いざブレンダーを買おうと思っても、

「安いものだと、使い勝手が悪いのかな?」
「使いやすくて、スペースをとらないものはどれかな?」

など、最初の1台を選ぶにあたって気になることが多いですよね。

そこでこの記事では、

  • 普段料理をする方339名へのアンケート調査
  • 個々の商品に関する編集部の独自調査

をもとに、おすすめのブレンダー10選をご紹介します。

あわせて自分に合ったブレンダーを選ぶポイントも詳しく解説しているので、初めて購入する方でも自分にぴったりの1台が手に入りますよ

なおこの記事は「ブレンダーの専門知識」に関して料理の専門家に監修協力をして頂いております。※「1.ブレンダーのおすすめ人気ランキング10選」などの商品掲載箇所は除く

ご協力いただいた監修者
管理栄養士・フードスペシャリスト
大人ごはん+5分で出来る離乳食&幼児食作りアドバイザー
前田 由加

大人ごはん+5分で出来る離乳食&幼児食作りアドバイザー

食品メーカーに勤務後、企業での栄養相談、料理教室アシスタント等を経てフリーランスに。お子様連れOK!の離乳食&幼児食を中心に親子向け料理教室Kitchen QPを開催する他、レシピ開発、執筆、栄養相談などを行う。

1.ブレンダーのおすすめ人気ランキング10選

この章では、普段料理をする男女339名にアンケートを取り、数ある商品の中からもっとも人気のあるブレンダー10商品をランキング形式でご紹介します!

アンケートの詳細

【アンケート対象者】普段料理をする人
【対象人数】339名
【調査日】2019年11月13日

◆ランキング一覧

商品画像
商品名 インフィニーフォース ルビーレッド HB863GJP ブラウン マルチクイック5 ヴァリオcMQ5075 ハンドブレンダー MX-S301 ハンドブレンダー VHB-1 マルチハンドブレンダー HB-500BKJ ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ500 ハンドスティックブレンダー Pure Natura THM311 マルチクイック9 MQ9075X ハンドブレンダー HM804IV ハンディ・フードプロセッサー  bamix M300 コンプリート
メーカー ティファール ブラウン パナソニック ビタントニオ クイジナート ブラウン テスコム ブラウン ドリテック チェリーテラス
価格 12,550円(税込) 10,080円(税込) 10,815円(税込) 5,921円(税込) 11,000円(税込) 3,819円(税込) 2,083円(税込) 22,000円(税込) 4,180円(税込) 38,000円(税込)
サイズ 幅85×奥行85×高さ400mm 幅70×奥行70×高さ405mm ブレンダー使用時:幅65×奥行74×高さ423mm、チョッパー使用時:幅139×奥行139×高さ419mm、泡立て器使用時:幅64×奥行73×高さ467mm ブレンダー使用時:幅54×奥行68×高さ400mm、収納スタンド使用時:幅19×奥行250×高さ254mm ブレンダー幅57×奥57×高360mm、チョッパー幅130×奥130×高320mm、ビーター幅73×奥60×高380mm 幅69×高さ381mm 幅52×奥行60×高さ336mm ブレンダー:幅70×奥行70×高さ410mm、泡立て器:幅65×奥行70×高さ450mm、フードプロセッサー:幅230×奥行175×高さ420mm 幅590×奥行590×高さ346mm 幅158×奥行き204×高さ343mm
重量 740g 810g ブレンダー使用時:約 780g、チョッパー使用時:約1,010g、泡立て器使用時:約 740g 約800g   718g 550g ブレンダー1,000g、泡立て器810g、フードプロセッサー 1,475g 約600g 975g
コード長 1.65m 1.2m 1.3m 約1.5m 約1.2m 1.2m 1.7m 1.2m 1.5m 1.7m
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

先に、ブレンダーの選び方と専門家おすすめのブレンダーが知りたい方は「2. 自分に合ったブレンダーの選び方」をご覧ください。

それでは、実際の10商品の特徴と人気の理由を見てみましょう。

1位:インフィニーフォース ルビーレッド HB863GJP(ティファール)

こんな人におすすめ!

