カセットコンロを買おうと思っても、

「安いものだと火力が弱いのかな?」
「アウトドアでも使える軽くて持ち歩きやすいものがいいな…」

など、最初の1台を選ぶにあたって気になることが多いですよね。

そこでこの記事では、

・ユーザー326名へのアンケート調査
・個々の商品に関する編集部の独自調査

をもとに、おすすめのカセットコンロ10選をご紹介します。

あわせてカセットコンロを選ぶポイントも詳しく解説しているので、初めて購入する方でも自分にぴったりの1台が手に入りますよ。

なお、この記事は「カセットコンロの専門知識」に関して料理の専門家に監修協力をして頂いております。※「1.カセットコンロのおすすめ人気ランキング10選」などの商品掲載箇所は除く

テスト01
この記事の監修者
管理栄養士/フードコーディネーター
植草真奈美

現在は、レシピ開発やコラム執筆をはじめ、セミナー講師、実業団への栄養指導のほか、離乳食メディアの監修なども手がける。

保育園で栄養士の実務経験を積んだのち、大手料理教室へ。本社商品開発部でレシピ開発を担当後、ヘルスケア事業部の立ち上げに携わった後、独立。

1. カセットコンロおすすめ人気ランキング10選

この章では、普段から料理をする人326名を対象にアンケートを行い、さまざまな商品から特に人気のカセットコンロ10商品をランキング形式でご紹介します!

アンケートの詳細

【アンケート対象者】普段から料理をする人
【対象人数】326名
【調査期間】2019年11月13日~11月14日

◆ランキング一覧

商品画像
商品名 スモークレス焼肉グリル やきまる 炉ばた焼器 炙りや カセットフー スーパー達人スリム カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ カセットフー 達人スリムII カセットガスホットプレート 焼き上手さんα カセットフー雅 カセットフー 風まるII カセットフー マーベラスII カセットフー 風まる
メーカー イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ
価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 15,000円(税抜) 10,000円(税抜) オープン価格 20,000円(税抜) 8,000円(税抜)
幅×奥行×高さ 303×278×149mm 409×214×134mm 335×275×84mm 303×278×149mm 338×275×84mm 471×325×169mm 350×293×91mm 357×278×115mm(ケースは400×339×129mm) 380×329×110mm 359×278×115mm(ケース400×339×129mm)
重量 約2.0kg 約2.4kg 約1.3kg 約2.4kg 約1.52kg 約4.1kg 約2.0kg 約2.2kg 約2.8kg 約2.2kg
最大発熱量 1.0kW(900kcal/h) 2.3kW(2,000kcal/h) 3.3kW(2,800kcal/h) 1.0kW(900kcal/h) 3.3kW(2,800kcal/h) 2.1kW(1,800kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h)
ガス消費量 約76g/h 約169g/h 約236g/h 約76g/h 不明 約152g/h 約254g/h 約250g/h 約254g/h 約250g/h
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

まず、自炊にぴったり合うカセットコンロの選び方を知りたい方は「2. 失敗しないカセットコンロの選び方」をご覧ください。


※オープン価格の商品に関しては、「amazon」での価格を参考価格として掲載しています。

1位:スモークレス焼肉グリル やきまる(イワタニ)

こんな人におすすめ!

✔︎部屋が広くないので煙の少ないものが良い
✔︎お肉を美味しく焼きたい

「スモークレス」と銘打たれているとおり、稼働中のプレート表面を210~250℃に温度調節して肉の脂が起こす煙の量を抑えます

  • 炎の上でなく水皿に脂を落とすよう設計
  • フッ素加工なので肉がこびりつかない

といった特徴があるので、部屋が煙たくなりづらいです

◆ユーザーの口コミ

煙は出ず、焼肉感は満点
(20代・IT職)

ホットプレートだと中途半端な焦げ加減やたくさん載せたときの蒸したような感じが気になりましたが、こちらなら焦げ目がちょうど良いです。実際に焼いてみても煙は全然出ません。締め切りで試しても火災報知器の反応はありませんでした。脂がふわっと出て消えるような感じで、見たことない焼け具合を楽しめました。

商品詳細

【商品名】スモークレス焼肉グリル やきまる
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:6,690円(税込)
【幅×奥行×高さ】303×278×149mm
【重量】約2.0kg
【最大発熱量】1.0kW(900kcal/h)
【ガス消費量】約76g/h

公式サイトを見る

2位:炉ばた機器 炙りや(イワタニ)

こんな人におすすめ!

