低温調理器を買おうと思っても、

「安いものだと性能が悪い?」
「軽くて使いやすいものがいいな…」

など、最初の1台を選ぶにあたって気になることが多いですよね。

そこでこの記事では、

・普段料理をする方約189名へのアンケート調査
・個々の商品に関する編集部の独自調査

をもとに、低温調理器のおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。

あわせて低温調理器を選ぶポイントも詳しく解説しているので、初めて購入する方でも自分にぴったりの1台が手に入りますよ。

なおこの記事は「低温調理器の専門知識」に関して料理の専門家に監修協力をして頂いております。※「1.低温調理器のおすすめ人気ランキング10選」などの商品掲載箇所は除く

低温調理機 おすすめ
この記事の監修者
アンチダイエットプランナー、栄養士
吉田 理江

現在、不定期で「卵」「乳製品」「小麦」不使用のお菓子教室、コラム執筆、レシピ考案、「食事制限なし!お腹いっぱい食べながら痩せる」ダイエットサポーなど、幅広く活動中。

服部栄養専門学校 調理師科 栄養士科卒業。飲食店勤務後、料理研究家のアシスタント経験を経て独立。

 

1. 低温調理器のおすすめ人気ランキング10選

低温調理機 おすすめ

この章では、普段料理をする男女189名にアンケートを取り、数ある商品の中から、もっとも人気のある低温調理器10商品をランキング形式でご紹介します!

アンケートの詳細

【アンケート対象者】普段から料理をする方
【対象人数】189名
【調査期間】2019年11月7日~11月10日

◆ ランキング一覧

商品画像 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ
商品名 低温調理器 GLUDIA 低温調理器 低温調理器クッカー 低温調理器RZ-09 sous vide Felio Sousvide cooking  低温調理器RZ-08 Anova Culinary 低温調理器
メーカー BONIQ STYLUX OMorc Wancle Razorri AUKUYEE 富士商 Razorri Anova TINTON LIFE
価格 19,800円(税抜) 19,800円(税抜) オープン価格
参考価格:14,800円(税込)
オープン価格
参考価格:14,800円(税込)
オープン価格
参考価格:10,800円(税込)
オープン価格
参考価格:8,127円(税込)
18,000円(税抜) オープン価格
参考価格:7,980円(税込)
21,199円(税込) オープン価格
参考価格:7,380円(税込)
対応水量 5L〜15L 20Lまで 10L 15〜19L 20Lまで 不明 不明 不明 不明 不明
消費電力 最大800W 1200W 850W 850W 1100W 1000W 1000W 800W 750W 800W
温度範囲 5℃〜95℃ 95℃まで 25℃〜99℃ 99.9℃まで 99℃まで 99℃まで 95℃まで 90℃まで 91℃ 100℃
スマホ連動
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

まず、自分にぴったり合った低温調理器の選び方を知りたい方は「2. 自分に合った低温調理機の選び方」をご覧ください。


※オープン価格の商品は参考価格として2019年12月時点の「amazon」での価格を掲載しております。

1位:低温調理器(BONIQ)

こんな人におすすめ

✔︎料理にあまり慣れていない
✔︎デザインと機能性の両立を求める

BONIQの低温調理器は、プロの現場で使用される機能性を搭載した1台です。

  • 簡単操作で誰でも簡単に狙った温度で調理できる
  • スタイリッシュなデザイン性

といった特徴があるので、インテリアにこだわりがある人にもおすすめです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
とっても簡単で初心者でもレストランの味
(30代・公務員)

初めてでも美味しいローストビーフが作れました。最初に時間と温度を決めてしまえば、あとは放っておくだけなので忙しい人にもオススメです。食生活が豊かになる商品です。簡単にレストランのような料理ができるので気に入ってます。

商品詳細

【商品名】低温調理器
【メーカー】 BONIQ
【価格】19,800円(税抜)
【対応水量】5L〜15L
【消費電力】最大800W
【温度範囲】5℃〜95℃
【スマホ連動】

商品を購入する

2位:GLUDIA(STYLUX)

こんな人におすすめ

✔︎大人数用の大皿料理が多い
✔︎何品も同時に調理して時短したい

業界トップレベルのパワフルさを持った『GLUDIA』は、大容量な鍋でも均一に加熱可能です。

  • パワーも容量もあり、業務用にも使用できるほどの機能性
  • 一回で何品も調理できる

といった特徴があるので、ご家族が多い方や料理を振る舞う機会が多い方におすすめです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
料理のレベルが変わります
(30代後半・主婦)

近所のスーパーで買った安い肉を調理してみたところ、びっくりするくらい柔らかく仕上がりました。料理のレパートリーがグッと増え、レベルが上がったねと家族にも言われました。パワーがあるので、1回の調理で何品も作れるのも嬉しいです。

