「カスタムライフ MEET UP」は、ナビゲーターの“渡部建”が、“旬”なゲストに活動やライフスタイル、お買い物のこだわりをインタビューするラジオ番組です。

今週は、ヒップホップ・クルー、KANDYTOWNから
Ryohuさん、MUDさん、Gottzさんをお迎えしました!

▼KANDYTOWNは、東京出身の幼馴染たちで結成されたラッパー・DJ・ビートメイカー・エンジニア・フィルムディレクターなどを含む総勢16人のヒップホップ・クルー!
2016年に1stアルバム『KANDYTOWN』をリリースし、クルーの活動と並行してそれぞれのソロ作品もリリースしたのち、再び16名が集結!
3年振りとなる2ndアルバム『ADVISORY』が10月23日にリリースされました。
 

渡部さん

総勢16人!そもそも幼馴染なんですね?

Ryohuさん

もう10代から知ってるやつがほとんどですね。

渡部さん

歳は、ばらばらですか?

Ryohuさん

ばらばらですね。僕とGottzで2コ離れてます。

渡部さん

学生時代からみんなで集まって遊んでた感じですか?

MUDさん

そうっすね、サイファーしたりして遊んでたんで、曲作りは遊びの延長でしたね。

渡部さん

誰がこのぐらいの人数でやろうって言ったの?

Ryohuさん

なんだろうね?
でも、Gottzは「YaBasta」っていうクルーにいて、MUDはソロでやってて、俺は「BANKROLL」っていうのにいて…

渡部さん

みんなそれぞれでやってたんですね。

Gottzさん

厳密にいうと地元は全員違くて、世田谷エリアなんすけど、駅が違ったり、学校が同じでも学年はまちまちだったり。
私立に行ってるメンバーもいて、そこはそこで地元ともつながってて…

渡部さん

で、なんとなくみんなで集まって、みたいな?

Gottzさん

そうそう。

渡部さん

ヒップホップっていう音楽のジャンルは?

Gottzさん

Ryohuくんに出会った頃は俺ももうラップしてたんで。

渡部さん

Ryohuくんも、もともとラップしてたの?

Ryohuさん

小学校高学年とかでヒップホップ聴き始めて、中学に入ってからラップってものをやってみようと思って。

渡部さん

で、はじめて、なんとなくみんな集まってって感じですか?

Ryohuさん

そうですね、ヒップホップ好きが集まったって感じですね。

渡部さん

そんなKANDYTOWNですが、ここ数年の日本のヒップホップの取り巻く環境ってどうですか?

Gottzさん

かなり変わってるし、やっぱり若い子とかがホントにクラブに来るようになってると思うし、ライブの現場も若いお客さんが多いし、みんな元気で…

渡部さん

元気で?(笑)
確かに、なんかこう、ヒップホップのクラブ箱に、若者が戻ってきてるっていいますけど、その辺実感ありますか?

MUDさん

ありますね。自分たちはCDを買ってヒップホップを聴いてたんですけど、みんなもう携帯で新しい曲ガンガン聴いてるんで、それをDJがいかにうまく流すかっていうのをみんな聴きに行ってるんだと思うんですけどね。

渡部さん

なるほどね。ま、正しい健全な形ですよね。
で、これだけ多様化してる中、日本のヒップホップの中でKANDYTOWNの立ち位置ってどういう風に認識してますか?

Ryohuさん

まぁ、もう若くはないけど、すごい上でもなく、でもこの大所帯のクルーっていうのは、たぶん一番多いクルーだと思うんですけど、それがソロでそれぞれリリースして、各地でライブしてるっていうのは、他の日本のアーティストにはなかなかいないんじゃないかなと思います。

渡部さん

確かに!それこそ今回アルバム3年ぶりですけど、16人いるとどうやって楽曲制作するんですか?

Ryohuさん

基本的に俺だったり、Neetzっていうトラックメーカーが、ラップもやるんですけど、そいつが一番KYANDYのビートになってるやつで、もうそこ待ちです。

渡部さん

じゃあ、ビートが出来たら次の作業は?

Gottzさん

例えば、NeetzとかRyohuくんが、ビートを投げてきた時に、この曲はこのメンバーにやってほしいっていうのがあったりなかったりするんですよ。やりたい人いたらどうぞ、みたいな。挙手制で(笑)

渡部さん

面白いね、自主参加スタイルなのね(笑)

Gottzさん

その時やる気があるやつが曲書いて、携帯のボイスメモでもいいし、家に録音環境があるメンバーも何人かいるんで、そういう人の家で軽くプリプロみたいの録って、それをメンバーで共有して、みたいな。

渡部さん

じゃあ、すごい参加したがる人は、いっぱい色んな曲に参加できるってことですか?

