ニキビなどの肌荒れや、加齢によるシワやたるみが気になって「そろそろスキンケアでも始めようかな」と思ったことはありませんか? しかし、

スキンケアって何をすればいいの?
化粧品の種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからない

このようにお困りの方も多いかと思います。

そこで、今回は、

・正しいスキンケアの方法
・失敗しないメンズスキンケア化粧品の選び方
・おすすめのメンズスキンケア化粧品

など、多くの人が知りたいメンズスキンケアの全てをわかりやすくまとめました。

正しいメンズスキンケアの知識を身につけて、肌トラブルのない綺麗な肌を目指しましょう。

先におすすめのメンズスキンケア化粧品を知りたい方は、「3. まず初めに使いたいメンズスキンケア化粧品TOP3」をご覧ください。

(※この記事は、2017年6月時点での情報を参考にしています。)

1. メンズスキンケアの基礎知識

健康で綺麗な肌を手に入れるには、スキンケアの正しい知識を身につけることが大切です。

そこで、この章ではスキンケアを行う前に知っておきたい基礎知識について解説していきます。

1-1. 男性の肌とスキンケアの必要性について

スキンケアというと女性が行うものというイメージが強いですが、実は男性の方こそスキンケアが必要です。

それは、女性に比べて男性の肌が、

・肌内部の水分量が少なく、乾燥しやすい
・シェービングの習慣があり、日常的に肌にダメージを受けている
・日焼け止めを塗る習慣がないので、紫外線によるダメージを受けやすい

といった特徴があるため、女性よりも習慣的に肌へのダメージが蓄積されやすく、きちんとスキンケアを行わないと、ニキビやシミといった肌トラブルを招いてしまうからです。

メンズ, スキンケア
肌トラブルの多くは「乾燥」が原因
シワやシミ、ニキビなどの肌トラブルの多くは「乾燥」によって引き起こされます。

また、肌がべたつくオイリー肌も、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰分泌されていることが原因です。
 
そのため、スキンケアは肌を保湿し、肌内部の水分量を適切に保つことが大切です

1-2. 基本は「洗顔」「化粧水」「乳液」

スキンケアは、

①「洗顔」で汚れを落とす
②「化粧水」で保湿する
③「乳液」で保湿を維持する

この、3ステップが基本です。

では、詳しく見ていきましょう。

①「洗顔」で汚れを落とす

肌は、埃や排気ガスなどの汚れに1日中さらされています。

それらに加え、汗や皮脂も溜まっていくので、肌に雑菌が繁殖しやすく、皮膚病や体臭の原因になってしまいます。

さらに、汚れが肌に残っていると、この後つける化粧水や乳液が、肌内部にうまく浸透しないので、効果が半減してしまいます。

それらを防ぐため洗顔には、

・肌に付着した汚れを取り除き、雑菌の繁殖を防ぐ
・肌を清潔な状態にリセットし、化粧水や乳液を浸透しやすくする

といった効果があります。

朝起きた後も、寝ている時に分泌された汗や皮脂を落とす必要があるので、洗顔は朝晩の2回行うようにしましょう。
メンズ, スキンケア
洗顔のやりすぎはNG
汚れを落とそうと1日に何度も洗顔をすると、必要な肌の油分まで落としてしまい乾燥を招きます。
 
