自宅で使う電気ケトルを買おうと思っても、

「安いものは性能があまりよくないかも」
「大きすぎずに必要な分だけお湯が沸かせるものがいいな…」

などのように、最初の1台をどのように選んだらよいかが分からないことがあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • ユーザー328名のアンケート調査
  • 個々の商品に関する編集部の独自調査

これらをもとに、おすすめ電気ケトル10選をご紹介します。

また、専門家おすすめの電気ケトルの選び方も合わせてご紹介しています。

なおこの記事は「電気ケトルの専門知識」に関して料理の専門家に監修協力をして頂いております。※「1.電気ケトルのおすすめ人気ランキング10選」などの商品掲載箇所は除く

電気ケトル おすすめ
この記事の監修者
管理栄養士・フードスペシャリスト
前田 由加

大人ごはん+5分で出来る離乳食&幼児食作りアドバイザー

食品メーカーに勤務後、企業での栄養相談、料理教室アシスタント等を経てフリーランスに。
お子様連れOK!の離乳食&幼児食を中心に親子向け料理教室Kitchen QPを開催する他、レシピ開発、執筆、栄養相談などを行う。

1. 電気ケトルおすすめ人気ランキング10選

電気ケトル おすすめ

ここでは、電気ケトルを使用している人328名にアンケートを実施し、数ある製品の中から、人気が高い電気ケトルをランキング形式でご紹介します!

アンケートの詳細

【アンケート対象者】実際に電気ケトルを使用している人
【対象人数】328名
【調査期間】2019年11月7日~11月10日

◆ ランキング一覧

商品画像 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ
商品名 Justine+Lock BALMUDA The Pot 象印マホービンCK-AW08 APRECIA+ BF805170 ウォッシャブル  KO8001JP 温調ドリップケトル・アクティ VEK-10-K ONL-K01 わく子 PCJ-A081 アイコナ KBOE1200JGY アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J
メーカー ティファール バルミューダ 象印 ティファール ティファール ビタントニオ 阪和 タイガー デロンギ デロンギ
価格 7,000円(税抜) 11,000円(税抜) 14,000円(税抜) 8,050円(税抜) 12,500円(税抜) 12,960円 6,700円(税抜) 5,382円(税抜) 9,250円(税込) 9,800円(税抜)
容量 1.0L 0.6L 0.8L 0.8L 0.8L 0.8L 1.2L 0.8L 1.0L 1.0L
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

まず、自分のライフスタイルに合った電気ケトルの選び方を知りたい方は「2. 自分に合った電気ケトルの選び方」を参照ください。

それでは、実際の商品を見ていきましょう。

1位:Justine+Lock(ティファール)

こんな人におすすめ!

✔︎小さい子供やお年寄りがいる家庭
✔︎細かい部分まで清潔にしたい

T-falの「Justine+Lock」は、大容量の1.0Lサイズで、最大でカップ約7杯まで沸かせます。

  • 転倒お湯もれロック機能
  • 給水口が広くフタの取り外しが可能

といった特徴があるので、お湯が注ぎやすく掃除がしやすい作りになっています。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
多くの人に選ばれているジャスティンシリーズのケトル
(30代・主婦)

T-falの電気ケトルは、短時間でお湯が沸かせるから便利だと思って購入しました。お湯を早く沸かせられるため、忙しい朝などにもぴったりです。本体の材質がプラスチック製のため、沸騰の際に比較的熱くなりにくいと思います。また、蓋の間口が広くて取り外しができますので、お手入れがしやすくケトルの内側も衛生的に保てます。

商品詳細

【商品名】Justine+Lock
【メーカー】ティファール
【価格】7,000円(税抜)
買える場所】公式サイト
【容量】1.0L

2位:BALMUDA The Pot K02A(バルミューダ)

こんな人におすすめ!