✔︎いろいろな料理に使いたい
✔︎グラスや鍋、ボウルの中に直接入れて作業をしたい

「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」で、料理の下ごしらえやお菓子作りなどに便利な一台です。

  • 食材を巻き込みながら効率よくカットできる
  • コンパクト設計なので場所をとらない

という特徴があり、すっきり収納できて後片付けも簡単なブレンダーです。

◆ユーザーの口コミ

ティファールのテクノロジーは思い通りの仕上がりで、料理がもっと楽しくなる
(30代後半・主婦)

とにかくすりつぶすのが早くて、事前に野菜の皮など取っていれば、すりつぶすだけで裏ごししなくても滑らかです。5cmからつぶせるので、食べる前に食べる分だけすりつぶせるから便利です。アタッチメントが外しやすく、洗いやすいので衛生的です。コードの長さは1.6mあるので、シンクの電源からテーブルまで届くのはいいのですが、コードレスならもっといいのにと思いました。

商品詳細

【商品名】インフィニーフォース ルビーレッド HB863GJP
【メーカー】ティファール
【価格】12,550円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】幅85×奥行85×高さ400mm
【重量】740g
【コード長】1.65m
【付属品】レシピブック
【カッター】ステンレス/チタンコート
【食洗機対応】使用可(アタッチメント、一部除く)
【安全機能】4枚刃アクティブフローテクノロジー搭載

2位:ハンドブレンダー ブラウン マルチクイック5 ヴァリオ MQ5075(ブラウン)

こんな人におすすめ!

✔︎簡単操作でスピードをコントロールしたい
✔︎多機能なものがほしい

スピードは21段階で選べるので、細かくスピードが調節できる「ハンドブレンダー ブラウン マルチクイック5 ヴァリオ MQ5075」

  • スムージーやスープも手早くできて、泡立て器としても使用可能
  • せん切りやスライサーも簡単にできる

という特徴があり、料理の短縮ができる魅力的なブレンダーです。

◆ユーザーの口コミ

片手で操作できる21段階スピード調節機能
(30代前半・会社員)

熱いものでもそのまま使用できて、器具を消毒する必要もなく、安心して使えます。野菜スープやスムージーをとても手軽に日常的に作れています。ハンバーグ作りで、面倒なたまねぎのみじん切りはフードプロセッサーがとても活躍しています。難点は、プロセッサーがこんなに大きくなくてもよいと思います。泡立て器は泡立ても手早くスムーズにできました。

商品詳細

【商品名】ブラウン マルチクイック5 ヴァリオcMQ5075
【メーカー】ブラウン
【価格】10,080円(税込)
買える場所公式サイト
サイズ】幅70×奥行70×高さ405mm
【重量】810g
【コード長】1.2m
【付属品】記載なし
【カッター】ステンレス
【食洗機対応】使用可(本体モーター、接続部とふた以外)
【安全機能】記載なし

3位:ハンドブレンダー MX-S301(パナソニック)

こんな人におすすめ!

✔︎「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立て」の1台4役がほしい
✔︎安全装置がついていて安心できるハンドブレンダーがほしい

食材をまんべんなく循環させながら細かく切り、なめらかな食感に仕上げる新4枚刃ブレンダーカッターが搭載された「ハンドブレンダー MX-S301」

  • スムージーや野菜のみじん切りなど用途に合わせた使い方が可能
  • 熱後の鍋やボウルの中でも直接調理が可能

といった特徴があり、時短調理が叶うだけでなくチャイルドロックでスイッチをロックできるので安全に使用できます

◆ユーザーの口コミ

下ごしらえから仕上げまで1台4役で大活躍
(50代後半・主婦)

誤動作を防ぐため、スイッチを2つ同時に押すようになっていて、間違って動かしてしまう心配がないので安心です。親の介護食、孫の離乳食、スムージー、ポタージュ、玉葱やキャベツをみじん切りと大活躍で家族みんなで愛用しています。ハンバーグや肉団子は下ごしらえが面倒で人数も多いので敬遠していましたが、みじん切りも混ぜることもブレンダーがあれば簡単で、調理の時短ができるので助かっています。

商品詳細

【商品名】 ハンドブレンダー MX-S301 
【メーカー】パナソニック
【価格】10,815円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】ブレンダー使用時:幅65×奥行74×高さ423mm、チョッパー使用時:幅139×奥行139×高さ419mm、泡立て器使用時:幅64×奥行73×高さ467mm
【重量】ブレンダー使用時:約 780g、チョッパー使用時:約1,010g、泡立て器使用時:約 740g
【コード長】1.3m
【付属品】カッターホルダー、 専用カップ、 へら付きブラシ
【カッター】ステンレス
【食洗機対応】専用カップ、チョッパーは使用可(本体、ブレンダー、接続ユニットは使用「不可)
【安全機能】チャイルドロック、2アクションスイッチ、ダブルモーター保護

4位:ハンドブレンダー VHB-1(ビタントニオ)

こんな人におすすめ!