洗顔は、2回が適切な回数とされているので、朝晩の洗顔以外は行わないようにしてください。

②「化粧水」で保湿する

  • メンズ, スキンケア

洗顔した後は、肌の水分やバリア機能が失われているので、それらを補充する必要があります。

そのため、化粧水は、

・肌に水分を補充し潤いを与える
・肌に保湿成分を与えて保護する

といった効果があります。

化粧水の効果ついて詳しく知りたい方は「メンズ化粧水ランキング|清潔肌のためのおすすめ商品と正しい選び方」で詳しく解説しているのでご覧ください。

メンズ, スキンケア
乾燥しやすい人は美容液もプラスすると◎
化粧水だけではカサつきや肌のつっぱりが気になるという人は「美容液」をプラスして使いましょう。

美容液には、保湿成分を濃縮されているので、肌の保湿力を高める働きがあります。

化粧水の後につけるのが効果的な使い方です。

③「乳液」で保湿を維持する

男性がスキンケアを行う場合、洗顔と化粧水で終わらせてしまう人が多いですが、乳液までしっかりと行うことが大切です。

乳液は、化粧水や美容液で補給した「水分」を逃がさないように、油分や保湿成分で蓋をする効果があります。

乳液をつけないと、せっかく補給した水分が蒸発してしまうので、スキンケアの仕上げとして乳液をつけるようにしましょう。

2. 失敗しないメンズスキンケア化粧品の選び方

ここからは、「洗顔料」「化粧水」「乳液」の失敗しない選び方について解説していきます。

2-1. 洗顔料は「石鹸タイプ」を選ぶ

洗顔料には大きく分けて、

・石鹸タイプ
・フォームタイプ

の2種類がありますが、石鹸タイプを選ぶのがおすすめです。

石鹸タイプというと画像のような固形石鹸のイメージがありますが、実は形状ではなく成分によって、石鹸タイプかフォームタイプに分かれます

多くは形状から判断できますが、固形石鹸の他にもフォームタイプと形状が似ている「生石鹸」などがあるので、石鹸タイプとフォームタイプを見分ける時は、成分表記を確認しましょう。

石鹸タイプとフォームタイプの主要成分
石鹸タイプ
⇒「石けん素地」「ラウリン酸ナトリウム」など

フォームタイプ
⇒「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」など

石鹸タイプがおすすめな理由ですが、フォームタイプと比べて、

・洗浄力が強すぎず、肌への負担が少ない
・洗浄成分が肌に残りにくいので、その後につける化粧水や乳液が浸透しやすい

といった特徴があるためです。

特に、すでにシミやニキビといった肌トラブルに悩まされている人は、肌に刺激を与えて症状を悪化させないように、肌への負担が大きいフォームタイプの洗顔料は避けるべきでしょう。

