身近な筆記用具であるシャープペンですが、「グリップの太さ」「重量」「芯の太さ」などがさまざまあって、一体どれを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、

  • 日常的にシャーペンを使用している人352名へのアンケート調査
  • 個々の商品に関する編集部の独自調査

をもとに、シャープペンの人気ランキング10選を紹介します。

またあわせて、使用用途に合ったシャープペンを選ぶポイントも詳しく解説しているので、自分にぴったりの1本が見つかりますよ。

なお、この記事は「シャープペンの専門知識」について書道家に監修協力をしていただいています。※1  シャープペンのおすすめ人気ランキング10選」などの商品掲載箇所は除く)

ご協力いただいた監修者
書道家
大江静芳

書く楽しさを一人でも多くの人に届けたいという思いで、活動を続けています。 日々の創作活動はInstagramにて発信中。@__seiou__

大東文化大学書道学科卒業。学校や自身の書道教室で指導をする傍ら、書道パフォーマンス・オリジナル作品制作・企業への出張講座など幅広く活動中。

1. シャープペンのおすすめ人気ランキング10選

ここでは、シャープペンユーザー男女352名にアンケートを取り、数多くの商品からもっとも支持された10商品をランキング形式でご紹介します!

アンケートの詳細

【アンケート対象者】日常的にシャーペンを使用している人
【対象人数】352名
【調査期間】2019年11月6日~11月10日

◆ランキング一覧

商品画像
商品名 ドクターグリップ クルトガ アドバンス ドクターグリップ CL プレイボーダー エストゥエンティS20 モノ グラフワン クルトガ ローレットモデル クルトガ ハイグレードモデル デルガード LAMY シャープペンシル 2000 LAMY サファリ
メーカー パイロット 三菱鉛筆 パイロット パイロット トンボ 三菱鉛筆 三菱鉛筆 ゼブラ ラミー ラミー
価格 800円(税抜) 550円(税抜) 500円(税抜) 2,000円(税抜) 250円(税抜) 1,000円(税抜) 1,000円(税抜) 450円(税抜) 10,000円(税抜) 2,500円(税抜)
サイズ 最大径φ1.42cm、全長14.2cm 最大径φ 1.07cm、全長 14.3cm 最大径φ1.42cm、全長14.2cm 最大径φ1.06cm、全長14.6cm 最大径φ1.2cm、全長15cm 最大径φ1.29cm、全長14.62cm 最大径φ1.29cm、全長14.62cm 最大径φ1.03cm、全長13.73cm 最大径φ1.1cm、全長13.6cm 最大径φ1.1cm、全長14.2cm
芯の太さ 0.5mm 0.3mm、0.5mm、0.7mm 0.5mm 0.3mm、0.5mm 0.5mm 0.5mm 0.3mm、0.5mm 0.3mm、0.5mm、0.7mm 0.5mm 0.5mm
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

先に、シャープペンの選び方と専門家おすすめのシャープペンを知りたい方は、「2. 自分に合ったシャープペンの選び方」をご覧ください。

それでは、おすすめ人気10選の特徴と人気の理由をみていきましょう。

1位:ドクターグリップ(パイロット)

こんな人におすすめ!

✔︎長時間の筆記をしたい
✔︎太いグリップのシャープペンが欲しい

疲れにくいシャープペンを目指した、パイロットの「ドクターグリップ」

  • 人間工学に基づいた軸径を採用し、首・肩・腕の負担を軽減
  • 新開発の二重構造グリップによって、安定感のある握りを実現

といった特徴に加えて、軸径が最大1.42cmと太めなため、書きものが多い学生や長時間の筆記をする人におすすめです。

◆ユーザーの口コミ

鉛筆だこにならない
(40代・パート)

グリップ部分が柔らかいグミのような感触で、鉛筆だこになりません。長く使用していても疲れにくいシャープペンで、受験生の娘も愛用しています。

疲れにくいシャープペン
(20代・アルバイト)

私の愛用のシャープペン。ドクターグリップの特徴は、長時間の筆記でも他のシャープペンより疲れにくい点。グリップ部分が適度に柔らかく、握りやすいです。

太いグリップが特徴
(30代・パート)

主人が使いやすいと言っていたので、仕事用に使っています。普段、使用しているシャープペンよりも太いので「使いにくいかな?」と思っていましたが、使い心地が良くてビックリ。長時間、文字を書いても疲れません。

商品詳細

【商品名】ドクターグリップ
【メーカー】パイロット
【価格】800円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.42cm、全長14.2cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

2位:クルトガ アドバンス(三菱鉛筆)

こんな人におすすめ!