Gottzさん

でもまあ、それが全部通るとは限らないんですけど(笑)

渡部さん

そこで淘汰もあるんだ(笑)おまえ今回ダメだな、みたいな?

Gottzさん

そうっすね(笑)

渡部さん

それもすごい面白いですねー(笑)

そんなKANDYTOWNの3人が、最近買ってよかったものは?

渡部さん

最近買ってよかったもの、MUDさん、なんかあります?

MUDさん

ダブルベッド!ですね。

渡部さん

おー!なぜこのタイミングで?

MUDさん

まぁ、引っ越したんですけど、ずっと布団で寝てたんで、ベッドを楽しみたいなと思って。

渡部さん

布団からいきなりダブルベッド!ヒップホップですね~(笑)

MUDさん

(笑)

渡部さん

選ぶポイントとかありました?

MUDさん

部屋をウッド調にしたくて、ウッドカラーっていうのと、シングル、セミダブルとか色々あったんですけど、男ならダブルだろうと(笑)

渡部さん

(笑)
結構厳選するタイプですか?

MUDさん

もういいなと思って速攻買いましたね!

渡部さん

いいですね~。
Gottzさんはいかがですか?

Gottzさん

自分はもうウイニングイレブンっていうゲームなんですけど(笑)

渡部さん

今日もゲームのシャツ着てますもんね(笑)
もうシリーズずっと買ってる感じですか?

Gottzさん

そう!もう毎年買ってて、新しいの出ると去年のはもうやりたくなくなっちゃうんですよ。
サッカー、チェックしてるんで、やっぱ新しいスターが出てくるとそいつを使いたくて。今年のだとそいつが強くなってるじゃないですか。そういうのが面白いですね~。

渡部さん

じゃあ今、めちゃくちゃ遊んでる感じですか?

Gottzさん

いや、でも今、KYANDYTOWNの稼働が色々あって、なかなか出来てないんですよね(笑)

渡部さん

ウイニングイレブンに集中したい時だけど?(笑)

Gottzさん

そうなんですよね~、ホントに(笑)

渡部さん

Ryohuさんは、これまでになにか印象に残る買い物とか、人生を変わったな、みたいな買い物ってあります?

Ryohuさん

ホントつい最近、結婚式を挙げまして。

渡部さん

あら!おめでとうございます!
何を買ったんですか?

Ryohuさん

もちろん結婚指輪!

渡部さん

やった!うわー!
これは、婚約指輪を買って結婚指輪って感じですか?

Ryohuさん

そうです、そうです!

渡部さん

なかなかのお値段のやつ?

Ryohuさん

いやホント、はじめて知りました。

渡部さん

こんなたけーんだ、みたいな?(笑)
どこの買ったとかって言えます?

Ryohuさん

婚約指輪はやっぱりティファニーだろ!と、二子玉川の高島屋にひとりで行って…

渡部さん

へー!(笑)
でもホント値段もピンキリでしょ?

Ryohuさん

そうですね。なんか場違いかと思いました。
あ、こんな感じなんだ、みたいな。でもちょっと装いながら、俺は全然慣れてるよー、みたいな(笑)

Gottzさん

慣れてんのもちょっとおかしいでしょ(笑)

渡部さん

じゃあそこで思い切って買って?
人生の中でもおっきな買い物ですよね~。

Ryohuさん

ホントそうですね。

渡部さん

奥さん喜んでくれました?

Ryohuさん

いや、もちろんですよ!

渡部さん

どうやって選んだんですか?予算からですか?ブランド?

Ryohuさん

予算ももちろんですけど、婚約指輪はティファニーがいいなと思って。
なんとなくの予算感はありつつ、実際見てこれが喜んでもらえるんじゃないかと。

渡部さん

なんとなくの予算感のちょっと上すすめられなかった?
大丈夫だった?

Ryohuさん

そこはもうヒップホップを出していくんで(笑)

渡部さん

俺、ここまでだと?(笑)

Ryohuさん

決まってっから、と。

渡部さん

なるほどね(笑)
いや、ご結婚おめでとうございます!

Ryohuさん

ありがとうございます!

KANDYTOWNからのお知らせ!

KANDYTOWNの2ndアルバム『ADVISORY』が10月23日にリリースされました!(初回限定盤には、O-EASTにて開催されたワンマンライブの模様をおさめたDVDとスペシャルフォトブックが付属)

11月からはリリースツアー、ADVISORY TOUR ’19が、東京・大阪で開催!
東京公演は、11月3日@Zepp Diver City

詳しくは公式サイトをチェック!
https://wmg.jp/kandytown/

CUSTOMLIFE MEET UP、次週は・・・

Sexy Zoneの菊池風磨さんをお迎えします!