✔︎すっきり収納したい
✔︎スープやスムージー、ペーストづくりを容器やお鍋の中で作りたい

自分で選んだ食材で栄養たっぷりのを離乳食を手早く簡単に作れるのが「ハンドブレンダー VHB-1」

  • 1人分のスムージーづくりにも便利
  • 手間のかかるみじん切りも、あっという間にできる

という特徴があり、ホイップクリームやメレンゲの泡立てにも便利で1台で何役もこなし幅も20cmでスリム収納ができます。

◆ユーザーの口コミ

1台4役で調理をサポート
(30代前半・主婦)

離乳食の量が増えてきて、作る時間がかかるので購入しました。コンパクトにまとめて収納できるのがよいです。裏ごしやすり鉢ではできなかったお粥が作れて、子供が吐き出さずに食べるようになりました。専用収納ホルダーで、部品を1箇所に収納できて、場所もとらないので大変満足しています。少し重い気がするので、使う時間が長いと手が疲れます。

商品詳細

【商品名】ハンドブレンダー VHB-1
【メーカー】ビタントニオ
【価格】5,921円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】ブレンダー使用時:幅54×奥行68×高さ400mm、収納スタンド使用時:幅19×奥行250×高さ254mm
【重量】約800g
【コード長】約1.5m
【付属品】ブレンダー、ウィスク、チョッパー(フタ付き)、カップ(フタ付き)、収納スタンド
【カッター】記載なし
【食洗機対応】使用不可
【安全機能】記載なし

5位:マルチハンドブレンダー HB-500BKJ(クイジナート)

こんな人におすすめ!

✔︎回転数が速い、スピード調理のハンドブレンダーがほしい
✔︎軽量でスリムなデザインがほしい

約250gの軽量で女性の手でも持ちやすい「マルチハンドブレンダー HB-500BKJ」。

  • 「つぶす」「混ぜる」が素早く調理できる
  • 生クリームの泡立てにも30秒しかかからない

という特徴があり、食事もスイーツも素早く調理できるようになります。

軽量でスピーディーなので毎日使いやすい
(40代前半・会社員)

料理雑誌で料理研究家の方達が、クイジナートの調理器具を使用しているのを目にして、使い勝手がいいのだろうと思って購入しました。軽くてシンプルなデザインが気に入りましたが、なんといってもスピード回転が速くて下ごしらえの時短ができてとても満足です。ただし、冷凍果物は、固すぎてだめでした。生姜は、少しみじん切りが残ったようで、固いものはフードプロセッサーのほうがよいです。

商品詳細

【商品名】マルチハンドブレンダー HB-500BKJ 
【メーカー】クイジナート
【価格】11,000円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】ブレンダー幅57×奥57×高360mm、チョッパー幅130×奥130×高320mm、ビーター幅73×奥60×高380mm
【重量】ブレンダー約500g、チョッパー約800g、ビーター約600g
【コード長】約1.2m
【付属品】記載なし
【カッター】ステンレス
【食洗機対応】使用不可
【安全機能】記載なし

6位:ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ500( ブラウン)

こんな人におすすめ!

✔︎「つぶす」「混ぜる」を手軽にしたい
✔︎ 握りやすいグリップのものがほしい

「つぶす」「混ぜる」が手軽にでき、料理の幅を大きく広げてくれる「ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ500」

  • 初めてハンドブレンダーを使う人でも簡単に使える操作性
  • 料理に応じて通常スピードとターボスピードの使い分けも可能

という特徴があり、スムージーやスープ、離乳食などに手軽に使えて、グリップも扱いやすい設計に工夫されています

◆ユーザーの口コミ

より軽く。よりハンディに。よりシンプルに。
(30代前半・会社員)