✔︎ノート書きが多い
✔︎見やすくキレイな文字を書きたい

いつも・ずっとキレイな文字を目指したい人の強い味方が、三菱鉛筆の「クルトガ アドバンス」

  • Wスピードエンジンと独自の金属パーツによって、均一な描線幅・一定の濃度で文字が書ける
  • 芯折れ防止機構を採用し、1ノックで継続的な筆記可能

といった特徴によって、狭いスペースにもキレイな文字が書けるため、見やすいノート作りを目指したい人にもおすすめです。

◆ユーザーの口コミ

均一な芯幅をキープできる
(30代・パート)

クルトガならではの芯の回転のおかげで、片減りがなく常に一定の芯幅になるところが書き心地に影響しています。クルトガ以外の一般的なシャープペンと比較すると、その書き心地の違いを実感しました。

スッキリと整った文字
(30代・会社員)

芯の回転速度が上がり、文字の幅が一定で太くなりません。線幅に乱れがなくスッキリとした仕上がりです。実用性重視なら、「クルトガ アドバンス」がおすすめです。

文字の濃淡が一定
(40代・自営業)

「クルトガ アドバンス」は、書き位置が同じでも濃淡がほとんど変わりません。つまり、芯の削れ具合を気にせず、同じ持ち方、同じ力で書くことができます。
書き終わった後に俯瞰してみると、濃淡が一定なのでキレイに文字が書けていると感じられます。

商品詳細

【商品名】クルトガ アドバンス
【メーカー】三菱鉛筆
【価格】550円(税抜)
【サイズ】最大径φ 1.07cm、全長 14.3cm
【芯の太さ】0.3mm、0.5mm、0.7mm

公式サイトを見る

3位:ドクターグリップ CL プレイボーダー(パイロット)

こんな人におすすめ!

✔︎握りやすいシャープペンが欲しい
✔︎気分に合わせてデザインを変えたい

カラフルなデザインが楽しめるパイロットの「ドクターグリップ CL プレイボーダー」

  • ノンクリック式の芯繰り出し「フレフレ機能」
  • グリップ部分のカスタマイズが可能

といった特徴があるので、オリジナルのデザインで自分だけのシャープペンが欲しい人にもおすすめです。

◆ユーザーの口コミ

重さと太さが絶妙!
(20代・大学生)

適度な重みと軸の太さがちょうど良くて書きやすいです。筆圧が強めですが、芯も折れずに使えます。

想像以上に可愛い
(20代・パート)

グリップ部分のカラーが、想像以上に可愛いです。また、シャープペン上部の本体にお気に入りのイラストを入れることもでき、忙しい時に癒されます。

中学生にもおすすめ
(40代・主婦)

子供が使う筆記用具として購入。グリップ部分が握りやすく、長い時間使用していても疲れにくいと高評価です。

商品詳細

【商品名】ドクターグリップ CL プレイボーダー
【メーカー】パイロット
【価格】500円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.42cm、全長14.2cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

4位: エストゥエンティS20(パイロット)

こんな人におすすめ!

✔︎製図が書きたい
✔︎おしゃれな木軸シャープペンが欲しい

緻密な木肌が特徴の樺材を使用した、パイロットの製図用シャープペン「エストゥエンティS20」

  • 4mmのガイドパイプで筆記時の視界を確保できる
  • 低重心と製図に握りやすいよう計算された形状

といった特徴から、製図や細かな線を描くお仕事の人や、グラフ作成が多い理系学生にもおすすめです。

◆ユーザーの口コミ

絵描きにも最適
(50代・主婦)

非常クオリティの高いシャープペンです。主にラフスケッチなどで使用しています。重さが程よくあり、また鉛筆の直径に近いので鉛筆デッサンをしている私の手にも馴染んでいます。

グラフや図形を書きやすい
(30代・会社員)

製図用なので、ガイドパイプが一般的なシャープペンよりも長くなっていて、ペン先の視界が良いです。図形やグラフを描く際に、とても使いやすいです。

おしゃれな木目調が印象的
(40代・会社員)

緻密な木肌が特徴の樺材を使用しているので、長く使うほどに艶と深みが増しています。とてもおしゃれな木軸のシャープペンなので、贈り物としても最適ですね。

商品詳細

【商品名】エストゥエンティS20
【メーカー】パイロット
【価格】2,000円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.06cm、全長14.6cm
【芯の太さ】0.3mm、0.5mm

公式サイトを見る

5位:モノ グラフワン(トンボ)

こんな人におすすめ!

