知らないうちにできてしまった、唇のシミ。

「唇に何か付いてると思われたらどうしよう…」と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カスタムライフ編集部が、

  • 唇にシミができる原因
  • 効果的な唇のシミ予防&対策方法
  • 病院で唇のシミを消す方法

などを徹底的にリサーチして、分かりやすく解説します。

正しい知識でシミ対策を行って、理想の唇を手に入れてくださいね!

※この記事は2019年7月の情報を基に作成しています。
※本記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.唇にシミができる原因とは

シミと言えば、目元や頬などにできやすいイメージがありますよね。

ですが、皮ふが薄く非常にデリケートな唇も、実はシミができやすい部位なんです。

唇にシミができてしまう主な原因は、以下の通り。

では、1つずつ解説していきます。

①紫外線によるダメージを受けやすい

  • 唇,シミ

唇も肌と同じように、紫外線を浴びすぎるとシミができてしまいます。

肌には日焼け止めを塗る方も多いと思いますが、唇の紫外線対策は怠ってしまいがち。さらに、

  • 日焼け止めなどを塗りづらい
  • 皮ふが非常に薄い

といった理由から、唇は体の中でもとくに紫外線ダメージを受けやすい部位なんです。

②皮脂腺がなく乾燥しやすい

  • 唇,シミ

唇には皮脂腺がないため皮脂が分泌されず、非常に乾燥しやすいのが特徴。

唇が乾燥していると、紫外線から皮ふを守る「バリア機能」が低下して、さらにシミができやすくなってしまいます。

唇,シミ
唇を乾燥させるNG習慣に注意!

 × 唇をなめる
 × 食後にティッシュで口を拭う
 × 香辛料・歯磨き粉が唇に付いたまま

など、ちょっとした摩擦・刺激によっても唇は乾燥し、さらにダメージを受けやすくなります。

③リップメイクを落としきれていない

  • 唇,シミ

しっかりメイクを落としたつもりでも、口紅に含まれる色素や油分が唇に残っていることが意外と多くあります。

唇にメイクアップ料が残っていると、

  • 唇に負担がかかり、ダメージを受けやすくなる 
  • 色素沈着を起こすおそれがある

など、さらにシミができやすい状態になってしまうのです。

思い当たる原因はありましたか?唇のシミは、こうした原因がいくつか重なってできている場合もありますよ。

次からは、唇のシミをしっかり予防する方法をご紹介していきます。

2.唇のシミを予防する効果的な対策

ここからは、唇のシミを予防する効果的な対策を、

の順番で解説していきます。

唇のシミを悪化させない&作らせないためにも、ぜひ普段の生活に取り入れてみてくださいね。

2-1.UVカットリップで唇のシミを予防

  • 唇,シミ

唇を紫外線によるダメージから守るためには、UVカット効果のあるリップクリームを塗るのが効果的。

またUVカット効果とあわせて、

  • ヒアルロン酸
  • スクワラン
  • 植物オイル

などを配合した保湿力の高いアイテムがとくにおすすめです。

◆おすすめアイテム:
スキンアクア リップケアUV(ロート製薬)

◇価格:450円(税抜)/4.5g

SPF22/PA++のUVカット効果に加えて、ヒアルロン酸・コラーゲンなどを配合した保湿力の高いリップクリーム。

さらに詳しく見る

またリップを塗る時は、唇のシワに届くよう縦方向に塗るのがポイントですよ。

唇,シミ
リップの塗り過ぎはNG!

