12V / 2A)
【重量】約198g
【サイズ】約100mm × 63mm × 22mm

公式HPを見る

RAVPower RP-PB005

ラウンド型の形状で持ちやすいRAVPowerの「RP-PB005」

10,000mAhの容量を搭載しているため、iPhone 8を3回以上、Xperia Z5を2回程度充電できます。

  • 2ポート合計3.4Aの高出力
    ⇒2台の端末の同時充電もスピーディーに完了
  • 「iSmart2.0出力自動判別機能」搭載
    ⇒端末を自動検知して最適な電流で充電(最大2.4A)

など、スマホやタブレットの同時充電も短時間で完了する1台です。

商品詳細

【メーカー】RAVPower
【モデル】RP-PB005
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,799円(税込)
【容量】10,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 2(2ポート合計3.4A)
【急速充電規格】-
【重量】249g
【サイズ】110mm × 80mm × 20mm

公式HPを見る

Owltech OWL-LPB10006

3つの出力ポートを搭載したOwltechの「OWL-LPB10006」

ポートが多いだけでなく「microUSB」と「USB Type-C」2種類のケーブルが付属しているので、端末に応じて最適な充電が可能です。

  • 最大3AのType-Cポートを搭載
    ⇒最新のスマホやタブレットをスピーディーに充電
  • モバイルバッテリー本体の充電速度が速い
    ⇒Type-Cポートを使用することで3.5時間で充電が完了

など、モバイルバッテリー本体も端末も短時間で充電したい方におすすめの1台です。

商品詳細

【メーカー】Owltech
【モデル】OWL-LPB10006
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】4,298円(税込)
【容量】10,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 2、5V / 3A × 1(3ポート合計3.1A)
【急速充電規格】-
【重量】約216g
【サイズ】約144mm × 68mm × 16mm

公式HPを見る

ELECOM DE-M08-N10048BK

合計出力の大きさが特徴のELECOMの「DE-M08-N10048BK」

Type-Cポート搭載で、モバイルバッテリー本体も端末もスピーディーに充電できます。

  • 3ポート合計4.8Aの高出力
    ⇒3台同時の充電もスピーディーに完了
  • 「まとめて充電」機能搭載
    ⇒モバイルバッテリー本体と端末を同時に充電可能

など、充電速度にも使い勝手にも優れた1台です。

商品詳細

【メーカー】ELECOM
【モデル】DE-M08-N10048BK
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】10,930円(税込)
【容量】10,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 2、5V / 3A × 1(3ポート合計4.8A)
【急速充電規格】-
【重量】約287g
【サイズ】154mm × 75mm × 15mm

公式HPを見る

cheero Power Plus 3 13400mAh

容量の大きさが魅力のcheero の「Power Plus 3 13400mAh」

200g台の商品としては13,400mAhと容量が大きく、充電回数の多さと携帯性のバランスの良い商品です。

  • 「デバイス充電完了時自動停止機能」搭載
    ⇒充電完了を自動認識してバッテリー残量の無駄遣いを防ぐ
  • 1ポートあたり最大2.4Aで充電可能
    ⇒大型タブレットもスピーディーに充電可能

など、使い勝手や充電速度にも優れた1台です。

商品詳細

【メーカー】cheero
【モデル】Power Plus 3 13400mAh
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】3,480円(税込)
【容量】13,400mAh
【出力】5V / 2.4A × 2(2ポート合計3.4A)
【急速充電規格】-
【重量】約245g
【サイズ】約90mm × 80mm × 23mm

公式HPを見る

2-3. 安心の大容量モバイルバッテリー5選

最後に、容量20,000mAh以上・重量500g未満の大容量モバイルバッテリーをご紹介します。

「多少重くても、とにかく容量が大きいものがほしい」という方におすすめの商品です。

ADATA P20000D パワーバンク

大容量モバイルバッテリーの中でも人気の高いADATAの「P20000D パワーバンク」

高精度のデジタルディスプレイを搭載しているため、残りのバッテリー残量が一目で分かります。

  • 耐久性の高いモバイルバッテリー本体
    ⇒耐火性や耐衝撃性に優れた素材を採用
  • LED懐中電灯としても使用可能
    ⇒夜間の使用や非常時の灯りとして便利に使用できる

 など、アウトドアでの使用にもぴったりな1台です。

商品詳細

【メーカー】ADATA
【モデル】P20000D パワーバンク
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】3,680円(税込)
【容量】20,000mAh
【出力】5V / 2.1A × 2(2ポート合計2.1A)
【急速充電規格】-
【重量】450g
【サイズ】163mm × 80.6mm × 23.3mm

公式HPを見る

mophie power boost XXL v2

大容量で高出力なmophie の「mophie power boost XXL v2」

20,800mAhの大容量で、スマホでの動画再生時間を最大48時間延長することが可能です。

  • 2ポート合計4.2Aの高出力
    ⇒2台の端末をスピーディーに同時充電できる
  • 1ポートあたり最大2.1Aで充電可能
    ⇒最新のスマホやタブレットも短時間で充電可能

など、端末の台数に関わらず安定してスピーディーな充電ができる1台です。

商品詳細

【メーカー】mophie
【モデル】mophie power boost XXL v2
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】6,912円(税込)
【容量】20,800mAh
【出力】5V / 2.1A × 2(2ポート合計4.2A)
【急速充電規格】-
【重量】約450g
【サイズ】155mm × 85mm × 22mm

