毎週土曜9時10分から、J-WAVE 81.3FMで放送中のラジオ番組「カスタムライフ DESIGN YOUR LIFE」。

今週は、シンガーソングライターの矢野顕子さんをゲストにお迎え。

  • 日々の過ごし方
  • 最近のお仕事事情
  • お気に入りのアイテム

…といったトークから、矢野さんの最新のお仕事やライフスタイルを伺っていきます!

  • ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん

今週のゲスト:矢野顕子さん

  • 矢野顕子さん

矢野顕子さん/やのとあがつまyano et agatsuma
デビュー以来、日本を代表するアーティストとしてジャンルやカテゴリーに括られない斬新なスタイルで活躍を続ける矢野顕子。76 年のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』収録曲「ふなまち唄」「津軽ツアー」では伝統音楽を独自の表現として昇華させ、新民謡とも言えるオリジナル作品を披露。

番組ナビゲーター:
  • ラジオドーナツMC・渡辺祐さん
渡辺 
エディター/ライター
  • ラジオドーナツMC・山田玲奈さん
山田 玲奈
タレント
 

1.MORNING/朝のルーティン
朝の過ごし方について

─本日のゲストは矢野顕子さんです。朝起きる時間は決まっていますか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん

 

矢野さん

大体8時半から9時くらいの間ですね。

─猫を飼っていらっしゃいますけど、朝ご飯はどんな感じですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

自分のご飯よりも猫が先です。

―で、その後ご自身のご飯?
 ご自身はどんなメニューが多いですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

はい。
ここ何年かは、小バケツぐらいのスムージーを前の晩に作ってグワーって飲んでます。あとはパンが1個と小ジョッキくらいコーヒーですかね。

 ―おお、結構飲まれますね。
 それは向こうでも、日本にいても同じスタイルで飲んでるんですか?

 

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

いや、日本にきたら日本仕様になるので皆さんと同じサイズをチビチビと。

2.DAYTIME・WORK/お昼の時間やお仕事のこと
最近の活動について

─5月にですね、やっと上妻宏光さんとのコラボユニット「やのとあがつま」のコンサートがございます!

  • Asteroid and Butterfly [生産限定盤] ジャケット

▲『Asteroid and Butterfly』(2021年発売)生産限定盤ジャケット

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

そうなんですよ〜。1年待ったので。

─ですよね。コラボレーションの1stアルバム「Asteroid and Butterfly」が去年の3月にリリースしましたが、緊急事態宣言発令でスケジュールがズレまして…
 
 ついに5月21日(金)東京文化会館 大ホールで「やのとあがつまTour 2021 - Asteroid and Butterfly - 」がスタートということになります!矢野さん、そういう意味では上妻さんとのコラボレーションは間が空きましたが、心構えや意気込みとしてはどうですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

ああ、もうやる気は満々あります。
これだけ長い準備期間があったので、さらに新アレンジ、新出し物が増えております。

 

―上妻さんとはどんなお話されているんですか?今回のライブに向けては?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

「あれやりたい」「これやりたい」っていうのを2人で詰めて、私がアレンジをしています。そしてそれを聴きながら「格好いい」って言っているところですね。

─今回、準備期間も長くなってちょっと熟成させた感じになったと思うんです。「やのとあがつま」って自分にとってこういうものだなって思い直したところありましたか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

私は恵まれたことに、いろいろな人と音楽を作ることが多いんですよ。そしてそれぞれ面白くて、それぞれ有意義なんです。今回のユニットは特に、上妻さんとの「有機的なもの」+「エレクトロニクスみたいなもの」が混ぜ合わさっているので、どこにもない作品が作られている感じがします。

―ニューヨークでステイホームしている間、ご自身で機材を導入してアップデートしたと聞きました。

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

そのつもりですが、最近そういう才能にはそんなに恵まれていないということを実感して…。

―(笑)。
 そして矢野さんといえば先週リリースとなりました、ユザーン、環ROY、鎮座DOPENESSによるアルバム「たのしみ」にも参加。「にゃー feat.矢野顕子」、こちらもチェックしてみてください。今は矢野さんご自身の作品制作自体も進めているんですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

あの〜これはこれでね、矢野顕子の人生80年の集大成というんですかね。そういう最高傑作が出来つつあります!

ー人生80年、まだじゃないですか(笑)。

3.NIGHT/夜時間のはなし
夜の過ごし方について

  • イメージ写真

 ─去年、ニューヨークは本格的なロックダウンでしたね。そういう時の夜は何をして過ごしていましたか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

そうだね。私の住んでいるとことは、グリニッジ・ヴィレッジと言って夜も全然人が絶えなくて、ライブも全部歩いていけるところだったんですよ。でもそれがパタっと全部なくなってしまったので。まぁ家を掃除したりとかですかね!

後は、前からちょこちょこやっていたんですけれどもクラシックバレエを初めてみようと思いまして…
ロックダウンが緩くなってきた時から、先生に家に来てもらってやったりしています。

 ―それは何時にやったりするんですか?

