毎週土曜9時10分から、J-WAVE 81.3FMで放送中のラジオ番組「カスタムライフ DESIGN YOUR LIFE」。

今週は、アーティスト・Def TechのMicroさんをゲストにお迎え。

  • 日々の過ごし方
  • 最近のお仕事事情
  • お気に入りのアイテム

…といったトークから、Microさんの最新のお仕事やライフスタイルを伺っていきます!

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

今週のゲスト:Def Tech・Microさん

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

Microさん/1980年東京生まれ。
2001年、Shenと共に『Def Tech』を結成。インディーズでありながら、2005年リリースの1stアルバム「Def Tech」が280万枚を超える空前の大ヒットを記録。
同年インディーズアーティストとして初の紅白歌合戦に出場。
2020年、Def Tech結成20周年、デビュー15 周年を迎え、10作目のアルバム「Powers of Ten」をリリース。2021年にはサーフィンを通じて繋がったShu Dosoと新ユニット『WST』を結成。
1年間でシングル12曲を贈る企画の第一弾として、1月に 1stシングル「Offshore ~Cafe Latte Song~」をリリース。3月から再演が決定したブロードウェイミュージカル「IN THE HEIGHTS」に出演決定。

番組ナビゲーター:
  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
渡辺 
エディター/ライター
  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
山田 玲奈
タレント
 

1.MORNING/朝のルーティン
朝の過ごし方について

─本日のゲストはMicroさんです。朝は割と、起床時間とか決まっているタイプですか?

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

はい。休日の仕事の時も、7時に必ず起きます。

─おお、すごい!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

もう4,5年なんですけど、絶対7時に起きるっていうのは決めてますね。

3日に1度、Youtubeのコンテンツをアップするのを朝7時に設定しているので、6時台に起きて7時にはセットして……っていうのが今はルーティンワークになっています。

─3日に1度、必ずそれが入ってくるんだ。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

そうですね。

あとは、朝の決意の時間を設けています。
瞑想とはちょっと違うんですけど、自分の今日1日をどう過ごすか、決心する時間ですね。

─へー!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

今日1日はこれを絶対成し遂げる!と。
寝ると忘れてしまうので朝です。

─なるほど、朝ご飯はいかがですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

これはまちまちなんですけど、食べない時が多いです。

朝を抜いて、昼と夜、2食。
夜もちょっと軽めですけど、1日2食を心がけています。

―体調はどうなんですか?それ。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

僕は食べすぎちゃうっていうのもあるんですけど、(満腹だと)自分のパフォーマンス能力が落ちていくのを感じるんですよね。

水分はちゃんと摂るんですが、お腹が空いている状態で仕事を始めるっていうのを心がけています。

―なるほど。ご自分のことをよく分かってらっしゃる!

2.DAYTIME・WORK/お昼の時間やお仕事のこと
最近の活動について

─ここからはお昼の時間について伺います。
 プロジェクト「WST(ダブスト)」がスタート、こちらはサーフィンを通じて繋がったShu Dosoさんとの新ユニットです。

 WSTは、何を目指して始めたものなんですか?

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

 WSTアーティスト写真

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

僕たちは同級生で、昔からの知り合いなんです。
昨年コロナ禍でステイホーム期間があり、それが開けた後に週3回から4回、波乗りに行っていました。

海に行く行き帰りの時間が約3時間くらいあるんですけど、そこで教育、平和、芸術、文化、ビジネス……

様々な話を突き詰めて2人で話す中でビジョンが重なり合って、「これはもう、新しいプロジェクトとして立ち上げよう」と思ってこのWSTのプロジェクトを立ち上げました。

─そうなんだ。音楽そのものというよりも、お2人の共鳴した部分を……って事なんですかね?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

そうですね。
社会へのメッセージっていうのは何で届けられるかって考えたとき……音楽と、SNSくらいでしか、人には届けられないんじゃないかと思って。
改めて音楽の重要性、必要性を感じたんです。

なので僕たちは恋愛ソングというよりも、「現代社会におけるメッセージを出発点に音楽を発信していこう」と考えていて。それが衣食住に伴うものに折り重なっていって……と。

まぁ目標はでかいんですけど、まずは出発点を音楽でっていうところです。

―なるほど。WSTでは1年間でシングル12曲をリリースするという事で、先ほどお届けしたのが第1弾の「Offshore 〜Café Latte Song〜」という事でね。
 このナンバーもすべての人に届く、すべての人が共感できるナンバーですよね。