✔︎とにかくデザインにこだわりたい
✔︎小さいサイズのカップや1人分湯沸かしに使うことが多い

「BALMUDA The Pot」は、600mlの容量で1人でコーヒーやお茶を飲むのにちょうどよいサイズの電気ケトルです

  • コンパクトなサイズで収納スペースをとらない
  • 注ぎやすいデザインの設計でハンドルが手になじみやすい

といった特徴に加え、湯切れよいノズルを設計になっています。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
小さくて美しい電気ケトル
(30代後半・サービス業)

とにかくデザインが素敵でオシャレなので好きです。注ぎ口が細くて、コーヒーやお茶を淹れるときにとても便利です。ケトルの表面処理は家電としては充分に高級感を感じるものです。ケトルの内側に水量リミットを示すラインが入っていますが、これが少し見にくい位置にあるところが難点です。

商品詳細

【商品名】「BALMUDA The Pot」K02A
【メーカー】バルミューダ
【価格】11,000円(税抜)
買える場所公式サイト
【容量】0.6L

3位:象印マホービンCK-AW08(象印)

こんな人におすすめ!

✔︎家事に忙しく、お湯が湧いたことがわかりやすいものが良い
✔︎キッチンが狭いのでキッチンから遠くに置きたい

「象印マホービン CK-AW08」は、国内の有名メーカーらしく多彩な機能が付いている電気ケトルです。

  • メロディー / サイレントの切り替え式
  • 「蒸気レス構造」「レバー式湯量調節」「1.5mロングコード」

といった特徴があるので、キッチン以外でも使いやすい設計になっています。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
置き場所を選ばない「蒸気レス構造」
(30代・公務員)

安心の国内メーカー製ということと、万が一倒してもこぼれる心配が少ないことで選びました。お湯がこぼれにくいと安心感があります。自動給油ロックが付きで子供がいるので助かります。1時間の保温機能(要選択)とコードが1.5メートルで置き場所に困らない点、そしてシンプルなデザインと機能性で選びました。お茶の成分を引き出す機能も魅力的です。

商品詳細

【商品名】象印マホービンCK-AW08
【メーカー】象印
【価格】14,000円(税抜)
買える場所公式サイト
【内容量】0.8L

4位:APRECIA+ BF805170(ティファール)

こんな人におすすめ!

✔︎場所をとらないコンパクトなものがほしい
✔︎とにかく早く沸騰するものがほしい

「APRECIA+」は、満水でも約4分10秒でお湯が高沸騰が特徴です。

  • 湯切れの良い注ぎ口やほこりを防ぐ注ぎ口カバー
  • 沸騰後は自動電源オフ機能が働くので電気代の節約になる

といった特徴に加え、電気ケトルの中でもコンパクトで使いやすい1台です。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
片手でラクラク、軽くてコンパクトな電気ケトル
(20代後半・IT企業)

ティファールは人気のある大手のメーカーで、安心感があるので選びました。独り暮しにちょうどいいサイズと容量が気に入りました。デザインも丸みが可愛いです。コンパクトで台所に置いていても邪魔にならず、狭い家にはピッタリです。ホコリ侵入防止機能があり衛生的に使えるところも、さすがのティファールですね。

商品詳細

【商品名】APRECIA+ BF805170
【メーカー】ティファール
【価格】8,050円(税抜)
買える場所公式サイト
【容量】0.8L

5位:ウォッシャブル KO8001JP(ティファール)

こんな人におすすめ!

✔︎とにかく清潔感にこだわりたい
✔︎お湯が早く沸くものがほしい

「ウォッシャブル KO8001JP」は、丸洗いができる電気ケトルです。

  • 蓋を取り外して洗え、Ag+(銀イオン)配合の抗菌素材を使用している
  • コーヒー1杯分なら1分かからず沸騰する

といった特徴に加え、細菌による臭いや着色を防いでくれる特徴があります。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
洗い流し・置き洗いが可能な電気ケトル
(30代後半・教育業)

ティファールはCMでもよく聞く有名なメーカーなので信頼できると思い購入しました。他のティファール製品も前に使ったことがあり、品質がよかったので電気ケトルも間違いないと思いました。使ってみて、電気製品なのに水で洗えて、普段のお手入れが簡単です。お湯がすぐ沸いて時間がないときも便利です。一杯分からお湯が沸かせるので重宝しています。

商品詳細

【商品名】ウォッシャブル  KO8001JP
【メーカー】ティファール
買える場所公式サイト
【価格】12,500円(税抜)
【内容量】0.8L

6位:温調ドリップケトル・アクテ VEK-10-K(ビタントニオ)

こんな人におすすめ!