✔︎安定感のある筆記をしたい
✔︎「書く」と「消す」を両立したい

文字を楽に消せる消しゴムと安定感のあるペン先が一体となった、トンボのシャープペン「モノ グラフワン」

  • 消字力の高い「モノワン」消しゴムで一文字から確実に消せる
  • 固定パイプ式ペン先でぶれにくく安定した筆記が可能

といった特徴に加え、グリップ部分のサイドノックで持ち替えずに芯出しができるので、集中して筆記することができます。

◆ユーザーの口コミ

使い勝手が良いシャープペン
(20代・会社員)

消字力に優れた天下のMONO消しゴムを、いつでも使えるのが嬉しい。また、グリップ部分のサイドノックボタンは筆記中に邪魔になりにくいなだらかな形状な上に、ノックした時に適度な固さがあるので快適です。

書くと消すのバランスが良い
(50代・公務員)

一文字からサッと楽に消せるMONO消しゴムを50mmも搭載しているので、とても実用的。また、ペン軸の太さの変化が絶妙で、とても書きやすいです。

手が大きい人にもおすすめ
(30代・会社員)

グリップ部分が太目で下方に広がっているので、手が大きい人は握りやすく感じると思います。また、搭載しているMONO消しゴムが繰り出し式なので、好みの長さに調節できて使い勝手が良いです。

商品詳細

【商品名】モノ グラフワン
【メーカー】トンボ
【価格】250円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.2cm、全長15cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

6位:クルトガ ローレットモデル(三菱鉛筆)

こんな人におすすめ!

✔︎滑りにくいシャープペンが欲しい
✔︎見直ししやすい文字・ノート作りをしたい

シリーズの中でも、筆記中の滑りにくさを求めたものが「クルトガ ローレットモデル」です。

  • ギザギザのローレット加工で滑りにくいグリップ
  • 書く度に芯先が回転して円錐形になるため、常に一定の太さ・濃さが保てる

といった特徴によって、長い時間筆記していても滑りにくく、さらにムラのない見やすい文字を書くことができます。

◆ユーザーの口コミ

滑りにくい
(30代・自営業)

「クルトガ」シリーズの中で一番滑りにくく、最小の力で握ることができています。また、プラスチック製よりも重量が少しあり低重心のため、使いやすいです。

初めてのクルトガ
(40代・パート)

「クルトガ」を初めて購入。書き続けていても文字の太さが変わらないのに驚きました。さらに、ローレット加工のおかげでグリップが滑りにくく重心が下向きなので非常に書きやすいです。

筆記試験対策用
(20代・大学生)

書く度に芯が少しずつ回転し円錐形に摩耗していくので、細かい文字が書きやすいです。また、重心が下にあり、ローレット加工グリップで安定した筆記ができます。

商品詳細

【商品名】クルトガ ローレットモデル
【メーカー】三菱鉛筆
【価格】1,000円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.29cm、全長14.62cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

7位:クルトガ ハイグレードモデル(三菱鉛筆)

こんな人におすすめ!

✔︎上質感のあるシャープペンが欲しい
✔︎手帳などの狭いスペースに文字をよく書く

三菱鉛筆が手掛けるクルトガシリーズの中でも、書き心地だけでなく見た目にもこだわった「クルトガ ハイグレードモデル」

  • ウェーブ状に加工された手に馴染むグリップ
  • 常に芯先が尖っているため、くっきりした文字をキープ

といった特徴によって、書くスペースに左右されず安定した筆記感を実現しています。

◆ユーザーの口コミ

高級感と心地の良い触感
(30代・会社員)

「ハイグレードモデル」は握った時の触感が非常に良い。金属ならではの程よい重さが書き心地をさらに良くしています。また、他の「クルトガ」と比較すると、落ち着いた高級感のある仕上がりになっていると思います。

ノートがすっきりまとまる
(20代・大学生)