公式HPを見る

cheero Power Deluxe 20100mAh

急速充電規格に対応したcheeroの「Power Deluxe 20100mAh」

1ポートは急速充電規格「USB Power Delivery」に対応しており、対応する端末に対して、5V / 1Aのモバイルバッテリーと比べておよそ9倍の出力で充電できます。

  • 「Auto-IC」搭載
    ⇒接続した機器を検知して最適な電流を流す(最大3A)
  • Type-C ケーブルが付属
    ⇒高出力に耐えられるケーブルでスピーディーな充電が可能

など、さまざまな端末を短時間で充電できる1台です。

商品詳細

【メーカー】cheero
【モデル】Power Deluxe 20100mAh
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】5,480円(税込)
【容量】20,100mAh
【出力】5V / 3A × 2(2ポート合計6A)
【急速充電規格】USB Power Delivery5-15V / 3A・20V / 2.25A
【重量】約368g
【サイズ】約162mm × 79mm × 23mm

公式HPを見る

RAVpower RP-PB052

22,000mAhもの大容量を誇るRAVPowerの「RP-PB052」

RAVPower独自の「iSmart機能」を搭載しており、端末を自動検知して最大出力2.4Aで充電できます。

  • 3ポート合計5.8Aの高出力
    ⇒3台の端末の同時充電も短時間で完了
  • 1,000回以上の使用が可能
    ⇒耐久性の高い内蔵電池の採用で長寿命

など、長期間使い続けられる大容量モデルをお探しの方に最適な1台です。

商品詳細

【メーカー】RAVpower
【モデル】RP-PB052
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】3,799円(税込)
【容量】22,000mAh
【出力】5V / 2.4A × 3(3ポート合計5.8A)
【急速充電規格】-
【重量】413g
【サイズ】165mm × 70mm × 24mm

公式HPを見る

Anker PowerCore Speed 20000 PD

大容量モデルとしては軽くてコンパクトなAnkerの「PowerCore Speed 20000 PD」

一般的な20,000mAhクラスのUSB Power Delivery対応商品よりも約17%サイズが小さく、重量は約360gと軽量です。

  • 急速充電規格「USB Power Delivery」対応
    ⇒対応機器に対して最大15Vでの急速充電が可能
  • Type-C端子対応の充電器が付属
    ⇒約4時間でモバイルバッテリー本体のフル充電が可能

など、端末もモバイルバッテリー本体もスピーディーに充電できる1台です。

商品詳細

【メーカー】Anker
【モデル】PowerCore Speed 20000 PD
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】7,999円(税込)
【容量】20,000mAh
【出力】5V / 2A × 1、5V / 3A × 1(2ポート合計5A)
【急速充電規格】USB Power Delivery5V / 3A・9V / 2.6A・15V / 1.6A
【重量】約360g
【サイズ】約168mm × 62mm × 22mm

公式HPを見る

3. モバイルバッテリーに関する疑問解消Q&A

最後に、モバイルバッテリーに関するよくある疑問にお答えしていきます。

どれも、これからモバイルバッテリーを購入する方に役立つ情報ばかりなので、気になる質問からチェックしてくださいね。 

Q1. モバイルバッテリーって何回使えるの?

  • モバイルバッテリー おすすめ

A. おおよそ500回が使用回数の目安です。

一般的に、モバイルバッテリーに内蔵されたリチウムイオン電池は、100%まで充電してから0%まで使い切るというサイクル500回分が使用回数の目安とされています。

500回の使用サイクルを超えたモバイルバッテリーは購入直後に比べて最大容量が減少しているため、スマホやタブレットへの充電回数が減ってしまいます。

スマホやタブレットを充電できる回数が減ってきたと感じたら、モバイルバッテリーの買い替えを検討しましょう。

Q2. 充電中にスマホを使っても平気?

  • モバイルバッテリー おすすめ

A. 使用しても構いません。ただし、スマホやタブレットが熱くなってきたら使用を控えましょう

最近のスマホやタブレットは、モバイルバッテリーで充電中に使用したからといってすぐにダメージを受けるようなことはありません。

しかし、充電中の端末は普段より発熱しやすい状態になっていることには注意が必要です。

スマホやタブレットは熱に弱いため、熱くなったまま使い続けていると端末に内蔵されたバッテリーの寿命が縮んでしまう場合があります。

そのため、端末が発熱してきたら使用を控え、充電も止めるようにしましょう。

Q3. 何台も同時に充電すると充電速度は落ちる?

  • モバイルバッテリー おすすめ

A. 多くの場合、1台の端末を充電するときと比べて充電速度は落ちます。

1-2. 出力電流2A以上の商品を選ぶ」でご紹介した通り、出力ポートを2つ以上搭載したモバイルバッテリーなら、複数台のスマホやタブレットを同時充電することができます。

しかし、複数端末を同時充電すると出力電流が振り分けられてしまい、1台の端末を充電するときよりも充電速度が遅くなってしまう場合があります。

そのため、「とにかくすぐに充電したい」という端末がある場合は、複数台の同時充電ではなく1台だけで充電するようにしましょう。

4. まとめ

いかがでしたか。気になる1台は見つかりましたか。

あらためて、モバイルバッテリー選びの2つのポイントを確認しましょう。

モバイルバッテリー選びの2つのポイント

もう一度、編集部おすすめのモバイルバッテリーを見たい方は、「2. 容量別|モバイルバッテリーおすすめ商品15選」をチェックしてください。