商品詳細

【商品名】GLUDIA
【メーカー】STYLUX
【価格】19,800円(税抜)
【対応水量】20Lまで
【消費電力】1200W
【温度範囲】95℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

3位:低温調理器(OMorc)

こんな人におすすめ

✔︎最初の一台なので予算をかけたくない
✔︎シンプルで使いやすいものが良い

OMorcの低温調理器は850Wの出力があるので、立ち上げが早く時間がないときでも素早く調理できます。

  • 食品を均等に調理するので新鮮さと栄養価を損なわない
  • 簡単な操作で調理家電を使い慣れていない人でも扱いやすい

といった特料があり便利ですが、海外用の電圧なので日本での使用には変換アダプタが必要です。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
操作が簡単で失敗がないです
(50代前半・サービス業)

海外製ということで心配でしたが、操作がすごく簡単で温度も正確なので問題なく使えています。コンセントが海外用で、変換アダプタが必要になるので気をつける必要がありますが、十分な機能が搭載されていて満足です。

商品詳細

【商品名】低温調理器
【メーカー】OMorc
【価格】オープン価格 / 参考価格:14,800円(税込)
【対応水量】10L
【消費電力】850W
【温度範囲】25℃〜99℃
【スマホ連動】

商品を購入する

4位:低温調理器クッカー(Wancle)

こんな人におすすめ

✔︎力が弱い女性が扱い安いものがほしい
✔︎赤ちゃんや小さい子供がいる家庭

Wancleの低温調理器クッカーも海外製の低温調理器です。

  • 静音設計がついていて片手でも楽々操作ができる
  • 海外製ではあるものの、変換アダプタもついている

といった特徴に加え、ディスプレイに湿気がかからないデザインで、故障の心配がありません

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
初めての低温調理器でもオススメできます
(40代前半・医療関係)

温度設定や時間設定など、直感で操作できてとても簡単です。この低温調理器なら、鶏肉をただ温めるだけでもご馳走に早変わりします。似たような商品がたくさんありますが、安いこの商品でも十分ですね。

商品詳細

【商品名】低温調理器クッカー
【メーカー】Wancle
【価格】オープン価格 / 参考価格:14,800円
【対応水量】15〜19L
【消費電力】850W
【温度範囲】99.9℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

5位:低温調理器RZ-09(Razorri)

こんな人におすすめ

✔︎調理の幅を広げたい
✔︎他のことをしながら自動で使えるものが良い

低温調理器RZ-09はスマホとペアリングできる機能を持った低温調理器です。

  • 自立式なので自動調理が可能
  • 肉料理、卵料理、シーフード、野菜と多彩なレシピが揃っている

といった特徴に加え、アプリ側にプリセットされているレシピを見て、スイッチオンをすれば調理開始できる簡単操作がポイントです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
スマホアプリで楽チン調理
(20代後半・建築関係)

Wi-fiを通じてスマホで設定できるのに値段が安かったのでこちらを選びました。本体だけでは温度設定しやすいとは言い難いので助かっています。料理は問題なく出来上がりますし、自立して保管できる点、温度が正確な点が気に入っています。

商品詳細

【商品名】低温調理器RZ-09
【メーカー】Razorri
【価格】オープン価格 / 参考価格:10,800円(税込)
【対応水量】20Lまで
【消費電力】1100W
【温度範囲】99℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

6位:sous vide(AUKUYEE)

こんな人におすすめ

✔︎機能性よりも使いやすさを重視したい
✔︎キッチンが狭いので収納しやすいものが良い

AUKUYEEの「sous vide」は時間と温度設定だけのシンプル仕様が特徴の低温調理器です

  • 機能もシンプルな上に大型ディスプレイで見やすい設計
  • 大きな取ってで運びやすいので収納場所からの出し入れに便利

といった特徴があるので、誰にでもわかりやすく使いやすい1台です。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
コスパ最高
(40代前半・保育関係)

必要な機能は全てついています。この低温調理器を使用した料理で失敗したことはありません。パワーがあるので、お湯の温度も上がるのが早くてありがたいです。コスパがいいので価格重視な人にはオススメです。

商品詳細

【商品名】sous vide
【メーカー】AUKUYEE
【価格】オープン価格 / 参考価格:8,127円(税込)
【対応水量】不明
【消費電力】1000W
【温度範囲】99℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

7位:Felio Sousvide cooking 低温調理器(富士商)

こんな人におすすめ

✔︎忙しいので自動でできることが多いほうが良い
✔︎日本製のものがほしい

富士商のFelio Sousvide cooking 低温調理器は、川上文代著の「低温真空調理のレシピ」でも使用されている信頼できる商品です。

  • 設定時間1分前にお知らせしてくれて、時間になると自動で止まる
  • 日本製ながら出力も1000Wと強力、コイル式なので電気代も節約できる

といった特徴があるので、ランニングコストを抑えたい方におすすめです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
十分なクオリティ
(50代・主婦)