✔︎おしゃれなデザインのものがほしい
✔︎コーヒーを美味しく飲みたい

バリスタ向山岳氏の監修のもと設計された本格的なドリップケトルです。

  • 温度調節を手動ででき、コーヒードリップしやすい設計
  • 細口のノズルと、お湯を注ぐときに手に負担がかかりにくいバランスを追求したハンドルのデザイン

といった特徴に加え、保温機能ついているので一度沸かせば数回に分けてお湯を使うことができます

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
トップバリスタ監修の温調ドリップケトル
(30代後半・飲食業)

とにかくデザインがダントツでかわいいので一目ぼれしました。リビングのカウンターに置いておくとオシャレで、見た目が抜群で満足しています。これを使ってコーヒーを飲みたいと思い購入しました。お湯の温度を細かく設定できる機能や、手に負担がかかりにくい設計などが魅力に感じました。沸騰する様子が外から見えるデザインもよく、斬新でいいと思いました。

商品詳細

【商品名】温調ドリップケトル・アクティ VEK-10-K
【メーカー】ビタントニオ
買える場所公式サイト
【価格】12,960円
【内容量】0.8L

7位:ONL-K01(阪和)

こんな人におすすめ!

✔︎一度にたくさんの量を沸かしたい
✔︎おしゃれなデザインのものがほしい

阪和の「ONL-K01」は、テーブルの上に並べられた食器とよくなじむオシャレな電気ケトルです。

・一度にたくさんのお湯が沸かせる1.2Lポット
・本体は陶器製、蓋は木製で温かみのあるデザイン

が特徴で、北欧家具をイメージさせるインテリアとしても優秀な1台です。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
温かみのある陶器と木の電気ケトル
(40代・主婦)

家電製品で陶器という他と全く違うところに惹かれました。デザインもかわいくて容量も大きいので、一度にたくさんのお湯が沸かせられます。注ぎ口が急須のような形で、本体は陶器製でリビングに持ち込んでも、ナチュラルに使えるところも気に入っています。一見、電気ケトルに見えないところもいいですね。見た目がかわいいのですが、かなり重いので片手で持つときに大変な点が残念です。

商品詳細

【商品名】ONL-K01
【メーカー】阪和
【価格】6,700円(税抜)
買える場所公式サイト
【容量】1.2L

8位:わく子PCJ-A081(タイガー)

こんな人におすすめ

✔︎小さい子供がいる家庭
✔︎オフィスなどキッチン以外で利用したい人

タイガーの「わく子PCJ-A081」は、最速スピード沸騰を実現した蒸気レス電気ケトルです。

  • 蒸気を外に逃がさない蒸気レス構造
  • 「通電自動オフ機能」「転倒お湯漏れ防止構造」「カラだき防止機能」など安全機能が豊富

といった特徴があり、安全性の高い1台となっています。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
安心・安全設計を追求した軽量タイプの電気ケトル
(30代前半・出版業)

日本の信頼あるメーカーのケトルで蒸気レスという機能が気に入ったので購入しました。他社の商品のように、見た目がオシャレではないのですが、蒸気レス構造で転倒してもお湯が漏れない点もいいと思います。カラだき防止機能などの設計は安心して使用できます。また、蓋が10cmと広口でお手入れがしやすく便利です。

商品詳細

【商品名】わく子 PCJ-A081
【メーカー】タイガー
【価格】5,382円(税抜)
買える場所公式サイト
【内容量】0.8L

9位:アイコナ KBOE1200JGY(デロンギ)

こんな人におすすめ!

