毎週土曜9時10分から、J-WAVE 81.3FMで放送中のラジオ番組「カスタムライフ DESIGN YOUR LIFE」。

今週は、音楽プロデューサーの松尾潔さんをゲストにお迎え。

  • 日々の過ごし方
  • 最近のお仕事事情
  • お気に入りのアイテム

…といったトークから、松尾さんの最新のお仕事やライフスタイルを伺っていきます!

  • ラジオドーナツゲスト・大橋トリオさん

今週のゲスト:松尾潔さん

  • ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

松尾潔さん/1968(昭和43)年、福岡市生まれ。早稲田大学卒業。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。その後、プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、東方神起、三代目J SOUL BROTHERS、JUJU等を成功に導く。これまで提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。日本レコード大賞「大賞」(EXILE「Ti Amo」)など受賞歴多数。

番組ナビゲーター:
  • ラジオドーナツMC・渡辺祐さん
渡辺 
エディター/ライター
  • ラジオドーナツMC・山田玲奈さん
山田 玲奈
タレント
 

1.MORNING/朝のルーティン
朝の過ごし方について

─本日のゲストは松尾潔さんです。起床時間は決まっているタイプですか?

  • ラジオドーナツ
ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

 

松尾さん

小さい子供がいまして、この数年はその子たちに合わせて起きるようになりました。
遅くとも朝6時半には起きています。

─音楽業界の中では相当早いですね!起きた後、決まってやることは?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ベッドから起き上がる前に、寝転がったまま簡単なストレッチをします。

10年くらい前、ぎっくり腰をやっちゃいましてね。
なので、ある程度体を温めた状態で起き上がります。

50代になってからはお白湯を2杯ほど頂くようにしてます。

―白湯飲む人多いですね~。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

先週、フジファブリックの山内さんもそんな話をしてましたよね。

 ―そのあとは、お子さんとご一緒にご飯ですか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

僕は子供たちがその数時間後に食べるお昼ご飯を先に食べてます。
お弁当のおかずを多めに作って。

―なるほど。栄養バランス良さそう。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ですね。あと、「子供と同じものを食べている」ことが気持ちに与える影響も少なくないのかな、という風に思います。

はい、今のは好感度上げるようなトーク!(笑)

―今そこ言わなきゃ良かったのに~!(笑)

2.DAYTIME・WORK/お昼の時間やお仕事のこと
最近の活動について

─ここからはお昼の時間。最近のお仕事について伺います。
 小説家デビューということで、初の書下ろし!しかも長編小説!「永遠の仮眠」すごく売れているそうですね、

  • 松尾潔さん「永遠の仮眠」(新潮社)

▲『永遠の仮眠』(2021年発売)。表紙は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典さん。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ありがたいことに。思っていたよりも幸先のいい感じです。

―松尾さんは知名度があるとはいえ、小説家としては「デビュー」だから、新潮社の方もドキドキする面もあったかと思うんですけど。本当に良かったですね!

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

音楽の仕事の時もよく言っているんですけど、大勝ちしなくてもとにかく負けないようなゲームを心がける。
そうすると、次の試合の出場権が得られるっていつも思っているんです。

今回は2作目のオファーを新潮社の方から頂きましたので、そういう意味ではまずは目標クリアできたかなと。
ありがたいことです。

─『永遠の仮眠』あらすじは、主人公の光安悟は売れっ子の音楽プロデューサー。そんな悟に、高視聴率をあげたドラマ第二弾の主題歌プロデュースという大仕事が舞い込みます。

この主題歌を歌うのが悟プロデュースで爆発的な人気を得たものの悟と決別し、今は低迷中のシンガー櫛田義人。

この光安悟が主題歌、そしてこのシンガーをどのようにプロデュースしていくのか?というお話です。

―松尾さん自身の経験が裏打ちされたお話なんですか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

まぁ……全部が事実ではないですけど、もちろん事実のところもありますね。

―特に音楽業界の仕組み……ドラマ主題歌やドームを埋めるレベルの人気者が関わる、いわゆる『ビックプロジェクト』がどういう仕組みで進んでいくのかが描かれていますよね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

業界の仕組み、みたいなものは大体引退後に書いたりするものなんですけど、僕この仕事続けながら書いているので。

いち早く読んでくれたゴスペラーズの黒沢くんに「松尾さん、もう仕事辞めちゃうのかと思った」って言われました(笑)。

―(笑)。いい意味でフィクションをいれながら、エンタテインメントとして松尾さんが書ききった、というところが一番面白い部分ですね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

 

松尾さん

はい、小説の形だから書ける!と思って書きました。

ゴットファーザーのプロデューサーがアメリカの映画業界を描いた「くたばれ!ハリウッド」っていう自叙伝がありますけど、ああいうことを意識して書きましたね。

─そうなんですね。登場人物のキャラの言葉とかがリアルで、『この人知ってるかも!』じゃないですけど、すごく良くわかって面白かったです。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

こんなプロデューサーいるわ!みたいなね。
トムフォードのメガネかけて、セントジェームスのボーダーを1年中着ているような人とか。

―その辺の描写がいちいち細かくて、いい意味で半分ニヤニヤしながら読ませて頂きました。

3.NIGHT/夜時間のはなし
夜の過ごし方について

  • イメージ写真

 ─ここからは、夜の過ごし方について伺います。
 夜、時間があるときはどんなルーティンで過ごしていますか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

この数年、お酒が好きです。

30〜40代はワインを飲むことが多く、その知識を高めるのが楽しかったんですけど。
50代からはウイスキー

友と語らうにはワインの方がいいんだけど、自分に向き合うときはウイスキーがいいんだって今思ってますね。

 ―へぇ~!