 

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

夕方くらいにレッスンがあるんですけれども、個人練習っていうか。基本夜型なんで、何するにも夜にならないとエンジンがかからないです。

―そうなんだ。クラシックバレエはまたなんで始めようと思ったんですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん

 

矢野さん

小さい時から憧れはあったんですけれども、自分には無理だなって…まぁ無理を承知でやってやろうと思って。

とにかく老年になってからなので、出来ないことの方が多いんですよ。だけど基本的な力の入れ方とかポーズとか、多分外から見ると随分滑稽に違いないんだけど先生が「So Nice! So Nice!」って言ってくれて。

―いいですね。上がりますね(笑)。
 矢野さんは、水泳も始められましたし、クラシックバレエも始められたし、充実してますね。

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

(笑)。そうですね!はい!
やってやれないことは、ないんだなって思います。純粋に楽しみできるというか。聞いてらっしゃる同年代の方は「うんうんうん」ってきっとそう言ってると思うんですけど。

競争するとか目標まで達成!とかそういうのが一切ない中で、自分のやれる範囲の楽しみっていうのはなかなか良いなぁと思いますね。

―夜型とおっしゃってましたけど、寝るのは遅めですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん

 

矢野さん

ほっとくと3時になっちゃうので、目標2時とかです。

―2時まで起きているとお腹空いちゃいませんか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

それが問題なんですよね。

―ですよね!とか言っちゃって(笑)。
 ラーメン食べたくなったりとかね。

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

そうですね、ロックダウンの初期くらいは曜日感覚や時間感覚の関心がなくなってて、食べたい時に食べるっていう形でした。眠たくなってきたら「1杯だけ飲んじゃおうかな!」って自然に冷蔵庫からツマミを取り出して…

で、それがよくないってことが分かってからは、ワインは1杯だけ。そしてツマミは食べないようにしました。

ーおお、素晴らしい〜!
 さすがにこれから宇宙飛行士を目指す方はやっぱり違いますよね。

 

4.LIFE/こだわり、欠かせないもの
お気に入りのモノについて

―矢野さんが今気に入っているものは何かありますか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

先ほども出たんですけれどもバレエの練習の時、最初は厚手の靴下を履いてやっていたんですよ。
それだとちゃんと出来ないので先生に「シューズ買ったら?」って言われて、練習用のシューズを買いました。

―いわゆるトウシューズっていうやつですよね?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん

 

矢野さん

違い違う違う!トウシューズはまだ。
あれを履けるようにはまだ修行が足りないですね。

―そういうことか、練習用のそういう靴があるんですね。
 じゃ、本当の自主トレはなさろうと?

 

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

うん、そうですね。今も夜になっちゃうんですけれども。
何とな〜く自分の好きな曲をかけて練習しております。

─靴の話で言うと矢野さんはステージに上がる時に、いわゆるミュールですか?かかとがパタパタしている靴を履かれていることが多いですよね。
 あれも周りから見るとピアノのペダルが踏みにくいのでは?みたいな気持ちになるんですけどあ
の靴は、矢野さんにとってベストなんですよね?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

そうですね、コンサートであれ以外っていうのはあんまりないかなぁ。
左の足には体重をかけつつタイムをとってたりするの。右の足はピアノのペダルを踏むんですが、それがもう恐ろしく細かく踏むので、キッチリしてる靴は足首が自由自在に動かなくてダメなんですよ。

―動きが制限されちゃうのか。
 今度そこに注目してコンサート楽しませて頂きます。

矢野さんの今、欲しいもの

―矢野さん、今これは欲しいなとか、東京にきたらこれ買っておこうって言うものあります?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

あの〜まだ手に入れていないんですけれども「しるこサンド」って知ってる?

 
  • スターしるこサンド

▲北海道産あずきを使用したあんこのクリームをしっとりしたビスケットでサンドした焼菓子

ーしるこサンド!?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

昔っからあるんだけど。
個別に外装されてて、小さいビスケットの間に乾いた餡子がサンドイッチされてて。それがやたらめったら美味いんです!

―そうなんですね。どこに売ってるんですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

どこに売っているんでしょう。なんか家の近くで売ってるよー!とかあったらみんな知らせてください。

―やっぱりあれですかね、ニューヨークだと餡子はあんまり手に入らないですか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

日本から出店で出てきている和菓子屋さんもあるし、不可能じゃないですけど。

―しるこサンド。
 矢野さんが東京にいる間に購入できる場所を確認しておきますけどね。

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

はい(笑)。

 

ーコロナ禍の中、矢野さんは「こう言う風にやっていきたい」という意気込みはありますか?

ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん
矢野さん

えーっとね、今作っているアルバムが本当に良いので、この曲優先。そしてバンド優先。みたいな感じかな。ある意味、矢野顕子の原点をもっともっと増やして頑張っていきたいなと思ってます。

ーそうですね、分かりました。
 じゃあね、東京でもバレエのレッスンも励んで頂いて。
 矢野さん今日はどうもありがとうございました!

今週のゲスト:
矢野顕子さん

  • 矢野顕子さん

矢野顕子さん/やのとあがつまyano et agatsuma
デビュー以来、日本を代表するアーティストとしてジャンルやカテゴリーに括られない斬新なスタイルで活躍を続ける矢野顕子。76 年のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』収録曲「ふなまち唄」「津軽ツアー」では伝統音楽を独自の表現として昇華させ、新民謡とも言えるオリジナル作品を披露して来た。
同じく日本を代表する三味線奏者の一人として伝統を踏まえつつ、ジャンルや国境を超えた活動で“伝統と革新” を国内外に発信を続けて来た上妻宏光。
この二人が2014 年9 月NY で初共演。二人が織りなす斬新なステージは喝采と賞賛を受け、2015 年に日本凱旋公演開催。2018 年には矢野顕子の最新アルバム『ふたりぼっちで行こう』で二人のコラボレーションで「Rose Garden」を新スタイルで発表。二人は親交を育みながら2019 年、ついに新ユニット「やのとあがつま」始動させた。

矢野顕子さん公式サイト
J-WAVE RADIO DONUTS公式サイト
  • ラジオドーナツゲスト・矢野顕子さん