✔︎自宅で七輪焼きを楽しみたい
✔︎温度調整を細かくしながら調理の仕上がりにこだわりたい

七輪焼きや串焼きなどを楽しみたいなら、こちらのカセットコンロがおすすめです。

  • 無段階の火力調整で食材ごとに最適な火加減で調理できる
  • 直火を使わず、輻射板で焼くので初心者でも焼きムラなく調理できる

といった特徴に加え、ボンベを燃料に手軽に焼き物を楽しめる新感覚が人気です。

◆ユーザーの口コミ

何を焼いても美味しい便利さ
(40代・医療系)

肉やお魚などを焼いたところ、問題なく仕上がりました。遠赤外線を使っているため、水分が飛ばずにふっくらとした出来栄えになります。市販のウインナーをただ焼いただけでも、ほかのコンロと美味しさが違います。

商品詳細

【商品名】炉ばた焼器 炙りや
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:4,997円(税込)
【幅×奥行×高さ】409×214×134mm
【重量】約2.4kg
【最大発熱量】2.3kW(2,000kcal/h)
【ガス消費量】約169g/h

公式サイトを見る

3位:カセットフー スーパー達人スリム(イワタニ)

こんな人におすすめ!

✔︎アウトドアなど屋外に持ち運びしやすいものが良い
✔︎子供がいる家庭

こちらはコンパクトなサイズと持ち運びやすさが強みのカセットコンロです。

  • 薄型コンロなので軽いだけでなく、上に鍋をのせても高さがおさえられる
  • フッ素コートがしてあるので調理後のふきとりだけでもきれいになる

といった特徴に加え、カセットフーシリーズでも特に薄型で、小さな食卓でも省スペースに役立ちます

◆ユーザーの口コミ

強い火力とスタイリッシュさを両立
(30代・販売員)

おしゃれなカセットコンロですが、見栄えだけでなく、バーナーヘッドや五徳の高さなど絶妙な配置が良く、鍋底まで火力が行き渡りやすいです。サイズが小さくて薄く、スタイリッシュながらも大きな鍋がのるか不安でしたが、直径28cmの鍋でも普通に使えました。着火もスムーズで問題ありません。ガスが余らず使いきれる点も良いです。

商品詳細

【商品名】カセットフー スーパー達人スリム
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:3,800円(税込)
【幅×奥行×高さ】335×275×84mm
【重量】約1.3kg
【最大発熱量】3.3kW(2,800kcal/h)
【ガス消費量】約236g/h 

公式サイトを見る

4位:カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(イワタニ)

こんな人におすすめ!

✔︎ワイワイたこ焼きパーティーがしたい
✔︎お手入れも簡単なたこ焼き器がほしい

「カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ」は、珍しいカセットコンロ型のたこ焼き器です。

  • プレートを取り外して丸洗い可能
  • フッ素加工で焦げ付きにくく、たこ焼き初心者でも作りやすい

といった特徴があるので、従来よりも簡単なセッティングで料理を始められる優れものです

◆ユーザーの口コミ

自宅で簡単に上質なたこ焼きが作れます
(30代・主婦)

温度にムラがないので美味しいたこ焼きが均一にできました!以前使っていたたこ焼き器はプレートがはずれないので衛生面で不安がありましたが、こちらは衛生的にも安心して使えています。

商品詳細

【商品名】炉ばた焼器 炙りや
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:4.997円(税込)
【幅×奥行×高さ】303×278×149mm
【重量】約2.4kg
【最大発熱量】1.0kW(900kcal/h)
【ガス消費量】約76g/h   

公式サイトを見る

5位:vカセットフー 達人スリム2(イワタニ)

こんな人におすすめ!