日本メーカーで高すぎない商品を探してこの商品に出会いました。いろんな料理を作りましたが、どれも放置するだけで簡単にできました。今まで火をつけたり消したりしていた手間はなんだったのか…という感じです。自立もしますし、収納も便利です。

商品詳細

【商品名】Felio Sousvide cooking 
【メーカー】富士商
【価格】18,000円(税抜)
【対応水量】不明
【消費電力】1000W
【温度範囲】95℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

8位:低温調理器RZ-08(Razorri)

こんな人におすすめ

✔︎説明書などを細かく読みたくない
✔︎動作音が静かなものがほしい

こちらも海外製の商品ですが、設定がダイヤル式なので取り扱い説明書を読み込まなくても大体の人が基本操作が可能です。

  • 温度設定と時間設定のみというシンプルなメニュー
  • コンセントが日本使用で、摂氏と華氏の表示も設定可能

といった特徴があるので、簡単な使い勝手の商品が欲しい方におすすめです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
海外製だけど使いやすい
(30代後半・公務員)

海外製なので心配していましたが、難しい機能は全くないので困ることはありませんでした。付属の説明書は日本語が怪しく、あてになりませんが、直感で操作できます。低温調理に関する機能は十分で、美味しい肉料理が出来上がりますよ。

商品詳細

【商品名】低温調理器RZ-08
【メーカー】Razorri
【価格】オープン価格 / 参考価格: 7,980円(税込)
【対応水量】不明
【消費電力】800W
【温度範囲】90℃まで
【スマホ連動】

商品を購入する

9位:Anova Culinary(Anova)

こんな人におすすめ

✔︎小さな子どもがいる家庭
✔︎キッチンだけでなく収納場所もあまり広くない

Anova Culinaryはコンパクトなサイズ設計でキッチンの引き出しにしまうこともできるスマートな低温調理器です。

  • 自立式な上にスマホに接続して離れたところからも温度を調節可能
  • 1.2kgと軽量なので女性でも扱いやすい

といった解く量があるので、外出先から操作したい方におすすめです。

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
自炊を超えるクオリティの料理ができます
(40代前半・IT関係)

これを使えば、自炊とは思えないレベルの料理が簡単にできてしまいます。友人を家に呼ぶときにしようしていますが、自分で作ったと言っても信じてもらえないほどです。スマホ連動も便利で、外出先からも温度変更ができます。

商品詳細

【商品名】Anova Culinary
【メーカー】Anova
【価格】21,199円(税込)
【対応水量】不明
【消費電力】750W
【温度範囲】91℃
【スマホ連動】

商品を購入する

10位:低温調理器(TINTON LIFE)

こんな人におすすめ

✔︎とにかく手間をかけずに時短調理がしたい
✔︎耐久性の強いものがほしい

3Dサーキュレーションという独自の設計で15分で60℃まで水を熱することができるパワフルな低温調理器です。

  • 温度が±0.1℃で制御可能なので、火加減を細かく設定できる
  • 比較的手頃な値段かつ保証期間も1年間

といった特徴に加え、本体をネジで固定するタイプなので外れる心配なく自動調理を任せられます

◆ユーザーの口コミ

低温調理機 おすすめ
機能性はバッチリ
(20代前半・サービス業)

実際に使ってみたところ、本当に15分で60℃に到達、温度の誤差もほとんどありませんでした。硬くなりやすいお肉もやわらく仕上がり、機能性はバッチリです。ただ、取扱説明書がわかりにくいので注意が必要です。

商品詳細

【商品名】低温調理器
【メーカー】TINTON LIFE
【価格】オープン価格 / 参考価格:7,380円
【対応水量】不明
【消費電力】800W
【温度範囲】100℃
【スマホ連動】

商品を購入する

2. 自分に合った低温調理器の選び方

低温調理機 おすすめ

人気の商品は分かったけれど、できればあなたにぴったり合った低温調理器を選びたいですよね?

