夏でも冬でも気温に関係なく、一枚着ていたら適温に保ってくれるそんな服があればいいのにと思ったことはありませんか?

実は、そんな夢のような素材があります。アウトラストというNASAが宇宙で定温を保つために作った素材です。

今回は、そのアウトラストという素材の性能と編集部おすすめの商品ブランドについてご紹介しますので参考にしてみてください。

1. アウトラストとは

アウトラストは、繊維内に配合されたマイクロカプセルが暑いときには体からの余分な熱を吸収し、寒いときには蓄えていた熱を放出する働きをすることで、人間が快適さを感じる“32℃±1℃”に近づけるべく肌温度を調節する素材です。

暑さや寒さなどの温度調節をするのみでなく、アウトラストは伸縮性にも非常に優れています。動きやすく快適に作業ができることも魅力です。

「暑かったり寒かったりなどの温冷感や、蒸したりサラッとしたりなどの湿潤感は、衣服内環境に左右されると言われています。

一般的に考えられる快適さのポイントとは、衣服内が「温度:32±1℃」「湿度:50±10%RH」「気流:25±10cm/sec」という条件で満たされたときと言われています。」

引用元: アウトラストジャパン公式HP 

このように、人が心地よさを感じる肌温度の32±1℃を保つ素材がアウトラスト、というわけです。

1-1. 温度調節の仕組み

アウトラストの温度調節機能のヒミツは、2〜30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックスです。


温度によって液体化⇔固体化をくり返すパラフィンワックスが、暑くなると液体化し熱を吸収、寒くなると固体化して熱を放出する仕組みで、体からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出し快適な体感温度へとコントロールします。

1-2. アウトラストが用いられる衣類

アウトラストが用いられる衣服としてはジャケット・スラックス・インナーなどが挙げられます。

一般的な素材よりかなり分厚いですが、その分伸縮性が良く活動しやすい素材になっています。

1-3. アウトラストのパフォーマンス力

アウトラストを使用したウェアは一般素材を使ったものよりも、外部温度に対応して身体の温度を高くしたり、低くしたり変温させています。

上の図のように一般素材よりも体温の変化が顕著に現れています。

2. アウトラストのお手入れの仕方

2-1. アウトラストの原材料

アウトラスト自体はレーヨンで作られています。そこに伸縮性や強度を保つために、ポリエステルや綿が配合されています。

レーヨンは化学繊維の一つで光沢や吸水性に優れていますが、洗濯すると縮むという特徴があります。

アウトラスト商品のレーヨンの配合率は高くないので、大きな縮みは心配ありません。しかし、多少の縮みを考慮して少し大きめのサイズを購入することをお勧めします。

2-2. アウトラスト向け・おすすめ洗剤

レーヨンの縮みは繊維の特徴であり完全に防ぐことはできませんが、最小限に抑えるためのポイントについてご紹介します。

レーヨンという素材は水につけることで縮みが生じる素材ですので、ドライクリーニングをおすすめします。

どうしても水洗いしたい場合は長い時間での洗濯は避け、時短で洗濯することによって縮みを最小限に抑えましょう。

【おすすめの洗剤】

おすすめの洗剤は、プロ・ウォッシュという洗剤です。プロ・ウォッシュはもともとプロの洗濯をするために作られた洗剤であり、どんな素材でも洗濯することができます。

優れた防縮性と色止めの力で洗濯の失敗を防いでくれるためアウトラストの洗濯にもおすすめです。

3. 編集部おすすめ・アウトラスト素材のスーツ3選

ここまで紹介してきたアウトラスト素材の特徴はを大きくまとめると以下の3点です。

・人が心地良さを感じる肌温度32±1℃を保つ素材である
・温度調節に加え、優れた伸縮性をもつ素材である
・季節に関わりなくオールシーズン着用できる

そんな機能をもつアウトラスト素材でつくるビジネスウェアを紹介したいと思います

  • アウトラスト 

【秋冬春】The TECH #001 seasons アウトラストブラックツーピーススーツ 59,800円(税込)

  • アウトラスト

【秋冬春】The TECH #001 seasons アウトラストブラックジャケット
44,800円(税込)

  • アウトラスト

【秋冬春】The TECH #001 seasons アウトラストライトグレースラックス
19,800円(税込)

4. まとめ

いかがでしたか。まだまだ新しい素材ですが、機能性が非常に高い素材です。

是非、アウトラストの服で気温に左右されない快適な生活を送ってください。

アウトラスト素材のスーツを見てみる