2-2. 化粧水は「高保湿」のものを選ぶ

  • メンズ, スキンケア

化粧水の目的は、肌を保湿することです。そのため、化粧水を選ぶ時は、保湿力の高いものを選ぶのが重要です。

保湿力の高さは、配合されている成分によって決まります。

保湿力の高い成分の代表は、

・セラミド
・プラセンタ
・ヒアルロン酸

が挙げられるので、この3つの成分が配合されているものを選びましょう。

セラミドは3つの中でも特に保湿力が高い成分なので、セラミドが配合された化粧水がおすすめです。

関連記事:化粧水の選び方について詳しく知りたい方はこちら
メンズ化粧水ランキング|清潔肌のためのおすすめ商品と正しい選び方

2-3. 乳液は「保湿成分が多い」ものを選ぶ

乳液は、化粧水によって浸透した水分を、油分や保湿成分で蓋をするためのものです。

ただ、男性の肌は女性の肌と比べて皮脂の分泌量が多いため、油分の補充は少量で充分、効果を発揮します。

そのため、男性は油分よりも「保湿成分」に着目しましょう

乳液に含まれる代表的な保湿成分は、

・セラミド
・プラセンタ
・ヒアルロン酸

の3つが挙げられます。

これらの成分の他にも、「アミノ酸」やメーカー独自の保湿成分などが配合された乳液もあるので、保湿成分を重視した乳液かチェックしましょう

2-4. 時間をかけたくない人は「オールインワン」がおすすめ

化粧水や乳液など、化粧品をいくつも使うのが面倒くさいという人は「オールインワン化粧品」がおすすめです。

オールインワン化粧品とは、「化粧水」「美容液」「乳液」を1本にまとめた化粧品のことで、

・スキンケアの時間を短縮できる
・つける回数が少なく肌への刺激が少ない
・トータルスキンケアと同じような効果がある

といったメリットがあります。

ただ、便利な分、それぞれを重ね付けするよりも、1つ1つの化粧品としての効果が弱いといったデメリットもあるので注意が必要です。

オールインワン化粧品についてもっと知りたい人は、「メンズオールインワン化粧品11選|手間なく1本でモテ肌が叶う方法」で詳しく解説しているのでご覧ください。

手間なく1本でトータルケアができるので、これからスキンケアを始めようと思っている人におすすめな化粧品です。

3. まず初めに使いたいメンズスキンケア化粧品TOP3

ここでは、これからスキンケアを始める人のために、

・1本でトータルケアできるオールインワンタイプ
・乾燥を防いでくれる保湿成分が配合されていること

という2つの基準から選んだおすすめの化粧品を紹介します。

1位:トータルエマルジョン(B.C.A.D. HOMME)

ユーグレナ(ミドリムシ)を応用しているB.C.A.D. HOMMEの「トータルエマルジョン」

潤いを肌の内部まで浸透させる「加水分解ユーグレナエキス」と、高保湿成分「セラミド」が、肌の乾燥を防ぎ、肌荒れなどのトラブルをしっかりとケアしてくれます。

伸びがよく、少量でしっかりと顔全体に浸透するので、コストパフォーマンスの面でもおすすめです。

1,500円(税抜)のミニボトル(30ml)も販売されているので、気になる方は、ぜひお試しください。 

メンズ, スキンケア
男性のスキンケアにぴったりです
実際に使った人のコメント
オールインワンタイプなので、化粧水、美容液といくつもつける手間が無く、この1本でしっかりと肌が潤います!カサカサ肌もニキビも改善され、鏡を見るのが楽しくなりました。柑橘系のフレッシュな香りも、つけやすくて、おすすめです。
商品詳細

【商品名】トータルエマルジョン
【ブランド】B.C.A.D. HOMME
【価格】5,500円(税抜)
【内容量】120ml
【主な有効成分】セラミド、加水分解ユーグレナ
解決できる悩み】乾燥肌
【公式HP】http://www.euglena.jp

公式HPを見る

 

2位:クリスタルクリアドロップ(NOTOMANIA8)

あらゆる肌質に対応し、肌の潤いを保ってくれるNOTOMANIA8の「クリスタルクリアドロップ」

「プラセンタ」「ヒアルロン酸」などの高保湿成分を、たっぷり配合しているので、潤いのあるなめらかな肌に導いてくれます

豊富なエイジングケア成分も含まれているので、年齢が気になり始めた方には、特におすすめです

メンズ, スキンケア
リピート決定です
実際に使った人のコメント
べタつくのが苦手な私でしたが、この商品はしっかりと保湿してくれるのに、サラッとしたつけ心地で大満足です!日中の肌のテカリがおさまったので、乾燥肌だけでなく、オイリー肌の人にもおすすめ!
商品詳細

【商品名】クリスタルクリアドロップ
【ブランド】NOTOMANIA8
【価格】4,104円(税抜)
【内容量】50ml
【主な有効成分】プラセンタ、ヒアルロン酸
解決できる悩み】シワ、たるみ
【公式HP】http://notomania8.com

公式HPを見る

3位:オールインワンフェイスジェル(ZIGEN)

保湿力の高さに定評があるZIGENの「オールインワンフェイスジェル」

セラミドをはじめ、ヒアルロン酸、プラセンタなどの高保湿成分をまとめて配合しているので、冬の乾燥した季節でもみずみずしい肌を実現してくれます。

さらに、香料やアルコール分を含まないので、肌への刺激が少なく、敏感肌(刺激に弱い)の人でも安心して使用することができます

メンズ, スキンケア
これからも使っていきたいです
実際に使った人のコメント
クリームではなくジェルタイプなので、広範囲に伸びて使いやすいです。使用後はベタベタ感もなく、夜まで適度に潤うので、とても気に入ってます!使い始めてから肌の調子の違いが実感できるようになりました。
商品詳細

【商品名】オールインワンフェイスジェル
【ブランド】ZIGEN
【価格】3,990円(税込)
【内容量】100ml
主な有効成分】セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ
解決できる悩み】乾燥肌
【公式HP】http://www.zigen-shop.com