使用後は、水で流してスポンジで撫でれば汚れはすぐ落ち、カッターのつまりもありません。離乳食や介護食がペースト状に素早くできるので、便利です。老犬が固形物を食べられなくなり、野菜や鶏肉を蒸して、ペースト状にすると食べてくれてます。人間用にスムージーやポタージュスープなど、簡単にできて重宝していますが、コードが短かいのが難点なので、充電式のコードレスならなおよいです。

商品詳細

【商品名】ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ500
【メーカー】 ブラウン
【価格】3,819円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】幅69×高さ381mm
【重量】718g
【コード長】1.2m
【付属品】専用計量カップ
【カッター】ステンレス
【食洗機対応】記載なし
【安全機能】記載なし

7位:ハンドスティックブレンダー Pure Natura THM311(テスコム)

こんな人におすすめ!

✔︎リーズナブルで熱に強い、金属製ブレンダーがほしい
✔︎専用のカップはそのまま冷蔵庫へ保存できるものがほしい

テスコムの「ハンドスティックブレンダー Pure Natura THM311」は臭いうつりが気にならない便利なハンドブレンダーです。

  • 熱湯消毒可能、臭いや色移りなく清潔に使用できる
  • スープや離乳食づくりも手早くできて、鍋や容器に直接入れられる

といった特徴があり、使いやすい専用ブレンドカップは目盛りがあるので効率良くブレンドでき、そのまま冷蔵庫で保存可能です。

◆ユーザーの口コミ

1台2役で離乳食づくりもすばやくカンタン
(20代後半・会社員)

一人暮らしで栄養が偏るので、毎日スムージーを飲みたくて買いました。スタンドミキサーにするか迷いましたが、こちらにして良かったです。収納も取らないし、洗い物が楽です。いつもキッチン収納の手前に置いてます。冷凍のブルーベリー、マンゴーなどは大量に入れると固くてなかなかミキサーが回らないので、冷凍庫から出して少し時間を置いてから作っています。値段がリーズナブルなのがよいです。

商品詳細

【商品名】ハンドスティックブレンダー Pure Natura THM311
【メーカー】テスコム
【価格】2,083円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】幅52×奥行60×高さ336mm
【重量】550g
【コード長】1.7m
【付属品】記載なし
【カッター】金属製
【食洗機対応】使用不可
【安全機能】記載なし

8位:マルチクイック9 MQ9075X(ブラウン)

こんな人におすすめ!

✔︎キッチンや衣服を飛び散りで汚したくない
✔︎みじん切り、せん切りやスライスできるものがほしい

ブレンダー、フードプロセッサー、こねベラ、泡立て器の機能を搭載した「マルチクイック9 MQ9075X」

・固い食材もあっという間に撹拌
・「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「きざむ」「スライス」「せん切り」「こねる」の幅広い使い方が可能

という特徴があり、料理に慣れていない人でも簡単に素早く調理ができるようになります

アボカドの種やコーヒー豆の硬い食材も、まるごとかくかんできる
(40代前半・主婦)

手でこねるとすごく大変なパン生地やパスタは、付属のこねベラを使えばあっという間に完成します。苦手なたまねぎのみじん切りも素早くできるので重宝しています。家族の人数が多くて、時間のないワーキングマザーには料理の下ごしらえが早くできるので助かっています。4種類の調理器は場所を取るので困りますが機能的には満足です。

商品詳細

【商品名】マルチクイック9 MQ9075X
【メーカー】ブラウン
【価格】22,000円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】ブレンダー:幅70×奥行70×高さ410mm、泡立て器:幅65×奥行70×高さ450mm、フードプロセッサー:幅230×奥行175×高さ420mm
【重量】ブレンダー1,000g、泡立て器810g、フードプロセッサー 1,475g
【コード長】1.2m
【付属品】専用計量カップ、専用スパチュラ
【カッター】記載なし
【食洗機対応】可(本体、泡立て器接続部、ふた、専用スパチュラは使用不可)
【安全機能】記載なし

9位:ハンドブレンダー HM804IV(ドリテック)

こんな人におすすめ!