✔︎小さいこどもがいる家庭
✔︎一人暮らしの人

テーブル面からバーナートップまでわずか74mmという薄型構造が特徴の「カセットフー 達人スリム2」。

  • 炎を外に広がりにくくしてあるので火が横に逃げることなく調理可能
  • 16cmの小さい鍋でも使用可能なコンパクトサイズ

といった特徴があるので、鍋やたこ焼き器のセットも簡単、家族で楽しく料理を囲むことができます。

◆ユーザーの口コミ

手軽サイズで災害時の備えにもできます
(20代・経理)

オール電化の家庭なので、非常用に購入しました。形がスリムで場所を取らず便利です。薄くて軽く、防災バッグにも余裕で入ります。火力も満足がいくので、用途の広さが感じられます。鉄板焼きや焼肉、たこ焼きなどあらゆるプレートと組み合わせられるのも魅力的だと思います。 

商品詳細

【商品名】カセットフー 達人スリムII
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:3,800円(税込)
【幅×奥行×高さ】338×275×84mm
【重量】約1.52kg
【最大発熱量】3.3kW(2,800kcal/h)
【ガス消費量】不明

公式サイトを見る

6位:カセットガスホットプレート 焼き上手さんα(イワタニ)

こんな人におすすめ

✔︎色々な料理で活用したい
✔︎大人数の家族で使用したい

鍋を乗せられるだけでなく、プレートに切り替えて焼肉、ぎょうざ、バーベキューなど多種多様な料理への対応が可能です

  • プレートは大判サイズのフッ素コート仕様
  • 別売りのたこ焼きプレートもあり、とにかく用途が幅広い

といった特徴があるため、大量の焼き物をスムーズに調理可能です。

◆ユーザーの口コミ

鉄板の取り外しが利くのもグッド
(30代・営業)

鉄板を外すとごとくになります。コーティング鉄板として剥げてもそれだけ買い替えられるのが素晴らしいです。

商品詳細

【商品名】カセットガスホットプレート 焼き上手さんα
【メーカー】イワタニ
【価格】15,000円(税抜)
【幅×奥行×高さ】471×325×169mm
【重量】約4.1kg
【最大発熱量】2.1kW(1,800kcal/h)
【ガス消費量】約152g/h 

公式サイトを見る

7位:カセットフー雅(イワタニ)

こんな人におすすめ

✔︎調理時間を短縮したい
✔︎一人暮らしの男性

黒を基調として、薄ゴールドを合わせたツートンカラーのシンプルかつ高級感が漂う見た目が魅力です。

  • 3.5kWの高火力なので手早く美味しく調理可能
  • シンプルなデザインでつまみも大きいので男性でも使い勝手が良い

といった特料があるので、デザインだけでなく実用性も抜群です。

◆ユーザーの口コミ

手軽に使えて家鍋に重宝します
(30代・食品メーカー)

薄型でコンパクトにまとまっています。コンロ上の鍋から料理が取りやすく、中身も見えやすいので気軽におしゃれな鍋パーティーができます。使い勝手とデザインが良いです。軽量なので収納や持ち運びに苦労せず、火力も申し分ありません。

商品詳細

【商品名】カセットフー雅
【メーカー】イワタニ
【価格】10,000円(税抜)
【幅×奥行×高さ】350×293×91mm
【重量】約2.0kg
【最大発熱量】3.5kW(3,000kcal/h)
【ガス消費量】約254g/h

公式サイトを見る

8位:カセットフー 風まる2(イワタニ)

こんな人におすすめ

✔︎アウトドアで使用したい
✔︎鍋料理での使用が多い

アウトドアが好きな人から絶大な人気を誇る「カセットフー 風まる2」。

  • キャリーケース付きで持ち運びの際に傷つける心配がない
  • すでにアウトドア派から定評がある商品のデザインをさらにスタイリッシュにしたモデル

といった特徴に加え、テラスやアウトドア時の風から火を守ってくれる防風ユニットが魅力的です。

◆ユーザーの口コミ

風が強くてもスムーズに調理可能
(30代・外資系)

台風の次の日にアウトドアで使いましたが、商品の宣伝文句通り風が強くてもスムーズに調理できました。収納ケースも伴っているので持ち運びしやすく、重宝しています。

商品詳細

【商品名】カセットフー 風まるII
【メーカー】イワタニ
【価格】オープン価格 / 参考価格:5,737円(税込)
【幅×奥行×高さ】357×278×115mm(ケースは400×339×129mm)
【重量】約2.2kg
【最大発熱量】3.5kW(3,000kcal/h)
【ガス消費量】約250g/h