公式HPを見る

4. おすすめメンズスキンケア化粧品9選

3. まず初めに使いたいメンズスキンケア化粧品TOP3」で紹介したオールインワン化粧品ではなく、各化粧品を単品で組み合わせて使いたいという人のために、

・肌に優しいおすすめの洗顔石鹸
・しっかり保湿するおすすめの化粧水
・保湿力が高くベタベタしないおすすめの乳液

を紹介していきます。

4-1. 肌に優しいおすすめの洗顔石鹸

洗顔は、肌への刺激を抑えながら汚れを落とすことが大切です。そこで、

安全性の高い「石鹸タイプ」
・不要な汚れはしっかり落とす洗浄力の高さ

の2点を基準に選びましました。

・メンズソープBUSO(BUSO)

防腐剤、凝固剤、着色料、香料は一切使用せず、肌への優しさを重視して作られた「メンズソープBUSO」。

主成分の「フルボ酸」が毛穴の奥に入り込んだ汚れを吸着・排出するので、さっぱりとした洗い上がりを体感できます。

さらに、「ヒアルロン酸」や「ハチミツ」などの保湿成分も配合されているので、洗うたびに綺麗な肌へと導いてくれます。

商品詳細
商品名】メンズソープBUSO
ブランド】BUSO
価格】2,808円(税込)
内容量】100g
形状】固形石鹸
公式HPhttp://buso.jp

 

・カウブランド赤箱(牛乳石鹸)

しっとりとした洗い上がりが特徴の「カウブランド赤箱」

新鮮な牛乳から作られたミルク成分が、肌にたまった皮脂や汗をしっかりと落としてくれます。

昔から愛されるロングセラー商品でありながら、驚きの低価格を実現しているので、洗顔料はリーズナブルに抑えたい方におすすめです

商品詳細
商品名】カウブランド赤箱
ブランド】牛乳石鹸
価格】100円(税抜)
内容量】108g
形状】固形石鹸
公式HPhttp://www.cow-soap.co.jp

 

・重曹つるつる石鹸(毛穴撫子)

頑固な皮脂や毛穴の黒ずみを落としたいという人におすすめなのが、毛穴撫子の「重曹つるつる石鹸」です。

100%植物油脂ベースで、熟練の職人が昔ながらの製法で作った無添加石鹸なので、しっかりとした洗浄力と安全性が両立されています。

155gで800円(税抜)とコスパが高いのも嬉しいですね。

商品詳細
商品名】重曹つるつる石鹸
ブランド】毛穴撫子
価格】800円(税抜)
内容量】155g
形状】固形石鹸
公式HPhttp://www.ishizawa-lab.co.jp

4-2. しっかり保湿するおすすめの化粧水

この章では、おすすめの化粧水を、

・乾燥から肌を守る保湿力の高さ
・肌質問わず、誰でも使用できる万能さ

の2つの基準から紹介していきます。

・マックスLSチャージウォーター(アラミスラボシリーズ)

高い保湿力から、エイジングケアとしても人気の「マックスLSチャージウォーター」。

「ヒアルロン酸」などの保湿成分が、しっかりと浸透し、肌を潤すので、乾いた肌もみずみずしい滑らかな肌に生まれ変わります。

商品詳細
商品名】マックスLSチャージウォーター
ブランド】アラミスラボシリーズ
価格】7,800円(税抜)
内容量】200ml
保湿成分】ヒアルロン酸
公式HPhttp://www.labseries.jp

 

・化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ(無印良品)

高保湿成分「ヒアルロン酸」を配合することで肌を乾燥から守ってくれる、無印良品の「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」。

香料やアルコールなど、肌の刺激や負担になる成分が入っていないので、敏感な男性の肌を優しく潤わせてくれます。

リーズナブルなうえに大容量なので、化粧水は一度にたっぷり使用したいという方におすすめです。

商品詳細
商品名】化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
ブランド】無印良品
価格】1,200円(税込)
内容量】400ml
保湿成分】ヒアルロン酸
公式HPhttps://www.muji.com/jp/

 

・THE TONER(BLUK HOMME)