書く度に芯がクルクルと回り、常に芯先を尖らせることができるシャープペン。いつも細かい字が書け、統一感のあるスッキリとしたノート作りができます。

ハイグレード版
(20代・アルバイト)

「クルトガ」のハイグレードモデルに位置づけられ、ウェーブ状に加工されたアルミボディが高級感を醸し出しています。また、剛性があるので細い芯先でもぶれにくい印象です。

商品詳細

【商品名】クルトガ ハイグレードモデル
【メーカー】三菱鉛筆
【価格】1,000円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.29cm、全長14.62cm
【芯の太さ】0.3mm、0.5mm

公式サイトを見る

8位:デルガード(ゼブラ)

こんな人におすすめ!

✔︎集中して筆記したい
✔︎強い筆圧に耐えられるシャープペンが欲しい

芯が折れる・詰まるといった心配から解放してくれる、ゼブラのシャープペン「デルガード」

  • あらゆる角度からの筆圧から芯を守る
  • ペン軸内に芯を誘導するパーツが装備され、短い芯も詰まる心配がない

といった特徴によって、試験などの大事なシーンでも筆記に集中することができます。

◆ユーザーの口コミ

芯が折れない
(20代・パート)

筆圧が強い人が気にせず使っても、まず芯が折れる心配はありません。また、1年以上使用していても機能が落ちず、筆記中に芯折れしていません。気に入っているので、リピート買いしています。

無駄なく芯を使える
(30代・会社員)

芯折れせず芯詰まりもないため、無駄なく使い切ることができます。2年弱使用していても、一切問題が起きていません。

快適な書き心地
(40代・会社員)

普段、筆圧が高いため手が痛くなっていましたが、この「デルガード」は垂直方向には圧力を吸収してくれるので手が痛くなりにくいです。芯も折れないので、快適な書き心地です。

商品詳細

【商品名】デルガード
【メーカー】ゼブラ
【価格】450円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.03cm、全長13.73cm
【芯の太さ】0.3mm、0.5mm、0.7mm

公式サイトを見る

9位:LAMY シャープペンシル 2000(ラミー)

こんな人におすすめ!

✔︎おしゃれなシャープペンが欲しい
✔︎手の大きさを選ばないタイプが欲しい

まるでひと繋がりのような流線ボディが印象的な、ドイツのラミー社が手掛ける「LAMY シャープペンシル 2000」

  • ペン先からノックボタンまでひと繋がりのボディライン
  • 計算されたグリップの太さと握りやすい重さ

といった特徴によって、性別問わず多くの人に愛用されているシャープペンです。

◆ユーザーの口コミ

さり気ないおしゃれ
(20代・会社員)

バウハウスの影響を受けたゲルト・アルフレッド・ミュラーの手によるデザインは、必要最低限なシンプルさと控えめな高級感が特徴です。さり気ないおしゃれを楽しめるシャープペンですね。

素晴らしいデザイン
(30代・会社員)

まるで木のような質感を醸し出しているボディ。磨き上げられた樹脂が使用され、その表面にはヘアライン加工が施していることで、デザイン的な美しさと滑りにくさを実現しています。

大きい手でも握りやすい
(50代・会社員)

私の手は他の人よりも大きいのですが、このシャープペンで筆記していても疲れません。その理由が、握り込むグリップ部分がなだらかに膨らんでいるためです。

商品詳細

【商品名】LAMY シャープペンシル 2000
【メーカー】ラミー
【価格】10,000円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.1cm、全長13.6cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

10位:LAMY サファリ(ラミー)

こんな人におすすめ!

✔︎正しい持ち方をしたい
✔︎ポップなカラー使いのシャーペンが欲しい

ドイツのラミー社が手掛けた商品の中でも、高いデザイン性と日常使いを両立させたシャープペン「LAMY サファリ」

  • 人間工学に基づいたグリップデザイン
  • クセのないポップなカラー使い

といった特徴によって、おしゃれでありながら誰もが自然に正しくペンを握ることができるよう設計されたアイテムです。

◆ユーザーの口コミ

長時間の筆記にもおすすめ
(20代・大学生)

12時間の受験勉強でも、手が痛くなったり親指の付け根が痛くなったりすることがありません。本当に疲れず、書き味も良いので気分よく勉強ができています。

ビジネスシーンでも活躍
(30代・会社員)