✔︎省スペースでも一度にたくさんのお湯を沸かしたい
✔︎重厚感のあるものがほしい

「アイコナ KBOE1200JGY」は、オシャレな製品が多く人気が高いデロンギで発売している、細口タイプの電気ケトルです。

・本体の材質にステンレスが使用されているので耐久性が高い
・ケトルを使用しないときはコードをホルダーに巻き付けられる

といった特徴があるので、キッチンからの持ち運びと収納に便利な1台です。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
デロンギ初の細口タイプの電気ケトル
(20代前半・製造業)

今まで自宅でデロンギのコーヒーメーカーを使用していて、とても気に入っていたので電気ケトルもデロンギにしました。少し価格が高いですが、デザインがカフェ風でオシャレで、カラーも3色あってどれもかわいいので迷いました。注ぎ口が細くて、形もかっこいいので毎日のティータイムが楽しくなりそうです。水の量がわかるのもいいと思いました。

商品詳細

【商品名】アイコナ KBOE1200JGY
【メーカー】デロンギ
【価格】9,250円(税込)
買える場所公式サイト
【内容量】1.0L

10位:アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J(デロンギ)

こんな人におすすめ!

✔︎電気ケトルもインテリアのひとつにしたい
✔︎使い勝手の良いものがほしい

デロンギのアイコナ・ヴィンテージ コレクションは、イタリアのレトロ感と洗練されたエレガンスを融合させた電化製品シリーズです。

  • 持ち手のまるみなど細部にまでこだわったデザイン
  • 見た目の野暮ったさを排除したメモリ機能

など、デザインだけでなく使いやすさにもこだわった1台になっています。

◆ユーザーの口コミ

電気ケトル おすすめ
イタリア製のレトロでシックな電気ケトル
(20代後半・情報通信業)

アイコナ・ヴィンテージ コレクションはデザインが圧倒的によく、部屋のインテリアに映えると思い購入しました。部屋を西欧風のインテリアで統一しているので、雰囲気に合う家電で揃えています。陶器ケトルもかわいいのですが、重量とお手入れのしやすさを考えるとこれが一番です。持ち手はウッド製でレトロ感が増しています。

商品詳細

【商品名】アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J
【メーカー】デロンギ
【価格】9,800円(税抜)
買える場所公式サイト
【内容量】1.0L

2. 自分に合った電気ケトルの選び方

電気ケトル おすすめ

電気ケトルのを選ぶ際は、以下の3つのチェックポイントから自分がもっとも使いやすい1台を選びましょう。

電気ケトルを選ぶ際のチェックポイント

①容量
...コーヒーを入れるなど、普通に使う場合は600〜800mlで十分。家族で使ったり料理に使用する場合は、1.5Lあると安心です。

②材質
...プラスチック:軽くてお手入れが簡単だが、傷つきやすい
...ステンレス:耐久性があり傷つきにくいが、火傷に注意が必要
...ガラス:耐久性が低く割れやすいが、匂いうつりしにくい

③お手入れのしやすさ
...常に清潔に保つ必要があるため、丸洗いできるものや蓋が外せるものだとお手入れが簡単

特に、「材質」が重要です。ステンレス製はおしゃれななデザインのものが多いですが、沸騰時に本体がかなり熱くなるため、小さいお子様のいる家庭には向きません。

ガラス性も耐久性が低く扱いづらいため、とりあえず1台欲しい方はプラスチック性だと、丸洗いできるものも多く便利でおすすめです。

電気ケトル おすすめ
専門家からのアドバイス

一般的に、電気ケトルでお湯を沸かすときには、1,200W〜1,500Wほどの電圧を必要とし、家電の中でも高電圧の部類です。

家庭と電力会社との契約アンペア数が少ない場合、他の家電と一緒に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。購入前に契約している電気アンペア数を確認するとよいでしょう

また、水は一度沸騰させると、水に含まれていた塩素が失われ腐敗の原因になるため、一度沸騰させた水は早めに使い切るようにしましょう

3. 電気ケトルのよくあるQ&A

電気ケトル おすすめ

この章では電機ケトルに関する3つの疑問についてお答えします。

どれも購入する前や実際に使用するときに役立つ情報ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

Q1. 電気ケトルの裏技的な使い方とは?