公式サイトを見る  

9位:カセットフー マーベラスⅡ(イワタニ)

こんな人におすすめ

✔︎アウトドアで使用したい
✔︎調理の際の汚れが気になる

風防リングとトップカバーによるダブル風防構造で風から火を守ってくれる「カセットフー マーベラスⅡ」

  • ケースはないものの本体に取っ手がついていて持ち運びしやすい設計
  • CB缶仕様なのでコンビニやスーパーで手軽にボンベを購入できる

といった特徴に加え、油はねにも強いのが魅力です。

◆ユーザーの口コミ

風防対策バッチリで火力も安定の高性能
(30代・保険会社勤務)

キャンプデビューをきっかけに購入しましたが、かっこいい見た目で気に入っています。強い火力でありながら風防設計が素晴らしく、アウトドアでも安心して使いやすいです。CB缶を温めるヒーター機能のおかげで冬場に使っても火力が保てるのが嬉しいです。

商品詳細

【商品名】カセットフー マーベラスII
【メーカー】イワタニ
【価格】20,000円(税抜)
【幅×奥行×高さ】380×329×110mm
【重量】約2.8kg
【最大発熱量】3.5kW(3,000kcal/h)
【ガス消費量】約254g/h

公式サイトを見る

10位:カセットフー 風まる(イワタニ)

こんな人におすすめ

✔︎風が強い場所で使用したい
✔︎キャリーケースがついていて持ち運びやすい

二重の風防構造で風をさえぎるので、バーナーの火が消えたり傾いたりする心配がありません。

  • 風が強い場所でも高火力を保って調理ができる
  • 安定性のある設計で安全に使用できる

といった特徴に加え、燃焼に最低限必要な空気確保も行います。

◆ユーザーの口コミ

外でも使えて収納しやすく便利です
(40代・専門職)

取っ手がついたプラスチックケースがあるので持ち運びや収納に困らず利便性は高いです。風防設計なのでキャンプやバーベキューにも大いに役立ち、効率的に温められる設計が良いですね。

商品詳細

【商品名】カセットフー 風まる
【メーカー】イワタニ
【価格】8,000円(税抜)
【幅×奥行×高さ】359×278×115mm(ケース400×339×129mm)
【重量】約2.2kg
【最大発熱量】3.5kW(3,000kcal/h)
【ガス消費量】約250g/h

公式サイトを見る

2. 失敗しないカセットコンロの選び方

この章では、専門家から聞いたセットコンロの選び方を3つご紹介します。

カセットコンロの選び方のポイント
①火力が2.9kW以上のものを選ぶ
②ガスの消費量が少ないものを選ぶ
③安全性を保つための機能があるものを選ぶ

また、上記の点を踏まえた専門家のおすすめカセットコンロもご紹介します。

専門家からのコメント

私がおすすめするのは「カセットフー スーパー達人スリム」です!

無段階火力調節で弱火キープが可能であり、ガス消費量も一般のカセットコンロより少なめです。

ボンベ収納部分がわかりやすいので着脱もしやすく、フッ素加工とシンプルなデザインでお手入れも簡単です

それでは、それぞれの選び方の詳細を見ていきましょう。

①火力が2.9kW以上のものを選ぶ

カセットコンロを選ぶ際は、最大発熱量が「2.9kW(キロワット)以上」のものを選びましょう

「2.9kW以下」になると火力が弱く、調理に時間ががる上、強火での調理ができないので、美味しく調理できなくなってしまいます

「2.9kW以上」あれば問題ありませんが、最大発熱量が高ければ高いほど調理の幅が広がるので、「2.9kW」を目安に、なるべく最大発熱量が高いものを選ぶのがおすすめです