リップクリームは唇のケアに効果的ですが、

 × 乾燥していないのに何度も塗りなおす
 × ゴリゴリ押し当てるように強く塗る

などは、逆に唇への負担となってしまいます。

外出前唇の乾燥が気になったタイミングなどで、優しくリップクリームを塗るようにしてくださいね。

2-2.唇のシミを防ぐクレンジング

  • 唇,シミ

唇のシミを防ぐには、毎日のクレンジングでリップメイクをしっかり落とすことも大切です。

以下の手順で、丁寧にクレンジングを行ってくださいね。

リップメイクの正しいクレンジング方法

① リムーバーをコットンに適量とる
② コットンを唇の上に数秒置いてなじませる
③ 口角から横方向にそっとふき取る
④ 縦ジワに沿って縦方向に優しくふき取る

 ※ 残ったリムーバーはティッシュで優しく落とす

また通常のクレンジングでもリップメイクは大体落とせますが、洗浄力が足りないと口紅の成分が唇に残ってしまうことがあります。

リップメイク専用のリムーバーを使うことで、唇に負担をかけずに汚れをしっかり落とすことができますよ。

次の章からは、できてしまった唇のシミ対策におすすめのセルフケアをご紹介します。

3.唇のシミを自分で消す方法3選

ここでは、できてしまった唇のシミ対策におすすめのセルフケア

の順番で3つご紹介します。

どれも簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3-1.しっかり保湿して唇のシミをケア

  • 唇,シミ

唇のシミを消すためには、まずはしっかり保湿してターンオーバー(皮膚の生まれ変わりのサイクル)を整えることが大切です。

唇はターンオーバーの周期が短く、ほかの部位よりもケアしやすいのが特徴。

根気よく保湿ケアをすれば、シミのない理想の唇に近づけますよ。

唇,シミ
保湿には「リップパック」がおすすめ

唇をしっかり保湿するには、リップクリームを使って唇をパックするのがおすすめです。


◆リップパックの手順
① いつものリップクリームを唇に厚めに塗る
② 小さくカットしたラップをのせる
③ 数分置いてラップをはがす
④ 指の腹でくるくると優しくマッサージする

 ※ 柔らかくなった角質をオフするイメージで

上記の行程の後は、最後にリップクリームを薄く塗って仕上げてくださいね。

3-2.ビタミンC誘導体配合の化粧品で唇のシミをケア

  • 唇,シミ

「ビタミンC誘導体」は、シミの色素を薄くする効果が期待できる成分。

シミをさらに効率的に消したいなら、ビタミンC誘導体配合のリップクリームや唇用美容液を使うのもおすすめです。

◆おすすめのビタミンC誘導体配合化粧品:

 ▼リップクリーム

  • 唇,シミ

 ▼唇用美容液

  • 唇,シミ

左:DHC UVモイスチュア リップクリーム(DHC)
ビタミンC誘導体・ビタミンEを配合。UVカット効果もあり、シミのケア&紫外線対策がこれ1本でOK。
【価格】800円(税抜)/1.5g
【買える場所】公式通販など


右:リップオイルエッセンス(アンプルール)
濃密リップオイル美容液。高保湿成分&ビタミンC配合で、シミ・くすみのない潤いリップを叶えます。
【価格】2750円(税抜)/6g
【買える場所】公式通販など

また、化粧品だけでなく食事でビタミンCを摂るのもおすすめです。

唇,シミ
ビタミンCを多く含む食べ物

・野菜類
...赤ピーマン・ブロッコリー・カリフラワー
・果物類
...レモン・キウイ・いちご・アセロラ
・いも類
...じゃがいも・さつまいも

こうした食材も積極的に摂取して、内側からもシミをケアしていきましょう。

3-3.リップスクラブで唇のシミをケア

  • 唇,シミ

唇のシミ対策には、「リップスクラブ」を使って古い角質を除去するのも効果的です。

◆おすすめのリップスクラブ:
トレンドホリック リップピーリング(石澤研究所)

◇価格:1300円(税抜)/8g

ビタミンC誘導体&ハチミツなどを配合し、古い角質をしっかりオフしてくれますよ。

さらに詳しく見る

ただし、スクラブはやや刺激の強いお手入れのため、

  • 必ず唇専用のアイテムを使う
  • ゴシゴシこすらず、優しく行う
  • 多くても2週間に1回までにする

などを守って、唇を傷つけない様に注意しましょう。

唇,シミ
スクラブの後は必ず保湿を!

リップスクラブの後は唇が乾燥しやすいため、リップクリームなどでしっかり保湿する必要がありますよ。

こうしたセルフケアの方法も参考に、シミのない理想の唇を手に入れてくださいね。

次の章では、「もっと確実な方法でシミを消したい!」という方のために、皮膚科での唇のシミを消す方法をご紹介します。

4.唇のシミを皮膚科で治療する方法

  • 唇,シミ

唇のシミは、美容皮膚科などの医療機関で受けられる「シミ取りレーザー」で治療することもできますよ。

セルフケアでなかなかシミが消えない時や、「もっと早く・確実に消したい!」という時はこうした治療を検討してみるのもおすすめ。

皮膚科での唇のシミ取りレーザーの種類・料金の例は、以下の通りです。

シミ取りレーザーの種類

・Q-YAGレーザー
・Qスイッチレーザー
・アレキサンドライトレーザー など


シミ取りレーザーの料金の例

・1000円/1mm×1mmのシミ1か所
・3000円/3mm×3mmのシミ1か所
・5000円/5mm×5mmのシミ1か所 など

参考:青山通り皮フ科

※治療内容や料金は病院によって異なります。

レーザー治療と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、1回の照射でだいたいのシミは消すことができ、比較的治療しやすい部位と言えます。