豊富な美容成分が特徴的なBULK HOMMEの「THE TONER」。

美肌の湯として有名な出雲の「玉露温泉水」が、水分が不足した男性の肌に潤いを届け、保水成分「トレハロース」が肌の水分量を一定に保ってくれます。

また、4ヶ月経っても腐らない奇跡のリンゴから抽出した「リンゴ果実培養細胞エキス」が、水分の蒸発を防いでくれるため、いつまでもハリのある健康な肌を叶えます。

500円で始められるお試しセットが用意されていますが、4ヵ月の定期購入が条件になっているので、購入の際はご注意ください。

商品詳細
商品名】THE TONER
ブランド】BLUK HOMME
価格】3,000円(税抜)
内容量】200ml
保湿成分】トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス
公式HPhttps://bulk.co.jp

4-3. 保湿力が高くベタベタしないおすすめの乳液

乳液は、油分や保湿成分を補充して水分を閉じ込めるために使いますが、女性よりも皮脂量が多い男性には、ベタついてしまうことがあります。そのため、

・油分が少なく、さらっとした使い心地
・保湿成分が配合されていて潤いが持続する

の2点を基準に厳選した乳液を紹介します。

・日本酒の乳液(菊正宗)

日本酒の美容成分に着目して作られた、菊正宗の「日本酒の乳液」。

日本酒に含まれる「アミノ酸」と「ミネラル」に加え、「セラミド」も配合されているので、肌にしっかりと潤いを与えます。

女性向けの商品ではありますが、適度な油分でさらっとした使い心地なので、べたつきがちな男性の肌にもおすすめです。

商品詳細
商品名】日本酒の乳液
ブランド】菊正宗
価格】840円(税抜)
内容量】380ml
公式HPhttp://kikumasamune.co.jp

 

・モイストチャージミルク(ミノンアミノモイスト)

濃厚なテクスチャーながら、すっと馴染んでベタつかない「モイストチャージミルク」。

11種類の豊富なアミノ酸が、肌内部を潤いで満たし、キメ細かな素肌へと導きます。

女性向けの商品ですが、アミノ酸が角質層に働きかけて浸透力がアップするので、ベタつく乳液が苦手な男性にもおすすめです。

商品詳細
商品名】モイストチャージミルク
ブランド】ミノンアミノモイスト
価格】2,000円(税抜)
内容量】100g
公式HPhttps://www.daiichisankyo-hc.co.jp

 

・モイスチャーライジングエマルジョン(資生堂メン)

乾燥や温度変化などの外的要因から肌を保護してくれる「モイスチャーライジングエマルジョン」。

ダメージディフェンスコンプレックス」という保湿成分が、肌のバリア機能の役目を果たし、肌荒れやカサつきを防止してくれます。

油分を抑え、保湿成分を多く配合しているので、べたつきが気になる男性の肌でも安心して使用することができます。

商品詳細
商品名】モイスチャーライジングエマルジョン
ブランド】資生堂メン
価格】3,500円(税抜)
内容量】100ml
公式HPhttp://www.shiseido.co.jp

5. メンズスキンケア化粧品の正しい使い方

この章では「洗顔料」「化粧水」「乳液」の正しい使い方についてそれぞれ紹介していきます。

・1回の適量を確認する
・使用する時は、叩いたりこすったりしない

という点に注意して上手に肌をケアしていきましょう。

5-1. 洗顔料の使い方

洗顔をする時は、肌を傷つけないように注意が必要です。そのため、

・シャワーのお湯を直接顔に当てる
・すすぐ時に顔をこする
・タオルでゴシゴシと拭く

といった肌に刺激を与えてしまうような行為は控えるようにしましょう。

では、次に洗顔の手順と注意点を見てみましょう。

メンズ, スキンケア
洗顔の手順と注意点

①泡立てネットを使って、しっかり泡立てる
⇒洗顔は、泡の吸着によって汚れを落とすので、泡立てネットを使ってきめ細かい泡を作ることを心がけましょう。逆さにしても落ちないぐらいのしっかりとした泡が理想です。