シャープペンとしてちょうど良い太さとグリップ部分の凹みで、持ちやすくなっています。疲れにくいので、仕事中にも重宝しています。

シンプルさが光るシャープペン
(40代・会社員)

余計な付加機能は一切なく、とてもシンプルなシャープペン。非常によく考えられたデザインのため、握りやすく書きやすくなっています。高いデザイン性と使い勝手の良さが一体となったシャープペンだと思います。

商品詳細

【商品名】LAMY サファリ
【メーカー】ラミー
【価格】2,500円(税抜)
【サイズ】最大径φ1.1cm、全長14.2cm
【芯の太さ】0.5mm

公式サイトを見る

2. 自分に合ったシャープペンの選び方

ここでは、文房具の専門家に取材を行ない、自分に合ったシャープペンを選ぶ際の4つのポイントを解説しています。

シャープペンを選ぶ4つのポイント

①持ち運びに最適なのは「軸径1.3cm以下」のペン軸、「長さ13cm程度」

②筆記量が多い人は「重量約15g以上」、または「軸径1.3cm以上」

③手の大きい人には「軸径1.3cm以上」

④学生には「0.3mm~0.5mmの細い芯」&「常に芯が尖るタイプ」

また、上記基準から専門家おすすめの商品も教えていただきました。

専門家からのコメント

私がおすすめするのは、

・シャープペン万年CILキャップ式(ぺんてる)
クルトガ シリーズ(三菱鉛筆)


の2種類のシャープペンです。

シャープペン万年CILキャップ式」は軸径1.2cm・重さ22gなので疲れにくく、長さは12.5cmと短めなので携帯用としておすすめです。

また、三菱鉛筆の「クルトガ シリーズ」の最大の特徴は、内蔵された3つのギアによって、書くたびに芯が回転し円錐形に摩耗していくこと。

そのため、常に芯が尖った状態をキープできるので、ノート書きや手帳などにおすすめです。

持ち運びに最適なのは「軸径1.3cm以下」のペン軸、「長さ13cm程度」

携帯のしやすさを重視したい場合は、「軸径」や「長さ」をチェックしましょう。

軸径の基準は「1.3cm以下」。これより太いと手が小さい人は握りにくさを感じてしまいますし、さらに手帳のペンホルダーに入らない可能性もあります。

また、シャープペンの長さは「13cm程度」がおすすめ。13cm~15cmほどの最もコンパクトな手帳にも収めることができます。

専門家からのアドバイス

持ち歩き重視の場合、シャーペンが細身(軸径1.3cm以下)のもので、お持ちの手帳に収まるサイズがおすすめです。

筆記量が多い人は「重量約15g以上」、または「軸径1.3cm以上」

文字を書くことが多い場合には、「やや重みがあるもの」「軸径が太めなもの」がおすすめ。

「重さが約15g以上」あるシャープペンは、ペン自体の重さが手に掛かってペン軸が安定し、握り込まずにゆったりと持つことができます。

ただ、重さが気になってしまう場合は「軸径1.3cm以上」の太いグリップを選びましょう。太さがあることで、握り込みにくくなりますよ。

専門家からのアドバイス

疲れにくいシャーペンを選ぶ際には、「重さ」や「軸径」をチェックしましょう。

細くて軽い方が疲れにくいイメージがあるかもしれませんが、実は安定感がなく握り込んでしまい、疲れやすくなってしまいます。

そのため、「重さが約15g以上」、または「軸径1.3cm以上」の太いグリップのシャープペンがおすすめです。

手の大きい人には「軸径1.3cm以上」

手が比較的大きい人は、「軸径が1.3cm以上」のシャープペンを選ぶようにしましょう。

これより細いシャープペンだと、筆記中に握り込みやすくなるため、疲れやすくなってしまいます

一方で、小さい手の人の場合、シャープペンの軸径は用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

専門家からのアドバイス

手が大きい人は、「軸径が1.3cm以上」のもの。手が小さい人は、どの軸径のサイズでもOK。好みの用途に合わせて選ぶのおすすめです。

学生には「0.3mm~0.5mmの細い芯」&「常に芯が尖るタイプ」

ノートをとることが多い学生の場合、「0.3mm~0.5mmの細い芯」で、さらに「常に芯が尖るタイプ」のシャープペンが向いています。

常に一定の濃さと細さで文字を書くことができるので、見やすいノート作りをしたい受験生にもおすすめです。

3. シャープペンのよくあるQ&A

この章では、シャープペンに関するよくある3つの疑問について専門家がお答えします。

どちらも参考になる情報なので、気になる質問から確認してくださいね。

Q1. ペンだこを防ぐには?