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

『Offshore ~Cafe Latte Song~』ジャケット

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

今、僕たちの身の回りに起こることが全部向かい風で、逆風で。

でも実はこの逆風がなければ飛行機も鳥たちも飛べない。

今、どの世界の人も大変な中で「この逆風をバネに、みんな主張していこう」っていう、そんな想いを込めました。

─そんな中で、更なる活動もあるんですよね。
 今年はミュージカルにご出演!ブロードウェイ「インザ・ハイツ」、主役の「ウスナビ」役です。
 こちら東京公演は、4月17日から28日まで。会場は赤坂ACTシアターとなっています。

―今回の「インザ:ハイツ」に向けて、今どんな想いでいらっしゃいますか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

やっと今日手元に台本が届きました!
楽譜も届いて、もうドキドキですね。

─主役。プレッシャーもすごそうです。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

この作品はラップミュージカルというちょっと特殊なミュージカルです。

僕がラップができるという事で声をかけて頂いたと思うんですけれども、逆にラップだから伝えられるんだなって改めて思いました。

歌だけではこの感情は届けられても、情報量っていうのはやっぱり少ないので。

―うんうん。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

僕はストーリーテラーっていう役割なんですよね。
いろいろな方の人生を僕がラップで紹介をしていく、っていう。

なので、これでさらにアップデートして自分のラップのスキルも磨けるな!と思ってます。

─こちらチケット一般発売が2月の20日からとなっております。

―そしてDef Techの活動としては昨年、結成20周年&デビュー15周年!という事で、アルバム『Powers of Ten』が発売中です。

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

▲Def Tech『Powers of Ten』ジャケット

―WSTとしては1年間に12曲リリース、さらにミュージカルがあり、当然Def Techのプロジェクトもありでしょうから……忙しそう!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

 

Microさん

いやいやいやいや!
コロナの打撃で、全世界の全てが止まったのが去年ですけど、また同じような2年目に突入するのはもう嫌なので……。

密を避けながらですけれども、こうやってリモートワークも進んでいくので、画面の中や音楽の中では密りまくりたいと思っています。

3.NIGHT/夜時間のはなし
夜の過ごし方について

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

 ─ここからは、夜の過ごし方について伺います。
 特にハマっていることはありますか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

夜は、なるべく携帯を遠ざけるようにしています。

もうフィジカルでディスタンスを取る。
違う部屋に携帯を置いておいて読書をする、お風呂の中でも読書をする。

あとはNetflixとか「テッド」とかを観て、音楽とか芸術に触れています。

─今テッドって言った!?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

テッド(TED)って、色々な人たちがセミナーみたいにお話しているやつですね。

 ―ああ!なるほど!俺てっきり熊の話(2012年公開のコメディ映画『ted』)かな〜と。違った違った!(笑)

 

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

トークショーの方ですね。(笑)

―まぁいずれにしても、スマホのコミュニケーションから離れると。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

携帯って自分が使っているようで、みんなから連絡が来て、みんなの要求を受けちゃうので。

それを少しでも自分の時間にして、創作意欲を活かす時間を作るように努力しています。

―朝は7時に起きたり早いので、夜は割と早く寝る方なんですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

いえ、2時3時とか。

―睡眠時間、割とコンパクトでいけるタイプなんだ!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

いや、「たくさん寝ていると仕事来なくなるよ!」って色々な先輩から言われるので。(笑)

―えええ!笑 そうなんだ。他になんか、体動かす系とか続けていることありますか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

ストレッチを兼ねたヨガです

ヨガにプラス重りを加えたスタミナ作りをミュージカルのためにしています。

―そうか、ミュージカルがあるもんね。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

体を動かして家に帰ってきてからは、なるべくゆったりした動きのストレッチをしたりしていますね。

―なるほどね。

 

4.LIFE/こだわり、欠かせないもの
お気に入りのモノについて

─お気に入り!と言えるものはなんでしょうか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

これはですね…イーバイクです!

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

▲Microさん愛用の「イーバイク」(Microさん撮影)

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

 

Microさん

アシスト自転車なんですけれども、僕のやつめちゃくちゃ格好良くて。

バッテリーも持ちが良くて、坂もぐんぐん!
ビーチ沿い砂浜も走っちゃうし。
都内も自然も最高です!