✔︎ハンドブレンダーをはじめて使う
✔︎扱いやすいものがほしい

扱いやすいスティック型で、2つのスピードで多彩な調理に活用できるのが「ハンドブレンダー HM804IV」

  • ボールなどの容器をキズつけにくいプラスチック製ガード
  • 収納しやすいスリムな設計

という特徴があり、攪拌中に容器やボウルにあたってしまってもキズがつきにくいので、プラスチックボウルなどを使用している人にもおすすめです。

力いらずで女性でも扱いやすいスティック型
(20代後半・主婦)

ブレンダーは、りんごの様な固いものだと塊がブレンダーの中で最後まで残ってしまいますが、離乳食のお粥や茹でた野菜は、ペースト状になってとても便利です。洗うときに刃が怖いなと感じる事はありますが、ほかのメーカーのものでも一緒かなという感じなので買ってよかったと思います。

商品詳細

【商品名】 ハンドブレンダー HM804IV
【メーカー】ドリテック
【価格】4,180円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】幅590×奥行590×高さ346mm
【重量】約600g
【コード長】1.5m
【付属品】記載なし
【カッター】ABS樹脂、ステンレス
【食洗機対応】使用不可
【安全機能】記載なし

10位:ハンディ・フードプロセッサー bamix M300 コンプリート(チェリーテラス )

こんな人におすすめ!

✔︎いろいろなジャンルの料理を作りたい
✔︎ブレンダーもフードプロセッサーも両方使いたい

家族の人数の多い人や一度に作る量の多い人から人気の「ハンディ・フードプロセッサー bamix M300 コンプリート」

  • 挽肉や魚介のすり身もあっという間にできる
  • ブレンダーとフードプロセッサー両方の機能を兼ねている

といった特徴があり、お菓子作りが好きな人にもおすすめの万能な商品です。

毎日手軽に使えるハンディ・フードプロセッサー
(30代後半・主婦) 

もっと早くに購入すれば良かったというのが正直な所です。コンパクトなボディなのに、パワフルなモーターで、初めて手にした時は、重さに一瞬びっくりしましたが、持っている時間は長くはないので、すぐに慣れました。週末の作り置きで、料理にかける時間が減り、その分手間のかかる料理も作れるようになりました。ミキサーするときに少量の場合は、時間がかかってしまうので別売りのミキシング用のカップを買っておいたほうがよいです。

このテキストを編集する

【商品名】ハンディ・フードプロセッサー  bamix(バーミックス) M300 コンプリート
【メーカー】チェリーテラス 
【価格】38,000円(税込)
買える場所公式サイト
【サイズ】幅158×奥行き204×高さ343mm
【重量】975g
【コード長】1.7m
【付属品】記載なし
【カッター】記載なし
【食洗機対応】使用不可
【安全機能】記載なし

2. 自分に合ったブレンダーの選び方

この章では料理の専門家に取材をし、自分に合ったブレンダーを選ぶ際の2つのポイントについてまとめました。

ブレンダーを選ぶ3つのポイント

①どんな料理を作りたいかによって機能を選ぶ
②スピードが細かく調整できるものを選ぶ

また、上記基準から専門家おすすめの商品も教えて頂きました。

専門家からのコメント

私がおすすめするのは、 「MQ9075X(ブラウン)」です。

こちらは機能数が多く、様々な料理に対応出来ます。

スピード調整も可能でパワーもあるので、いろいろな形状のものを短時間で仕上げることができて重宝しますよ。

それでは、それぞれの選び方の詳細を見ていきましょう。

①どんな料理を作りたいかによって機能を選ぶ

どのような料理に活用したいかによって選び方が変わります。

スムージーやスープ、離乳食、介護食などのペースト状の食事は「潰す」「混ぜる」の2つの基本機能が備わっているブレンダーを選べば充分対応することができます。

また、野菜のみじん切りや千切り、ミンチ肉や生地をこねる、お菓子作りの泡立てるなど、幅広く使う場合はアタッチメントの種類が多いものを選びましょう。

専門家のアドバイス

スムージーを作る人は氷を砕くためパワーが大きいものを選んでください。

②スピードが細かく調整できるものを選ぶ

スピード調節がしやすい商品では、食材の大きさや食感を調整しやすく、料理に合わせた撹拌が可能になります。

スピード調節はスイッチで切り替えるもの、ボタンの握り具合で変えられるものがあり、握り具合で調節できるほうが細かな調節ができて便利です。

専門家からのアドバイス

誤作動してしまうと、怪我の危険性もあるため、安全機能が備わっているかも確認しましょう

お子様いる家庭なら、チャイルドロックがかかるかなどをポイントに選びましょう。

3. ブレンダーのよくあるQ&A

この章ではブレンダーに関する良くある2つの疑問について専門家がお答えします。

どちらも参考になる情報なので、気になる質問から確認してくださいね。

Q1: 離乳食作りにおすすめのブレンダーはどんなものが良い?