電気ケトル おすすめ

電気ケトル おすすめ
専門家の回答

茹で卵が簡単に作れます!

以下の手順で簡単に茹で卵を作ることが可能です。

電気ケトルを使った茹で卵の作り方

①卵がかぶる程の水を電気ケトルに入れ、スイッチを入れます
②沸騰してスイッチが切れたら、半熟卵の場合は約7分、ゆで卵の場合は約10分そのまま放置すれば完成です

是非試してみてください。

Q2. 電気ケトルの1カ月の電気代の目安は?

電気ケトル おすすめ

電気ケトル おすすめ
専門家の回答

1カ月で約1,500円程度です。

電気ケトルと電気ポットの電気料金を比較すると、沸かす際の電気代はほぼ同じといわれています。

しかし、電気ポットの場合、お湯を保温する機能が付いているので、その分の電気代がかかります。

1カ月のトータル料金だと、電気ポットは電気ケトルよりも電気代がかかるのです。ポットの電気代は1ヶ月で約15,000円程度になります。

一方、ケトルの場合は、1日10回お湯を沸かすと想定して1カ月で約1,500円程度で、電気ポットの約10分の1のコストで済みます。

Q3. 使い切らないとお湯が冷めて無駄になりませんか?

電気ケトル おすすめ

電気ケトル おすすめ
専門家の回答

余ったお湯は消毒などに活用しましょう。

購入前に疑問に思うことの一つが、お湯を使い切らないと、冷めてしまうのでもったいないのではないか、というものがあります。

ですが、残ったお湯は布巾やまな板の熱湯消毒に使うと無駄なくお湯が消費できます

その他には、料理で大量のお湯が必要なときに、ケトルで沸かしたお湯を追加してコンロなどで沸かすと、お湯が早く沸き時短にもなります。

4. まとめ

この記事では、ユーザー328名にアンケートを取り「人気のおすすめ電気ケトル10選をご紹介しました。

また、専門家に取材した自分にぴったりの電気ケトルの選び方も合わせてご紹介しています。

自分にぴったりな電気ケトルを選ぶ時のポイントを改めておさらいしておきましょう。

電気ケトルの選び方

①容量
...コーヒーを入れるなど普通に使う場合は600〜800mlで十分。家族で使ったり料理に使用する場合は、1.5Lあると安心です。

②材質
...プラスチック:軽くてお手入れが簡単だが、傷つきやす
...ステンレス:耐久性があり傷つきにくいが、火傷に注意が必要
...ガラス:耐久性が低く割れやすいが、匂いうつりしにくい

③お手入れのしやすさ
...常に清潔に保つ必要があるため、丸洗いできるものや蓋が外せるものだとお手入れが簡単

上記を踏まえながら、サイズや価格、デザインなど自分の用途や好みに合った1台を手に入れましょう。

◆ 人気商品のおさらい

商品画像 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ 電気ケトル おすすめ
商品名 Justine+Lock BALMUDA The Pot 象印マホービンCK-AW08 APRECIA+ BF805170 ウォッシャブル  KO8001JP 温調ドリップケトル・アクティ VEK-10-K ONL-K01 わく子 PCJ-A081 アイコナ KBOE1200JGY アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J
メーカー ティファール バルミューダ 象印 ティファール ティファール ビタントニオ 阪和 タイガー デロンギ デロンギ
価格 7,000円(税抜) 11,000円(税抜) 14,000円(税抜) 8,050円(税抜) 12,500円(税抜) 12,960円 6,700円(税抜) 5,382円(税抜) 9,250円(税込) 9,800円(税抜)
容量 1.0L 0.6L 0.8L 0.8L 0.8L 0.8L 1.2L 0.8L 1.0L 1.0L
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る