②泡を撫でるように顔に乗せる
⇒手でこすると肌への刺激になってしまうので、顔には直接手で触れず、泡を撫でるように顔に乗せていきましょう。

③「30℃〜32℃」を目安にぬるま湯で丁寧にすすぐ
⇒これよりも温度が高いと、皮脂を取り過ぎてしまい乾燥の原因になり、反対に温度が低いと、余分な皮脂が落ちずに汚れが残ってしまいます。

洗顔時は、手で顔をこすってしまいがちですが、肌が傷ついてしまうため、泡を顔に乗せる時や、ぬるま湯ですすぐ時も、なるべく手が顔に触れないようにするのがポイントです。

同じ理由で、顔を拭く時は、タオルを顔に押し当てながら、ゴシゴシと拭かないようにしましょう

5-2. 化粧水の使い方

化粧水を使う時は、

・手で直接つける
・洗顔後できるだけ早くつける

ことがポイントです。

手で直接つけることにより、化粧水が体温で温められ、肌へ浸透しやすくなります。

また、洗顔後は、肌の水分や皮脂が失われている状態なので、なるべく早く化粧水で潤いを補充してあげる必要があります。

では、化粧水のつけ方を見ていきましょう。

メンズ, スキンケア
化粧水をつける手順
①適量を手のひらに出す
⇒1回の分量は化粧水によって異なりますが、迷ったら、500円玉程度の大きさ(一般的な推奨使用量5ml程度)を目安にしてください。

②顔全体を包み込むように化粧水を優しく馴染ませる
⇒全体に馴染ませた後、おでこ、鼻、頬の順に指の腹を使ってつけていくと効果的です。

③再度、化粧水を手に取って、目元、口元につけていく
⇒目元、口元の皮膚は乾燥しやすいので重ねづけすると、しっかりと保湿できます。

化粧水は、つけすぎると蒸発時に肌内部の水分も奪ってしまうので注意しましょう。

肌がつっぱったり、べたつかなくなったら、化粧水が十分に浸透したサインです。

5-3. 乳液の使い方

・乳液をつける時は、

・手で直接つける
・皮脂量の多いTゾーンはつける量を抑える

ことを意識しましょう。

では、乳液のつけ方を解説していきます。

メンズ, スキンケア
乳液をつける手順
①適量を手のひらに出す
⇒1回の適量は大体、1円玉程度の大きさ(一般的な推奨使用量0.3ml程度)を目安にしてください。

②目元や口元に乳液をつける
⇒目元、口元は皮膚が薄く、乾燥しやすい部位なので初めにつけるようにしましょう。

③手のひらで乳液を頬につける
⇒手のひらで包み込むように頬に乳液を馴染ませます。肌に刺激を与えないように優しくつけましょう。

④最後にTゾーンにつける
⇒皮脂量の多いTゾーンは最後につけます。額や鼻のテカリが気になる場合は、つけなくても大丈夫です。

化粧水の時と同様、手でつけることによって、体温で温められて肌に馴染みやすくなります。

そして、額から鼻にかけてのTゾーンは、つけすぎるとベタつくので少量にとどめましょう。

もし、乳液をつけすぎて顔がベタつくようなら、ティッシュで優しく押さえて乳液の量を調整しましょう。

6. メンズスキンケアのよくある疑問Q&A

これからスキンケアを始める人は、

化粧品って女性用でもいいのかなあ?
スキンケアってどのくらい続ければ効果が出るの?

など、気になっていることが多いと思います。

そこで、この章ではスキンケアに関する、よくある3つの疑問を解消していきます。

Q1:化粧品は同じブランドで揃えた方がいい?

A. 必ずしも同じブランドで揃える必要はありません。

化粧品は同じブランドで揃えて使えば安心というわけではありません。

化粧品を選ぶ時は、ブランドではなく、

・保湿力の高さ
・安全性の高さ

の2つが重要な要素になります。

そのため、ブランドに捉われず、さまざまな化粧品を試してみて、自分に合った「洗顔料」「化粧水」「乳液」を見つけることが大切です。

Q2:男性が女性用化粧品を使ってもOK?