 

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

会話と音楽が混じった感じでお酒を飲むのも楽しくて、ソウルバーも大好きです。

でも、一人でソウルミュージックを聴いてっていう時はウイスキーだなぁ……。

今日はもうこれ以上聴きたくない!って時もありますよ。その時は読書をしてますね~。

―そうなんですねぇ。ウイスキーは、香りだけでもグラスを1回置くことができますもんね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

 

松尾さん

そうです、そうです。

最終的に飲みきらないことの方が多いかもしれない。
そういう時の方が、幸せを感じながら眠りについているかもしれません。そう思いませんか?

―そう思います。ウイスキーを飲んでいられるような時間が愛おしいってことなんでしょうね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

この不平等だらけの世界に、時間っていうのはみんなに均等に頂けたものでしょ?

その体感時間をどう変えるかってところが、『ライフ』と『ライフスタイル』の違いだと僕は思うんです。
時間を舐めちゃいけない。

―ウイスキーは舐めても…?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

 

松尾さん

上手いこと言った合戦はそろそろ終わりにしましょうか(笑)。

―(笑)。

4.LIFE/こだわり、欠かせないもの
お気に入りのモノについて

─ライフスタイルの中で、欠かせないものは何ですか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

丸い缶のニベアクリームです。

  • 松尾潔さん私物・ニベアクリーム

▲私物のニベアクリーム(松尾さん撮影)

―あれ、意外!どうしてですか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

 

松尾さん

昔から海外出張が多くて、「現住所は飛行機の中、ホテルの中」って生活が長かったんです。

今でこそ加湿という概念がありますが、僕が行っていたような90年代の大衆的なアメリカのホテルとかだと、乾燥がすごい。

旅は好きなんだけど、肌が乾燥するのが嫌で……いろいろ工夫して、試行錯誤した後、たどり着いたのがニベア!

―なるほど、そこなんですね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ずいぶん遠回りしてしまったんですけどね。

─確かに丸缶は濃厚ですよね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

あれにちょい足しするテクニックっていうのもあって。

あれに化粧水とかを混ぜる。ちなみに、個人的には化粧水もニベアがおすすめです。
……なんかニベアのステマみたいになっちゃってるけど。(笑)

─大丈夫です(笑)。

 

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

自分の好みの濃さになるように、ちょい足しして作っていく。

例えばロンドンでフィッシュアンドチップスを食べる時に、ビネガーに何を加えるかとか。
そういうのと同じで、だんだん自分の適量っていうのが分かってくるんですよね。

―カスタマイズがね!

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ニベアのクリームは青地に白字で、デザインとしてかっこいいと思うんだけど。
季節限定で、可愛らしいパッケージがたまに出るんですよ!

―松尾さん、期間限定みたいなのをついつい買っちゃうタイプですか?

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

軽薄丸出しで申し訳ないんですけど、限定とかリミテッドとかっていう名前に弱い!

ボビー・ウーマック(※)さんに、それでどれだけのCDを掴まされたか…。

※アメリカのシンガーソングライター。2009年にロックの殿堂入りを果たした。

―ボビー・ウーマックさん!確かにね。
 マニアックな人の音楽の買い方って、『今目の前にあるこの盤を買っておかないと、手に入らなくなるんじゃないか』っていう不安もありますものね。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

みうらじゅんさんがおっしゃっていたんですけど、あの方ボブ・ディランの世界中の新盤買ってらっしゃるじゃないですか。

それはもう買ってるんじゃなくて、『俺に買わせてる』っていう。
買ってるんじゃなくて、買わされてるんですよね!

―川勝正幸さんは、そのことをtouch and buyと言っていました。『触ったものは買うものだ』と。

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

いいですね~。

―それでは松尾さん、今日は本当にどうもありがとうございました!小説「永遠の仮眠」おすすめです!

ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん
松尾さん

ありがとうございました!

今週のゲスト:
松尾潔さん

  • ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん

松尾潔さん/1968(昭和43)年、福岡市生まれ。早稲田大学卒業。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。その後、プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、東方神起、三代目J SOUL BROTHERS、JUJU等を成功に導く。これまで提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。日本レコード大賞「大賞」(EXILE「Ti Amo」)など受賞歴多数。

松尾潔さん公式サイト
J-WAVE RADIO DONUTS公式サイト
  • ラジオドーナツゲスト・松尾潔さん