毎週土曜9時10分から、J-WAVE 81.3FMで放送中のラジオ番組「カスタムライフ DESIGN YOUR LIFE」。

今週は、音楽家のオカモトコウキさんをゲストにお迎え。

  • 日々の過ごし方
  • 最近のお仕事事情
  • お気に入りのアイテム

…といったトークから、オカモトさんの最新のお仕事やライフスタイルを伺っていきます!

  • ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん

今週のゲスト:オカモトコウキさん

オカモトコウキさん/1990年11月5日東京都練馬生まれ。中学在学時、同級生とともに現在のOKAMOTO’Sの原型となるバンドを結成。ソングライティング力を生かしバンドの中心的なコンポーザーとしても活躍している。

番組ナビゲーター:
  • ラジオドーナツMC・渡辺祐さん
渡辺 
エディター/ライター
  • ラジオドーナツMC・山田玲奈さん
山田 玲奈
タレント
 

1.MORNING/朝のルーティン
朝の過ごし方について

―本日は音楽家のオカモトコウキさんをスタジオにお迎えしております~!どうぞよろしくお願いいたします!

―早速ですが、まずはオカモトコウキさんの「朝」のご様子を伺っていきたいと思います!朝起きる時間は決まっている方ですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん

 

オカモトさん

起きる時間は大体8時半くらいですね。

―あ、まあまあ…。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

まあまあ、ミュージシャンにしては早めかなという感じで(笑)。

―そうですね(笑)!そこから何かルーティンみたいなのありますか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

うち猫を2匹飼っていて、大体8時半くらいになると「餌くれ、餌くれ」っていう要求が凄いんですよ。なので起きたらまず最初に猫に餌をあげて、そこからゴミ出し・朝ご飯というような流れですかね。

―なるほど。ご自身の自分の朝ごはんは何が多いんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

僕はパンですね。
あと調子が良い時は卵を追加したりしてます。

―割と軽めな感じなんですね。それはもう小さい時から朝はパン派という?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

あ〜どうだろう…。でも昔からパン派かもしれないです。

そして本当に詳しく聞いてくれるんですね(笑)。

―(笑)。

あんまりサラっといかない(笑)。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

良いと思います(笑)。

2.DAYTIME・WORK/お昼の時間やお仕事のこと
最近の活動について

―OKAMOTO’Sのギタリスト、オカモトコウキさんですけれども…。2ndソロアルバム『時のぬけがら』がリリースとなりました!おめでとうございます~!!

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

リリースされております。よろしくお願いします~!

  • セカンドソロアルバム「時のぬけがら」

▲オカモトコウキ:2ndソロアルバム「時のぬけがら」

―ソロとしては2作目、2019年の『GIRL』ぶりということなんですけども、ご自身ではどうでしたか?ソロ活動とOKAMOTO’Sの活動、どういう風に分けてやっているものなのですか?

 

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

そうですね…。
バンドの方は割と歴史が長いので、
ファンの人達がどうしたら喜んでくれるかな」みたいなことを考えながら作るんですよ。

でもソロの方は結構自由気ままに「自分のやりたいように、好きなように」という感じでやっていますね。

―前回が2019年に出しておりましたけど、自身ではこのぐらいのペースで出していこうという感じなんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

前回はバンドが10周年だったこともあって、その延長戦上でそれぞれ色々やっていこうっていう企画で出したアルバムをだったんです。

ただ今回は、1人のアーティストとして作ったアルバムなので、前回とは少し意識が違うかもしれないですね。

―資料などを拝見すると、タイトルの『時のぬけがら』。これは “喪失と時間”についてという説明をされていますけども…。もう少し具体的には…?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

このアルバムのテーマや歌詞に関わっていく話ではあるんですけど、このコロナ禍でいろんなことの時間が止まったような感覚があったんです。当時聞いていた音楽も真空パックされているみたいな感じにもなって…。

なのでこの2~3年間をうまく組み込めれば、と思い『時のぬけがら』というタイトルにしてみました。

 

―なるほど、そうだったんですね。

―そしてオカモトコウキさんですが、OKAMOTO’Sとして6月にアメリカでのステージがあります!

あるんだよ〜!

オーストラリアのバンド「Last Dinosaurs」アメリカツアーに参加!ということで、6月24日(金)がサンフランシスコ。25(土)がサンディエゴ。26(日)ロサンゼルス!

久しぶりですよね、海外は。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

かなり久しぶりになりますね。
前は毎年のようにいろんな国に行ってましたけど、今回は本当に久しぶりなのですごく楽しみです。ただちょっとこの3日間連続というのに、恐怖もしております(笑)。

―もうほんと忙しいですよね(笑)。あんまり自由時間はなさそうな感じですし。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

もう一瞬で終わりそうな感じがしています。

―そして更にソロとして出演されるライブもございます!「RED SPICE vol.5 Supported by Ruby Tuesday」こちら6月5日の日曜日、Shibuya WWWXとなっております。これはおとぎ話とのツーマンライブなんですよね?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

そうですね。
これはソロとしてのライブになるので、バンドメンバーもレコーディングメンバーも連れてやりたいと思っていて。

―ではソロ・オカモトコウキ。今日聞いて気になった方はこちらもチェックしてください!