専門家からのアドバイス

カセットコンロ選びでは火力の強さと一緒に、火力調整野しやすさも重視しましょう。つまみもなるべく大きめでまわしやすいものがおすすめです。

②ガスの消費量が少ないものを選ぶ

ガスの消費量もカセットコンロ選びでは重要なポイントです。

なぜなら、セットするボンベが同じであってもカセットコンロにより使用可能な時間が違うからです。

そのため、カセットコンロを購入する際は、なるべくガスの消費量が少ないものを選びましょう。

ガス消費量が少なければ、料理の最中にガスが切れてしまうリスクや光熱費節約に役立ちます。

専門家からのコメント

特にバーベキューなど屋外で使用する際は、ボンベのガスが切れても近くに購入する場所がない場合が多いです。

ボンベの持ち歩きのことも考慮して、ガスの消費量が少ないものを選びましょう。

③安全性を保つための機能があるものを選ぶ

ガスコンロを使用する際は、以下の安全性を担保してくれる機能があるものを選びましょう

安全性を担保してくれる機能

・マグネット式着脱機能
...着脱が簡単で正しくセットしやすい

・安全装置(セーフティ機能)
...火力調節のつまみがOFFになっていないとボンベがセットできない

上記の機能が搭載されることで、ガス漏れを防ぎ暴発や火事などの事故を防いでくれます

専門家からのアドバイス

安全装置の他に、

・ワンタッチで取り外して丸洗いできるもの
・フッ素加工されているもの


も、お手入れを簡単にしてくれるので、合わせてチェックしましょう。

3. カセットコンロのよくあるQ&A

この章ではカセットコンロに関する2つの疑問についてお答えします。

Q1. カセットコンロのメリットとデメリットは?
Q2. カセットコンロの使い方の注意点は?

どちらも参考になる情報なので、気になる質問から確認してくださいね。

Q1. カセットコンロのメリットとデメリットは?

専門家の回答

防災用など幅広い用途がメリットですが、キッチンより火力が弱いものが多いことがデメリットです。

カセットコンロはコード要らずなので、食卓での家族団らんだけでなく、キャンプや停電時にも使えるのがメリットです。

デメリットしては、キッチンより火力が弱いものも多く、調理に時間がかかったり、勝手に火が消えてしまうことです。

Q2. カセットコンロを使う際の意点は?

専門家の回答

使わない時は必ずガスボンベを外しておきましょう。

ボンベをコンロ内に放置していると、保管中にガス漏れなどが起き、火災に至る危険性があります。

ボンベをつけっぱなしにしてしまう方も多いですが、使わない時は必ずボンベを外しておきましょう

5. まとめ

いかがでしたか。

あらためてカセットコンロを選ぶ際のポイントをおさらいします。

失敗しないカセットコンロの選び方
①火力が2.9kW以上のものを選ぶ
②ガスの消費量が少ないものを選ぶ
③安全性を保つための機能があるものを選ぶ

上記を踏まえながら、価格やデザインなど自分の好みに合った1台を手に入れてくださいね。

もう一度、編集部おすすめのカセットコンロを見たい方は「1. カセットコンロのおすすめ人気ランキング10選」をご覧ください。

◆人気商品のおさらい

商品画像
商品名 スモークレス焼肉グリル やきまる 炉ばた焼器 炙りや カセットフー スーパー達人スリム カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ カセットフー 達人スリムII カセットガスホットプレート 焼き上手さんα カセットフー雅 カセットフー 風まるII カセットフー マーベラスII カセットフー 風まる
メーカー イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ イワタニ
価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 15,000円(税抜) 10,000円(税抜) オープン価格 20,000円(税抜) 8,000円(税抜)
幅×奥行×高さ 303×278×149mm 409×214×134mm 335×275×84mm 303×278×149mm 338×275×84mm 471×325×169mm 350×293×91mm 357×278×115mm(ケースは400×339×129mm) 380×329×110mm 359×278×115mm(ケース400×339×129mm)
重量 約2.0kg 約2.4kg 約1.3kg 約2.4kg 約1.52kg 約4.1kg 約2.0kg 約2.2kg 約2.8kg 約2.2kg
最大発熱量 1.0kW(900kcal/h) 2.3kW(2,000kcal/h) 3.3kW(2,800kcal/h) 1.0kW(900kcal/h) 3.3kW(2,800kcal/h) 2.1kW(1,800kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h)
ガス消費量 約76g/h 約169g/h 約236g/h 約76g/h 不明 約152g/h 約254g/h 約250g/h 約254g/h 約250g/h
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る