また治療後は約1週間で炎症がなくなり、唇の色も元に戻りますよ。

唇,シミ
唇のシミのレーザー治療は痛い?

シミ取りレーザーでは、唇のシミに熱を加えて治療を行います。その時に軽い痛みがあるため、アイスパックなどで冷やしながらの治療も可能です。

初回は予約なしで受診できる美容皮膚科も多くあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後に、唇のシミについて気になる疑問をQ&A形式で解決していきます!

5.唇のシミにまつわる疑問解決Q&A

ここでは、唇のシミにまつわる疑問をQ&A形式で解決します。

正しい知識を身につけて、より効果的に唇のシミ対策を行ってくださいね。

Q1.唇にできたシミ、病気の可能性はある?

  • 唇,シミ

A.病気の可能性はほとんどありません。

唇のシミは紫外線や日常生活での刺激・摩擦が原因でできることが多く、病気の可能性はほとんどありません。

ですが、ごくまれに「ポイツ・イェーガース症候群」(胃腸にポリープができる病気)という遺伝性の疾患が原因であることも。

この病気の症状のひとつとして、唇や手足など体中にシミができることがあります。

  • シミが顔や唇以外にも多発している
  • 体調が悪い日が続いている

など気になる症状がある場合は、なるべく早く病院で診てもらいましょう。

Q2.ホホバオイルで唇のシミは消せる?

  • 唇,シミ

A.直接的にシミを消す効果はありません。

ただし、ホホバオイルはシミを薄くするサポートをしてくれますよ。

そもそもホホバオイルは、植物由来の保湿成分の一種。

  • 水分の蒸発を防ぐ
  • 皮ふにしっとり感を与える

といった効果が期待できます。

そのため、ホホバオイルでの保湿により唇のターンオーバーが整い、シミが徐々に薄くなることがあると言えますよ。

Q3.口紅を塗っても隠せないシミを綺麗に隠すには?

  • 唇,シミ

A.口紅の前にコンシーラーを塗ってみましょう。

唇のシミも、コンシーラーをうまく使えば綺麗に隠すことができます。

以下の手順を参考に、唇のシミをしっかりカバーするメイクを試してみてくださいね。

唇のシミを隠すメイクの手順

①唇全体に少量のファンデーションを薄くなじませる
②シミの上だけにコンシーラーを少量のせる
③指でポンポンと叩き込むようになじませる

上記の手順で唇全体のくすみやシミをカバーしたら、上から口紅などを重ねてリップメイクを仕上げましょう。

◆唇のシミにおすすめのコンシーラー:
リップコンシーラー モイストイン(キャンメイク)

◇価格:580円(税抜)/2g

プチプラで優秀なリップ専用コンシーラー。ヒアルロン酸配合で保湿力が高く、乾燥しづらいのが嬉しいですね。

さらに詳しく見る

ご紹介した内容を参考に、シミの気にならない美しい唇を手に入れてくださいね。

6.まとめ

唇のシミ対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

最後に、今回ご紹介した唇のシミを消す方法をもう一度以下にまとめます。

唇のシミを自分で消す方法3選

①しっかり保湿して唇のシミをケアする
②ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う
③リップスクラブで古い角質を落とす

もう一度詳しく見る


唇のシミを皮膚科で治療する方法

◆シミ取りレーザーで治療する
・Q-YAGレーザー
・Qスイッチレーザー
・アレキサンドライトレーザー など

 料金の例:1mm×1mmで1000円~
もう一度詳しく見る

正しい方法で対策をして、シミの目立たない唇を手に入れましょう。

また別の記事でもシミ対策に効果的なスキンケアをご紹介していますので、ぜひ以下よりチェックしてみてくださいね。

他のシミ・美白の記事を見る