3.NIGHT/夜時間のはなし
夜の過ごし方について

  • イメージ写真

 ―こちら夜に限らなくていいんですけど、最近これにハマってます!みたいなことはありますか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

最近ですね、ずっと分からなかったサウナの良さというのがちょっと分かってきて…。

―だいぶ良さを分かっている人が多くなってるこの時代にようやく…(笑)。

 

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

そうそう(笑)。
でも最初本当に疑いの目で見ていたというか…(笑)。

―暑いのが苦手とかあります?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん

 

オカモトさん

暑いのはまだ大丈夫なんですけど、そのあと水風呂がダメだったんです。ただ突然ね、分かる瞬間が来ました(笑)。

―じゃあ最近は時間があったらサウナに行ったりしているんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

そうですね、たまに行ってます。あとツアー先だったら結構行きますね。

4.LIFE/こだわり、欠かせないもの
お気に入りのモノについて

―オカモトさんの今お気に入りのものといえば、何かございますでしょうか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

本当に気に入っている1品は、寝るときにかぶる帽子ですね。

―寝るときにかぶる帽子?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん

 

オカモトさん

いわゆるナイトキャップという…。

―それはなんの為に被るんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

一番は髪質ですかね。
僕癖っ毛で髪もよく乾燥してたので色々試してみたんですけど、個人的にはこれが一番効果がありました。

―あ、そうなんだ!

―それはキャップ自体に何か特殊な加工がしているのか、それとも被ることで夜摩擦が減るとかそういうのですかね?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

多分被ることで摩擦が減って、髪の水分が逃げていかないという事なのかな。

最初は寝るときに帽子を被るのは嫌だな、って思っていたんですけど今はめちゃくちゃいいですね…(笑)。

―そうかそうか。

なるほど、よかったですね!

オカモトさんの、人生を変えたお買い物

―オカモトさんは「これを買って自分の道が変わったな」みたいな買い物ってありますか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

ギターでいうなら64年のストラトですかね。

元々ヴィンテージにはあまり興味が無かったんですけど、このギターの前では適当なプレーは出来ないなっていう意識になりましたし、音楽も導かれるような感覚がありました。

―音楽に対する気持ちが変わったみたいな感じですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

そうですね。
気持ちとかも「もっと頑張ろう」っていう感じに。

 

―やっぱり音も違うんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

違いますね〜。

―不思議なもんなんだよね。

―もう素人には分からない(笑)。

何かを目指すんだったら、1回は良い道具は持ってみる方がいい。ということなのかな?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

ほんとそうですね。
形から入るってやっぱり大事なことで、「せっかく買ったんだしやんなきゃ」みたいな意識にもなるし、結局はそういうことなのかなって思います。

―ストラトは時々ちゃんと使っているんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

もちろんライブでは毎回必ず使ってます!

ストラトはメインのモノとして使っているんですけど、若手のバンドだとステージで使っている人が少なくなってきているみたいなんですよね。なので本当に64年のギターを使ってるのは、結構珍しいことだと…。

―いいじゃないですか〜!かっこいいじゃないですか〜。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

ぜひそのサウンドを聴きに来てほしいです(笑)。

―アメリカにも持っていくんですか?

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

アメリカには流石に持っていかないですね〜(笑)。

―さすがに持っていかないんだ。

―持っていくと大変なんですかね。

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

飛行機もちょっとあれですし、何があるか分からないので。

―そうかそうか、そうですよね。いや今日は本当にありがとうございました!楽しかったです!!

ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん
オカモトさん

こちらこそありがとうございました!

今週のゲスト:
オカモトコウキさん

オカモトコウキさん/1990年11月5日東京都練馬生まれ。中学在学時、同級生とともに現在のOKAMOTO’Sの原型となるバンドを結成。2010年、OKAMOTO’Sのギタリストとしてデビューし、アメリカSXSWやイギリス、アジア各国などでもライブを成功させ、日本国内では日比谷野外音楽堂、中 野サンプラザなどでもライブを開催。10周年となった2019年には初めて日本武道館で単独ワンマンライブを成功させ、初ソロアルバム「GIRL」をリリース。アグレッシブなギタープレイとソングライティング力は評価が高く、菅田将暉、関ジャニ∞、PUFFY、Negicco、小池美由など多くのアーティストに楽曲を提供。またPUFFY、YO-KING、ドレスコーズ、TAIKING(Suchmos)、トミタ栞、堂島孝平、ナ ナヲアカリなどのライブでのギターサポートも務める。ソングライティング力を生かしバンドの中心的なコンポーザーとしても活躍している。

オカモトコウキさん Twitter
J-WAVE RADIO DONUTS公式サイト
  • ラジオドーナツゲスト・オカモトコウキさん