専門家の回答

離乳食作りに活躍するブレンダーは、少量を作るのに適したハンドタイプがおすすめです。

機能は「潰す」「混ぜる」がついていることがポイントです。

ブレンダーの回転スピードの調節が効くものを選ぶこともポイントです。

離乳食は月齢に応じて、形状が変化していきます。

その際に、回転速度の調節が出来ると、仕上がりの形態の変化にも対応しやすくなります。

Q2: ブレンダーの取り扱いや調理の際の注意点は?

専門家の回答

ブレンダーを使用する際には、刃の部分に気をつけて、怪我をしないように気をつけましょう。

メーカーの取り扱い説明書に従って、正しく使いましょう。

調理時、加熱中の鍋で操作することは故障の原因になりますので、鍋の中で使用する際は、必ず火からおろしてから使ってください。

洗う際にはスポンジは使用せず、専用容器に洗剤と水を入れて、ブレンダーを回して洗いましょう。

使用後はきちんと洗うこと、そしてしっかり乾かすこと。衛生的に使い続けるためにはこの2点が重要です。

4. まとめ

この記事では、ユーザー339名にアンケートを取り「人気のおすすめブレンダー10選をご紹介しました。

また、専門家に取材した自分にぴったりのブレンダーの選び方も合わせてご紹介しています。

自分にぴったりなブレンダーを選ぶ時のポイントを改めておさらいしておきましょう。

ブレンダーを選ぶ3つのポイント

①どんな料理を作りたいかによって機能を選ぶ
②スピードが細かく調整できるものが良い
③安全機能がついているものが良い

自分に合ったブレンダーは、料理の効率を上げるだけでなく、料理することそのものを楽しくしてくれます

上記の選び方をしっかりおさえて、自分にぴったりの1台を見つけてくださいね

◆人気商品のおさらい

商品画像  
商品名 インフィニーフォース ルビーレッド HB863GJP ブラウン マルチクイック5 ヴァリオcMQ5075 ハンドブレンダー MX-S301 ハンドブレンダー VHB-1 マルチハンドブレンダー HB-500BKJ ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ500 ハンドスティックブレンダー Pure Natura THM311 マルチクイック9 MQ9075X ハンドブレンダー HM804IV ハンディ・フードプロセッサー  bamix(バーミックス) M300 コンプリート
メーカー ティファール ブラウン パナソニック ビタントニオ クイジナート ブラウン テスコム ブラウン ドリテック チェリーテラス
価格 12,550円(税込) 10,080円(税込) 10,815円(税込) 5,921円(税込) 11,000円(税込) 3,819円(税込) 2,083円(税込) 22,000円(税込) 4,180円(税込) 38,000円(税込)
サイズ 幅85×奥行85×高さ400mm 幅70×奥行70×高さ405mm ブレンダー使用時:幅65×奥行74×高さ423mm、チョッパー使用時:幅139×奥行139×高さ419mm、泡立て器使用時:幅64×奥行73×高さ467mm ブレンダー使用時:幅54×奥行68×高さ400mm、収納スタンド使用時:幅19×奥行250×高さ254mm ブレンダー幅57×奥57×高360mm、チョッパー幅130×奥130×高320mm、ビーター幅73×奥60×高380mm 幅69×高さ381mm 幅52×奥行60×高さ336mm ブレンダー:幅70×奥行70×高さ410mm、泡立て器:幅65×奥行70×高さ450mm、フードプロセッサー:幅230×奥行175×高さ420mm 幅590×奥行590×高さ346mm 幅158×奥行き204×高さ343mm
重量 740g 810g ブレンダー使用時:約 780g、チョッパー使用時:約1,010g、泡立て器使用時:約 740g 約800g   718g 550g ブレンダー1,000g、泡立て器810g、フードプロセッサー 1,475g 約600g 975g
コード長 1.65m 1.2m 1.3m 約1.5m 約1.2m 1.2m 1.7m 1.2m 1.5m 1.7m
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る