そこでこの章では、専門家に聞いた低温調理器の選び方をご紹介していきます。

低温調理器を選ぶときのポイント

①800W程度の商品を選ぶ
②スマホ連動できるものを選ぶ
③日本対応のコンセントを選ぶ

それぞれのポイントについて詳しくご説明していきますね。

①800W程度の商品を選ぶ

低温調理機 おすすめ

ご家庭で使用する低温調理機を購入する場合は、消費電力が800W程度のものを選ぶのがおすすめです。

低温調理機はパワーが高いものほど加熱スピードが早くなり、調理時間の時短になります。

ただしパワーが大きくなると本体の大きさや重さ、価格も増す傾向があるので、家庭料理の調理には十分な800W程度の商品を選びましょう

低温調理機 おすすめ
専門家からのアドバイス

家庭用では800Wあれば十分なことも多いのですが、大容量の調理をすることが多い場合は1000Wあるものを選ぶのがおすすめです

②スマホ連動できるものを選ぶ

低温調理機 おすすめ

最新式の商品の中には、スマホと連動して温度調節や時間調節が行えるモデルのものがあります。

スマホと連動させることができれば、外出先でも操作が可能であったり、鍋から離れて他の作業を行うことも可能です。

また、レシピを選ぶだけで自動で調理してくれる商品もあり、料理のレパートリーも広がります。

低温調理機 おすすめ
専門家からのアドバイス

対応の水量も一緒にチェックしましょう。

一般家庭用の場合…15Lほど
大人数の料理にも使用する場合…20Lほど


がおすすめです。

③日本対応のコンセントを選ぶ

低温調理機 おすすめ

低温調理器は海外製品が非常に多く、日本のプラグに対応しているか確認する必要があります。

海外の商品を購入する場合は、変換アダプターが付属しているのか、ご自身で購入する必要があるのかをよくチェックしてください

わざわざ変換アダプターを購入したり余計な出費をしたりしたくない人は、コンセントの種類を購入時に確認しましょう

低温調理機 おすすめ
専門家からのアドバイス

変換アダプターは500円以下でも購入できるので、出費が気にならない人は海外性も視野に入れてくださいね。

3. 低温調理器のよくあるQ&A

低温調理機 おすすめ

この章では低温調理器に関する2つの疑問についてお答えします。

Q1. 低温調理器で作るとおいしい料理は何?
Q2. 低温調理器のお手入れ方法は?

どちらも購入する前や使用する上で役立つ情報ばかりなので、ぜひご覧ください。

Q1.低温調理器で作るとおいしい料理は何?

低温調理機 おすすめ

低温調理機 おすすめ
専門家の回答

お肉料理がおすすめです!

低温調理器は、野菜や魚などのあらゆる食材に使用できますが、なかでもおすすめなのが肉料理です。

低温調理器を使用すれば、パサパサになりやすい鶏むね肉なども、しっとり柔らかく調理できます。

とくに、ローストビーフ、サラダチキン、ステーキは、初心者でも簡単に美味しく作れます。

Q2.低温調理器のお手入れ方法は?

低温調理機 おすすめ

低温調理機 おすすめ
専門家の回答

お湯で洗うと汚れが落ちやすく早く乾きます

低温調理器をの使用後は、都度洗って清潔にしましょう。洗浄の注意点は、液晶画面は水に濡らさないこと

液晶画面、プラスチックの上半身は、濡らして絞ったマイクロファイバーのような柔らかい布で拭くようにしてください。

4. まとめ

この記事では、ユーザー189名へのアンケートを基に低温調理機のおすすめ商品を10つ紹介しました。

また、専門家に取材した「自分に合った低温調理機の選び方」もご紹介しています。

あらためて低温調理器を選ぶ際のポイントをおさらいしましょう。

失敗しない低温調理器選びのポイント

①800W程度の商品を選ぶ
②スマホ連動できるものを選ぶ
③日本対応のコンセントを選ぶ

上記を踏まえながら、価格やデザインなど自分の好みに合った1台を手に入れてくださいね。

◆ 人気商品のおさらい

商品画像 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ 低温調理機 おすすめ
商品名 低温調理器 GLUDIA 低温調理器 低温調理器クッカー 低温調理器RZ-09 sous vide Felio Sousvide cooking  低温調理器RZ-08 Anova Culinary 低温調理器
メーカー BONIQ STYLUX OMorc Wancle Razorri AUKUYEE 富士商 Razorri Anova TINTON LIFE
価格 19,800円(税抜) 19,800円(税抜) オープン価格
参考価格:14,800円(税込)
オープン価格
参考価格:14,800円(税込)
オープン価格
参考価格:10,800円(税込)
オープン価格
参考価格:8,127円(税込)
18,000円(税抜) オープン価格
参考価格:7,980円(税込)
21,199円(税込) オープン価格
参考価格:7,380円(税込)
対応水量 5L〜15L 20Lまで 10L 15〜19L 20Lまで 不明 不明 不明 不明 不明
消費電力 最大800W 1200W 850W 850W 1100W 1000W 1000W 800W 750W 800W
温度範囲 5℃〜95℃ 95℃まで 25℃〜99℃ 99.9℃まで 99℃まで 99℃まで 95℃まで 90℃まで 91℃ 100℃
スマホ連動
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る