―へ~!格好いい!タイヤ太いタイプですね。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

そうです。ファットバイクです!

─バッテリーがあるように見えないですね。

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

 

Microさん

お尻の下にあります!
超デカいバッテリーが入っているんですよ。

─遠くまで行ったりするんですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

渋谷から鎌倉の53km4時間くらいかけて、この自転車で行きましたね。
1チャージ、充電なしです!

─ほー!え、帰ってこれる?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

えっと……
帰ってこれませんでした。(笑)

─(笑)。帰りは充電しないとね!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

はい、帰りは充電しないとです!(笑)

―4時間これを漕ぎ続けるのもすごいですけど、それはなんで?気持ちいいから?運動のためでもあるんですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

これYoutube企画でもあったんですけれども、元々はプロデューサーの無茶ぶりに応えてやろうじゃないかと思って。
この自転車の凄さを見せてあげたいと思ったら、53km走ったんですよね。すごいなと思って。

―すごいね〜。そもそも、この自転車を買った理由はあったんですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

タイヤが太くない自転車だと、マンホールの上で転んじゃったりするらしくて、雨の日とか怖いなって思っていて。

都内に引っ越したっていうこともあって、「疲れている時は車の運転を少し減らしたいな」と思っていた矢先にこのイーバイクと出会えました!

―そうか、便利ですよね〜。

 

Microさんのお買い物ルール

―買い物のタイプとしては、衝動買いあり派ですか?それともじっくり派ですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

ハワイだと衝動買いしちゃう。(笑)
ハワイだと全てがよく見えちゃって。

―(笑)。すごいわかります!気が大きくなりますよね。じゃあ、普段はちゃんと考えるの?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

3日は我慢します。

その日は絶対に買わないで、2日3日経った時にそれでも欲しいってなったら、否が応でも手に入れます。

―へー!
 じゃあ今まで欲しいと思ったけど、2日目か3日目にそうでもなくなっちゃった物も、かなりあるってことですよね?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

ありますね、洋服とか靴とか時計とか。
で、そういう時ってもう売り切れてるんですよ〜。そういう時に限って!

―分かります。『Micro残念賞リスト』みたいなやつがある感じですよね。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

それ見せられたらもう、揺り戻しが凄そうですね。
また欲しくなっちゃう。(笑)

Microさんの人生を変えたお買い物

―これまでの人生で、人生を変えたような買い物ってありますか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

中学校3年生の時にお年玉で、ターンテーブル2台ミキサーを買ったのは大きかったです。

それでDJを始めて、音楽の道に進むきっかけになったっていう。

―ターンテーブル!そこそこいいお値段ですよね。

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

そうですね。
この時期は親戚が多かった時期ですね。(笑)

―笑。なるほど、よかった!
 最初レコード擦ったりするの怖くなかったですか?

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

怖かったです!傷つけちゃうんじゃないかなって、もう!

―面白い時代だったな~、あれも。
 いや、本当に今日は色々なお話をお聞かせ頂きありがとうございました!

ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん
Microさん

ありがとうございました!

今週のゲスト:
Microさん/詳細プロフィール

  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん

Microさん/1980年東京生まれ。
2001年、Shenと共に『Def Tech』を結成。インディーズでありながら、2005年リリースの1stアルバム「Def Tech」が280万枚を超える空前の大ヒットを記録。同年インディーズアーティストとして初の紅白歌合戦に出場。
2007年にDef Techが一度解散。同年ソロ活動開始。2010年にDef Techとして再始動。2014年、ブロードウェイミュージカル「IN THE HEIGHTS」に初出演。
2020年、Def Tech結成20周年、デビュー15 周年を迎え、10作目のアルバム「Powers of Ten」をリリース。
2021年にはサーフィンを通じて繋がったShu Dosoと新ユニット『WST』を結成。1年間でシングル12曲を贈る企画の第一弾として、1月に 1stシングル「Offshore ~Cafe Latte Song~」をリリース。3月から再演が決定したブロードウェイミュージカル「IN THE HEIGHTS」に出演決定。

Def Tech 公式サイト
J-WAVE RADIO DONUTS公式サイト
  • ラジオドーナツゲスト Def Tech・Microさん