A. 男性が女性用の化粧品を使っても問題ありません。

そもそも、男性も女性も、必要な保湿成分に違いはありません。

そのため、男性が女性用化粧品を使っても十分な効果が得ることができます。

ただ、女性用化粧品は油分が多い傾向があるので、オイリー肌の人は、オイルフリーの化粧品を選ぶなどの注意が必要です。

Q3:継続すべき期間は?

  • メンズ, スキンケア

A. 最低でも1〜3ヶ月は継続して使用しましょう。ただし、赤みや痒みなどの異常が出た場合はすぐに使用を中止してください。

肌は、新陳代謝によって28日周期で新しい細胞に生まれ変わります。

詳しく解説すると、

1. 基底層(表皮の一番奥)で新しい細胞が生まれる
2. 14日間で角質層に上がってくる
3. 角質層に到達して、さらに14日間で剥がれ落ちる

という仕組みです。これを、「ターンオーバー」といいます。

どんなに効果的なスキンケアをしても、古い細胞が残っていては、肌は綺麗になりません。

そのため、ターンオーバーで古い細胞が排出され肌が生まれ変わる1ヶ月前後までは、化粧品を継続して使用するのがおすすめです。

メンズ, スキンケア
ターンオーバーには個人差がある
ターンオーバーは28日周期ですが、人によって個人差があります。特に、加齢によって周期が伸びてしまうことがあるので、最大で3ヶ月を目安に使い続けてください。

7. 綺麗な肌になれる生活のコツ

肌を綺麗にするには、化粧品でのケアの他に、食事や生活習慣のような内面的なケアも効果的です。

ここでは、綺麗な肌を手に入れるための、生活のコツをご紹介します。

7-1. 食事でできるスキンケア

健康的で綺麗な肌は、バランスの良い食事から作られます。

普段の食事に、以下の食材を取り入れて、体の内側からスキンケアを行いましょう。

メンズ, スキンケア
肌の調子を整えるおすすめの食材

・肌の新陳代謝を高める
⇒納豆、鶏ムネ肉、鮭など

・乾燥を防ぐ
⇒ニンジン、ほうれん草、レバーなど

・シミやシワを改善する
⇒キャベツ、ジャガイモ、キウイフルーツなど

・肌の老化を防ぐ
⇒かぼちゃ、アボカド、アーモンドなど

また、「カフェイン」や「脂分の多い食べ物」は内臓に負担を掛け、肌トラブルを招く原因となるので、摂りすぎには注意しましょう。

7-2. 生活習慣を見直してみる

肌の調子と生活習慣は、切っても切り離せないほど深く関係しています。

不規則な生活が続くと、ターンオーバーが乱れ、乾燥やニキビなどの肌トラブルを招いてしまいます。

健康な肌を手に入れるために、次の3つについて見直してみましょう。

メンズ, スキンケア
肌の調子を整える生活習慣のポイント

・十分な睡眠時間
⇒最低6時間は睡眠時間を確保しましょう。

・ストレス発散
⇒半身浴やマッサージなどで、心と体をリラックスさせましょう。

・適度な運動
⇒週1回以上の定期的な運動が効果的です。

また、喫煙や過度の飲酒は、肌に必要な水分や栄養素を奪ってしまうので控えるようにしましょう。

8. まとめ

今回は、メンズスキンケアの基礎知識や、化粧品の使い方などを解説していきました。

メンズスキンケア化粧品の選び方についてまとめると、

・洗顔は、肌に必要な水分や皮脂を取りすぎない「石鹸タイプ」を選ぶ
・化粧水は、セラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸などが配合された「高保湿」なものを選ぶ
・乳液は、保湿成分が多く含まれたものを選ぶ

の3つになります。

また、これからスキンケアを始める人におすすめの化粧品は、「3. まず初めに使いたいメンズスキンケア化粧品TOP3」で紹介しているのでご覧ください。

日々のスキンケアを欠かさずに、清潔感のある健康な肌を目指してくださいね。