専門家の回答

グリップの素材を「ゴム」や「ラバー」にすると良いです。

ペンだこが出来てしまう原因は、皮下に骨などの硬いものがある部位にペンの圧力が掛かってしまうこと。

また、ペンだこの症状は皮膚や皮下の組織が硬く盛り上がるものですが、長時間のペンによる圧力が掛かることで炎症や出血が起きてしまうおそれもあります。

ペンだこを防ぎたい場合には、握る部分を柔らかい素材(ゴムやラバー)にするのがおすすめです。

Q2. 芯が引っ込んでしまうのはどうして?

専門家の回答

芯が短い、あるいはチャックの固定力不足が原因です。

シャープペンは、先端パイプとチャック(芯を送り出す)とが離れている構造になっています。

そのため、芯が短くなってチャックに引っ掛からなくなると、芯が引っ込んでしまいます。

また、長い芯でも引っ込んでしまう場合には、チャックの固定力が低下してる可能性があります。

チャック内面に芯かすが付いていると固定力が落ちてしまうので、一度ご自身のシャープペンをチェックしてみましょう。

Q3. 上向きノックで芯が出てこない場合は?

 

専門家の回答

芯の繰り出し機構部に芯が行かないことが理由です。

シャープペンは、芯タンクに入れた予備の芯の重力によって繰り出し機構部に芯が供給され、ノックすると先端から芯が出てくる仕組みになっています。

そのため、上向きでノックしても機構部に芯が行かないため、芯は出てきません。

ただ、先端部分に芯が残っている場合には、上向きノックでも芯が出てきますよ。

4. まとめ

今回の記事では、ユーザー352名にアンケートを取り「人気のおすすめシャープペン10選」を紹介しました。

自分にぴったり合うシャーペンを選ぶ時のポイントを再度確認しましょう。

シャープペンを選ぶ4つのポイント

①持ち運びに最適なのは「軸径1.3cm以下」のペン軸、「長さ13cm程度」

②筆記量が多い人は「重量約15g以上」、または「軸径1.3cm以上」

③手の大きい人には「軸径1.3cm以上」

④学生には「0.3mm~0.5mmの細い芯」&「常に芯が尖るタイプ」

使用用途や自分の手に合ったシャープペンを使うことで、長い時間でも集中して文字を書くことができ、さらにスッキリとした見やすい文字を書けるようになります。

専門家にご紹介いただいた選び方を参考に、自分にぴったり合ったシャープペンを見つけてくださいね

◆人気商品のおさらい

商品画像
商品名 ドクターグリップ クルトガ アドバンス ドクターグリップ CL プレイボーダー エストゥエンティS20 モノ グラフワン クルトガ ローレットモデル クルトガ ハイグレードモデル デルガード LAMY シャープペンシル 2000 LAMY サファリ
メーカー パイロット 三菱鉛筆 パイロット パイロット トンボ 三菱鉛筆 三菱鉛筆 ゼブラ ラミー ラミー
価格 800円(税抜) 550円(税抜) 500円(税抜) 2,000円(税抜) 250円(税抜) 1,000円(税抜) 1,000円(税抜) 450円(税抜) 10,000円(税抜) 2,500円(税抜)
サイズ 最大径φ1.42cm、全長14.2cm 最大径φ 1.07cm、全長 14.3cm 最大径φ1.42cm、全長14.2cm 最大径φ1.06cm、全長14.6cm 最大径φ1.2cm、全長15cm 最大径φ1.29cm、全長14.62cm 最大径φ1.29cm、全長14.62cm 最大径φ1.03cm、全長13.73cm 最大径φ1.1cm、全長13.6cm 最大径φ1.1cm、全長14.2cm
芯の太さ 0.5mm 0.3mm、0.5mm、0.7mm 0.5mm 0.3mm、0.5mm 0.5mm 0.5mm 0.3mm、0.5mm 0.3mm、0.5mm、0.7mm 0.5mm 0.5mm
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る